発明とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 発明 > 発明の意味・解説 

はつ めい 【発明】

[0] ( 名 ) スル
それまで世になかった新しいものを,考え出したり作り出したりすること。 「蓄音機を-する」 「 -者」 「 -家」
物事の意味や道理明らかにすること。明らかにさとること。 「念仏を行じて,浄土に生じ,大事を-すべしといへり/沙石 4
[2]形動[文] ナリ
賢いさま。利発なさま。 「そこは-な潔さんのこと案じは致しませんが/もしや草紙 」 〔近世では の意が中心的幕末から明治初期に英語 inventiondiscovery二つ訳語に用いられた。「英和対訳袖珍辞書」(1862年)では双方載る


発明

自然法則を利用した技術的思想創作のうち高度なもの。特許法第2条に定義されている。


発明(はつめい)


”発明”とは、自然法則を利用した技術的思想創作のうち高度のものをいう規定されている(特許法2条)。

特許法は発明を保護するものであるから、上記の定義に合致せず、発明に該当しないものには特許与えられない。たとえば、発見は、創作ではないので発明に該当せず特許対象ならないまた、技術的思想なければならないので、技術としての客観性のない「個人的技能」は発明ではない。

ビジネスの手法は、自然法則使用ていないので、やはり発明ではなく特許対象ならない。ただし、コンピュータによって実現したビジネス手法は発明に該当し、特許となりうる。詳しくは、自然法則の利用性の解説参照のこと。

(参考)知的財産用語辞典ブログ「発明」
執筆弁理士 古谷栄男)

発明

読み方はつめい

特許法において「発明」とは,自然法則を利用した技術的思想創作のうち高度のものをいうと定義されている(特許2条1項)。産業上利用することができる発明については,それが一定の要件を満たし(特許29条以下),かつ特許庁審査経て特許査定特許51条)を受けた場合は,登録により特許権発生する。特許を受けている発明は「特許発明」といわれる特許2条2項)。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

発明

特許法では、自然法則を利用した技術的思想創作のうち高度のものを発明と定義しています。発明のうち、特許を受けているものを特許発明といいます。

なお、著作権は発明を保護しません。自分の発明を保護したい場合は、特許庁申請し、特許権取得する必要があります

発明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/15 06:28 UTC 版)

発明(はつめい、: invention)とは、従来みられなかった新規な物や方法を考え出すことである。作られた新規なもの自体を指すこともあり、新規なものを作る行為自体をさすこともある。既存のモデルや観念から派生する発明もあれば、まったく独自に考案される発明もあり、後者は大きな飛躍を生む。社会の風習や慣習の革新も一種の発明である[1]当業者にとって新規性進歩性が認められる発明は、特許を取得することで法的に守ることができる。


  1. ^ Artificial Mythologies: A Guide to Cultural Invention by Craig J. Saper (1997); Review of Artificial Mythologies. A Guide to Cultural Invention, Kirsten Ostherr (1998)
  2. ^ 参考文献:志村幸雄『誰が本当の発明者か』講談社
  3. ^ The Lemelson Center's website, Invention at Play: Inventors' Stories, http://www.inventionatplay.org/inventors_main.html; and Juice: The Creative Fuel That Drives World-Class Inventors (2004), p.14-15 by Evan I. Schwartz.
  4. ^ Einstein: A Life by Denis Brian p.159 (1996)
  5. ^ Nobelprize.org, The Nobel Prize in Chemistry 2000
  6. ^ 特許を検索すれば無数の実例が容易に見つかる。例えば http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-bool.html
  7. ^ Forks, Phonographs, and Hot Air Balloons: A Field Guide to Inventive Thinking p. 8 (1992), by Robert J. Weber, also from Juice: The Creative Fuel That Drives World-Class Inventors, p. 13 (2004) by Evan I. Schwartz
  8. ^ The Inventor's Notebook by Fred Grissom and David Pressman (2005); Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005), http://memory.loc.gov/ammem/collections/jefferson_papers/; http://www.alberteinstein.info/about/
  9. ^ http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/documents/0200_201_08.htm
  10. ^ White, Lynn: The Invention of the Parachute, Technology and Culture, Vol. 9, No. 3, (Jul., 1968), pp. 462-467
  11. ^ See US Patent #5,461,114 and D11,023 as well as Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005)
  12. ^ Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005)
  13. ^ Patent It Yourself by David Pressman (2000), particularly section 9/2, as a specific example refer to 1879, F. Auguste Bartholdi U.S. Patent D11,023
  14. ^ Invention at Play: Inventors' Stories at the Smithsonian Institution's Lemelson Center for Invention and Innovation
  15. ^ Juice: The Creative Fuel That Drives World-Class Inventors (2004) by Evan I. Schwartz (download an interview with this author about his book at http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=4244179)
  16. ^ Notebooks of the Mind: Explorations of Thinking (1985) by Vera John-Steiner
  17. ^ American Heritage.com article "How Did the Heroic Inventors Do It?" by Thomas P. Hughes
  18. ^ History of Plastics and Plastic Packaging Products — Polyethylene, Polypropylene, and More
  19. ^ Detailed Guide To All Plastics Processes, British Plastics Federation
  20. ^ Plastics Historical Society
  21. ^ Finding quotations was never this easy
  22. ^ Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005)
  23. ^ http://www.encyclopedia.com/topic/Eadweard_Muybridge.aspx#1E1-Muybridg, and see http://www.britannica.com/EBchecked/topic/399928/Eadweard-Muybridge
  24. ^ Picasso and the Invention of Cubism by Pepe Karmel (2003)
  25. ^ 1879, F. Auguste Bartholdi U.S. Patent D11,023
  26. ^ a b c d e Patenting Art and Entertainment by Gregory Aharonian and Richard Stim
  27. ^ http://www.timelineindex.com/content/view/1477
  28. ^ The History of the Tuba
  29. ^ http://120years.net/machines/moog/
  30. ^ http://www.boston.com/news/globe/living/articles/2007/05/26/newman_says_hes_done_with_acting/ Newman says he's done with acting
  31. ^ Creating Minds: An Anatomy of Creativity Seen Through the Lives of Freud, Einstein, Picasