尋常とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 尋常の意味・解説 

じん じょう -じやう [0] 【尋常】

( 名 ・形動[文] ナリ
〔「尋」は八尺,「常」はその二倍の意で,わずかな長さ広さを表す〕
特に変わった点のない・こと(さま)。あたりまえ。並み。普通。 「 -の手段ではうまくいくまい」
特に悪い点がなく,普通な・こと(さま)。 「 -な顔立ち
振る舞いなどが見事なこと。見苦しくないこと。また,そのさま。殊勝。 「いざ-に勝負しろ」 「 -に白状しろ」
人柄が素直で品のよい・こと(さま)。 「まことに-なる女房装束もやさしき体なる/沙石 7
かなり立派なこと。かなりな程度のこと。また,そのさま。 「よき馬に-の鞍置きて/今昔 29
( 名 )
尋常小学校」の略。 「 -三年





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尋常」の関連用語

尋常のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

芦田川

キー・シート

松本 篤二

クレマ

くさかりき

5000系

阿波踊り

木材チップ船





尋常のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS