東映アニメーションとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 練馬区の企業 > 東映アニメーションの意味・解説 

東映アニメーション株式会社

アニメーションを製作し、その映像各種メディア販売、また同時にその著作権をもとに、版権事業関連事業を営んでいます。
海外でも同様のビジネスを展開しています。

事業区分 インターネットサービス コンテンツ・ゲーム制作配信
代表者 高橋浩
本社所在地 178-8567
東京都 練馬区 東大泉二丁目10番5号
企業URL http://japan.zdnet.com/company/20171019/
上場区分 非上場


※「ZDNet Japan 企業情報に関するお問い合わせこちら

東映アニメーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/01 15:28 UTC 版)

東映アニメーション株式会社(とうえいアニメーション、: TOEI ANIMATION CO., LTD.)は、日本アニメ制作会社




  1. ^ 現在は全面建替中。写真は建替前の建物。
  2. ^ 後の教育映画部次長、赤川次郎の父。
  3. ^ 一般の方たちのアニメーションへの知識や関心が高まったのは、1978年に『アニメージュ』などのアニメ雑誌が創刊されて以降の話で、それまではアニメーターや演出家などのスタッフ名まで知ってる人はほとんどいなかった(『大塚康生インタビュー』15頁)。
  4. ^ 1999年よりTOEI ANIMATION PHILS. INC. 略称:TAP、Toei Phils.
  5. ^ 略称: PRO2NET、プロツーネット
  6. ^ 当時はイラストなどに音楽やナレーションなどを加えて、画の持つ魅力やメッセージ性を強調していく表現手法として、また少人数、低予算で製作でき、作者のカラーを出しやすくなることも特徴」と説明された。(なお、同レーベルは数年後にほぼ終息した)
  7. ^ ただしまれに社内でない演出家がシリーズディレクターになった場合などは音響監督を置く。代表的な例は『バビル2世』、『北斗の拳』、『Dr.スランプ アラレちゃん』など。また、国際映画社制作の作品や『ドラゴンボール』シリーズなど、自社の演出家がシリーズディレクターになっても稀に音響監督を置くことがある。
  8. ^ クレジット上は東映東京撮影所
  9. ^ テレビ朝日がシンエイ動画(元々東京ムービーの協力企業だったAプロダクションが発祥で、当時は東京ムービーを通じて在阪局の朝日放送毎日放送読売テレビと親密な関係だった)とも提携・資本関係を強化したことや、アニメ枠が減少したことも影響した。
  10. ^ その間テレビ朝日系では、東映アニメーションとは直接の資本関係を有しない(東映本社とは2000年代以降資本関係を有している)在阪準キー局朝日放送との作品で全国同時ネット放送を維持していた。上述の経緯から、放送枠上では1970~1980年代初期と2000年代で在京局(EX)・在阪局(ABC)と制作会社(シンエイ/東映アニメ)との関係が実質逆転状態となっていた。
  11. ^ フジテレビ系では2013年現在も全国同時ネットは途絶えているが、『ONE PEICE』は個別スポンサードネット・番組販売扱いを組み合わせる形で遅れネットも含め全国で放送している(系列局所在地でも大分県のみ、編成上の都合で同地域の系列外局に放映権を移譲)。
  12. ^ ジャンプコミックス『ボボボーボ・ボーボボ』12巻より
  13. ^ 「円環のパンデミカ」 東映アニメがゲームに乗り出した理由を訊く
  14. ^ 東映の連結子会社、テレビ朝日の親会社であるテレビ朝日ホールディングス持分法適用会社である。
  1. ^ a b c d e f g h 東映アニメーション株式会社 企業情報 沿革”. 東映アニメーション. 2014年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f #アニメ大全集、4-5頁
  3. ^ #アニメ飛翔期、64-67頁 渡辺泰「東映動画の設立とアニメーション全盛時代」
  4. ^ a b c Autodesk :: AREA JAPAN | コラム | 第4回:池田 宏 氏
  5. ^ #大塚森、15頁
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p #TVアニメーション大全、316-323頁 吉村次郎「東映、アニメの技術史」
  7. ^ a b c #図説全書、124-130、227-229頁
  8. ^ a b c d #図説全書、115-120頁
  9. ^ #図説全書、13-17頁
  10. ^ #図説全書、124-130、229-231頁
  11. ^ a b c #大塚森、92-95頁「東映動画の遺伝子とは?」
  12. ^ 『クロニクル東映:1947-1991』II、東映、1992年、54頁。
  13. ^ 岡田茂氏死去 東映名誉会長 東映アニメ取締役
  14. ^ a b c d e f #アニメーション映画史、131-132頁
  15. ^ 昭和47年 - WEBアニメスタイル
  16. ^ a b WEBアニメスタイル | アニメーション思い出がたり「五味洋子」その42 労働争議の中で - Style.fm
  17. ^ a b c d e f #活動屋人生、24、28-31、156頁
  18. ^ 岡本明久「東映東京撮影所の血と骨 泣く 笑う 握る」、『映画論叢』第36巻、国書刊行会、2014年7月号、 69頁。
  19. ^ a b #論叢18、14頁
  20. ^ キネマ旬報』1973年10月秋の特別号、 188頁。
  21. ^ WEBアニメスタイル | アニメーション思い出がたり「五味洋子」その40 変化のきざし - Style.fm
  22. ^ a b c d e f #山口、132-134頁
  23. ^ 岡田 茂 東映 相談役
  24. ^ 昭和49年 - WEBアニメスタイル
  25. ^ a b #キャラクタービジネス、280頁
  26. ^ a b #日本ヒーロー、261頁
  27. ^ #増田、20-134頁
  28. ^ 「東映アニメ製作ネットワークシステム」の運用開始について”. 東映アニメーション,東日本電信電話,セルシス (2000年5月9日). 2014年10月19日閲覧。
  29. ^ “静止画が動く“画ニメ”に、天野喜孝氏などが参加――アートなゲキメーション?”. ASCII.jp. (2006年5月30日). http://ascii.jp/elem/000/000/353/353605/ 2013年10月12日閲覧。 
  30. ^ 東映アニメーション株式会社及び東映アニメーション音楽出版株式会社 オフィス移転について”. 東映 (2013年8月12日). 2013年10月13日閲覧。
  31. ^ 定款一部変更に関するお知らせ”. 東映アニメーション (2014年5月26日). 2014年6月9日閲覧。
  32. ^ 大泉スタジオ仮移転のお知らせ”. 東映アニメーション (2014年6月2日). 2014年6月9日閲覧。
  33. ^ 「東映アニメーションギャラリー」 スタジオ仮移転に伴う長期休館のお知らせ”. 東映アニメーション (2014年7月17日). 2014年9月15日閲覧。
  34. ^ 東映アニメに再発防止勧告=消費増税後も委託料据え置き-公取委時事ドットコム2014年12月17日
  35. ^ 東映アニメに勧告 消費増税分の報酬支払わず 公取委朝日新聞デジタル2014年12月17日
  36. ^ ハスラー・CMウラ話(9月13日時点)


「東映アニメーション」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東映アニメーション」の関連用語

東映アニメーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

追悼ミサ

陸上のおう地

カウルトップパネル

1060形

シンク

頭蓋

武地谷水源の森

カシワジマヒメホンヤドカリ





東映アニメーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東映アニメーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS