孫正義とは?

孫正義

読み方そん まさよし

孫正義とは、日本を代表する実業家一人で、ソフトバンクグループ創業者である。1957年8月11日佐賀県鳥栖市生まれ在日朝鮮人2世の次男で、朝鮮語ではソン・ジョンウィ発音する。はじめ通称名安本を名乗っていたが、後に朝鮮名の孫正義として日本帰化した。ちなみに実業家でアジアングルーブ代表取締役孫泰蔵は孫正義の実の弟にあたる。

孫氏1974年久留米大学附設高校中退し、16歳単身アメリカに渡った。 1980年カリフォルニア大学バークレー校卒業専攻経済学だった。大学在学中に音声装置付きの多国語翻訳機試作機開発して、当時シャープ専務佐々木正氏に1億円で買い取られた。佐々木氏にはその後ずっとソフトバンク相談役をしてもらっている。その資金ユニソンワールドという企業立ち上げ1980年日本帰国するまで米国での経営続けた。なお、米国留学中に、当地出会った日本人留学生女性結婚している。

孫正義
※画像提供 / ソフトバンク株式会社

帰国後は自身経営していた米国企業売却した資金から事業計画し、「日本ソフトバンク」を設立ソフトウェア卸売り業や出版業などを始めた。1983年重い慢性肝炎にかかり、その後3年間入退院くりかえし苦し時期を送る。ただ、その期間は読書没頭して、病床格好充電期間に変えてしまった。その間のデータベース事業失敗などで借金ができたが、それを返すために「電話をする際に自動的に一番安い回線を選ぶ装置」(NCCBOX)を発明し、これによって逆に20億円を稼いだ。

いわゆるネットバブル崩壊前に米国Yahoo!社に多額出資を行う。米国Yahoo!成功したことによって多額資金獲得し、氏の知名度も急激に上昇した。この成功によって得た資金を、さらに様々な分野投資をおこなっている。

1990年社名から「日本」の字を取ってソフトバンク」と改め世界視野にいれた事業展開始めた。1994年には苦節13年経て株式店頭公開した。このとき、ビルゲイツからはお祝いの手紙が届いたという逸話が残っている。1996年にはYahoo! Japan設立し、2000年5月には米NASDAQ提携してナスダックジャパン(現ヘラクレス)を設立した。

2005年現在、ソフトバンクグループ全体としては、ソフトウェア卸売り出版eコマース金融証券ベンチャーキャピタルYahoo! BBなどの通信事業放送事業などの分野にも事業を広げ、球団獲得するなど、日本を代表するIT関連企業となっている。

ちなみに、「二十代名乗り上げ三十代軍資金を最低で一千億円貯め、四十代でひと勝負し、五十代事業完成させ、六十代事業後継者引き継ぐ。」という氏の「人生50年計画」は、いまや格言として有名となっている。


参照リンク
ソフトバンク株式会社

孫正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/28 04:11 UTC 版)

孫 正義(そん まさよし[1]1957年8月11日[2] - )は、日本実業家資産家。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンクグループ株式会社代表取締役社長ソフトバンク株式会社代表取締役会長福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 元NTTドコモ社長大星公二さん「私が会長の頃、ドコモの経営諮問機関であるアドバイザリーボードのメンバーを孫さんにお願いした。彼の著作や業績を高く評価し、入ってもらった。孫さんが一年後に「辞めさせてください」と言ってきた。なぜかと不思議だったが、しばらくして孫さんは通信分野に参入し、移動通信へと事業を広げていった。」[10]
  2. ^ 孫正義「僕は画家にも実は成りたかったんですよ。小学校の時ね。僕が成りたかった画家は貧乏画家なんですよ。要するにね、お金持ちの画家はもうその時点で堕落してると。人に売る為に絵を描くんじゃないと。展覧会に出す為に絵を描くんじゃないと。」
    村上龍「どんな画家が好きだったんですか?」
    孫正義「僕はあのーゴッホとかね。有名に成る前のゴッホ」
    村上龍「ゴッホはだって貧乏な内に死んだんですよね」
    孫正義「だからゴッホの様な生き様が一番尊敬できる生き様だと。要するに画家ならね」[42]
  3. ^ 安倍晋三、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫。
  4. ^ 民団新聞に広告が掲載されたソフトバンク携帯電話の在日本大韓民国民団団員のみを対象とした格安割引プランを指す俗称。インターネット上にこの広告部分を含んだキャプチャ画像が出回り、一部のインターネットユーザーが問題視した。

出典

  1. ^ 『孫正義社長、今度は太陽光発電所建設を計画』 2011年5月23日 中央日報
  2. ^ 『【時代のリーダー】孫 正義・ソフトバンク社長』(1/4) 2009年4月20日 日経ビジネス
  3. ^ 『<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(1)』 2011年9月15日 中央日報
  4. ^ 『Masayoshi Son』 2011年11月 フォーブス (英語)
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ - フォーブス(英語)
  7. ^ 『<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(2)』 2011年9月15日 中央日報
  8. ^ a b c d e f g h 佐野眞一 2012.
  9. ^ 2011/02/11日号 佐野眞一(ノンフィクション作家)あんぽん 孫正義伝(5)
  10. ^ 朝日新聞 平成24年8月27日 新市場を育てて5
  11. ^ 東日本大震災復興支援財団 (2011年7月14日). “孫 正義氏からの寄付のお知らせ”. http://minnade-ganbaro.jp/info/info_20110714_01.html 2011年8月17日閲覧。 
  12. ^ “「生まれてきた使命を果たす」ソフトバンク・孫正義氏"自然エネルギー財団"設立”. BLOGOS. (2011年4月25日). http://blogos.com/article/23642/ 2015年3月3日閲覧。 
  13. ^ 島田セレーナ (2011年4月21日). “ソフトバンクの孫社長、脱・原発のため「自然エネルギー財団」を設立へ”. International Business Times. http://jp.ibtimes.com/articles/17843/20110420/506367.htm 2011年4月21日閲覧。 
  14. ^ 島田セレーナ (2011年5月17日). “ソフトバンク孫社長、100億円の寄付先が決まる-東日本大震災”. International Business Times. http://jp.ibtimes.com/articles/18631/20110516/206991.htm 2011年5月17日閲覧。 
  15. ^ ソフトバンクモバイル株式会社 役員一覧
  16. ^ テレビ東京日経スペシャル カンブリア宮殿」2010年7月12日放送内容より
  17. ^ http://newswitch.jp/p/5134
  18. ^ a b 佐野眞一. 週刊ポスト2011/03/04日号「〈短期集中連載〉あんぽん 孫正義伝(8)」. 小学館. http://www.zassi.net/mag_index.php?id=51&issue=29084. [要ページ番号]
  19. ^ http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl 特許電子図書館(IPDL) - 「特許・実用新案検索」の「公報テキスト検索」にて「特許公報 (公告、特許)」の「発明者」として「孫 正義」を AND検索
  20. ^ 大下英治 1999.
  21. ^ a b c 佐野眞一 2012, p. 162-163.
  22. ^ NEWS ポストセブン 2012/1/4 孫正義氏「安本」ではなく「孫」を名乗った時親戚は反対した
  23. ^ NEWS ポストセブン 2012/1/4 孫正義氏「安本」ではなく「孫」を名乗った時親戚は反対したより引用
  24. ^ 産経新聞 (2011年4月3日). “ソフトバンクの孫正義氏が100億円寄付 震災孤児ら支援”. オリジナル2011年4月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110406124353/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110403/biz11040322470005-n1.htm 2011年8月17日閲覧。 
  25. ^ 毎日新聞 (2011年4月3日). “東日本大震災 : ソフトバンク・孫氏、100億円寄付”. オリジナル2011年4月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110406041453/http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110404ddm041040079000c.html 2011年8月17日閲覧。 
  26. ^ 読売新聞 (2011年5月16日). “孫正義氏の寄付金100億円、配分先決まる”. http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110516-OYT1T00871.htm 2011年8月17日閲覧。 
  27. ^ 東日本大震災復興支援財団
  28. ^ “孫正義社長「約束実行」、3県に各10億円手渡す”. J-CASTニュース. (2011年6月3日). http://www.j-cast.com/2011/06/03097471.html 2011年8月17日閲覧。 
  29. ^ 孫正義 (2011年6月11日). “60億寄付完了。残り40億は、東日本震災への支援目的のみの財団設立。(孫正義本人の Twitter)”. 2011年8月17日閲覧。
  30. ^ 東日本大震災復興支援財団 (2011年7月14日). “孫 正義氏からの寄付のお知らせ”. http://minnade-ganbaro.jp/info/info_20110714_01.html 2011年8月17日閲覧。 
  31. ^ ORICON STYLE (2011年7月25日). “孫正義会長『東日本大震災復興支援財団』概要を発表 子どもを中心に10年以上長期支援”. http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2000124/full/ 2011年8月17日閲覧。 
  32. ^ 郷好文 (2011年4月28日). “脱原発は「やらなきゃいかん」こと-孫正義、かく語りき”. 郷好文の“うふふ”マーケティング. Business Media 誠. 2015年3月3日閲覧。
  33. ^ 「脱原発の政商になる 「孫正義」の果てなき商魂」『週刊新潮』2011年7月7日
  34. ^ 「再生エネルギーまで喰い物にする。孫正義、強欲経営の正体。太陽光発電の危うさを知りながらヒタ走る邪な商法」『週刊文春』2011年7月7日
  35. ^ “「孫氏は政商、マイナスに日本導く」ソフトバンクの太陽光発電事業参入を批判 旧知の起業家・堀義人氏 ツイッターで応酬、来月公開討論”. msn産経ニュース. (2011年7月16日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110716/biz11071608090001-n1.htm 2015年3月3日閲覧。 
  36. ^ 電力を押さえた者は、何を手にするのか (1/3) (原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(5)内)『Business Media 誠』2011年7月12日
  37. ^ 新川悠(編集担当) (2011年6月21日). “孫正義社長、安全な韓国の原発を評価…「脱原発」は日本の話”. SEARCHINA. http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0621&f=national_0621_171.shtml 2015年3月3日閲覧。 
  38. ^ http://ieei.or.jp/2015/10/takeuchi151020/
  39. ^ “ソフトバンクテレコムと韓国KT社がデータセンター事業で合弁会社を設立” (プレスリリース), ソフトバンク, (2011年6月16日), http://www.softbank.co.jp/ja/news/sbnews/sbnow/2011/20110616_01/ 2015年3月3日閲覧。 
  40. ^ 池田信夫 (2011年7月21日). “孫正義氏は政商か革命家か”. エコノMIX異論正論. ニューズウィーク日本版. 2015年3月3日閲覧。
  41. ^ 井上篤夫 2010.
  42. ^ カンブリア宮殿 平成22年7月19日放送分
  43. ^ 「リスクをとる経営」産経新聞社
  44. ^ 米国Yahoo!社への追加出資の件および当社インターネット事業戦略について - ソフトバンク・1996年4月12日
  45. ^ “ソフトバンク孫社長が鳩山辞任にコメント「日本の不幸」”. ロケットニュース24. (2010年6月3日). http://www.excite.co.jp/News/column/20100603/Rocketnews24_35518.html 2015年3月3日閲覧。 
  46. ^ 孫正義 (2011年6月11日). “二年前に卸先二次代理店が当社の許可無く割引。当社が認知直後に書面通知し、その後の当該割引営業行為停止。(孫正義本人の Twitter)”. 2011年8月17日閲覧。
  47. ^ J-CAST ニュース (2010年7月20日). “「在日割引はデマです」 孫社長、ツイッターで答える”. http://www.j-cast.com/2010/07/20071451.html 2011年8月17日閲覧。 
  48. ^ Twitterでの本人発言より http://twitter.com/masason/status/8963717810
  49. ^ a b 佐野眞一. 週刊ポスト2011/02/18日号「〈短期集中連載〉あんぽん 孫正義伝(6)」. 小学館. http://www.zassi.net/mag_index.php?id=51&issue=29024. [要ページ番号]
  50. ^ 週刊ポスト2011/1/1,7号 佐野眞一(ノンフィクション作家) あんぽん 孫正義伝(1)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

孫正義に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「孫正義」の関連用語

孫正義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

浮川和宣

孫正義

井植歳男

西和彦

松下幸之助

樫尾俊雄

稲盛和夫

樫尾忠雄





孫正義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ孫正義の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孫正義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS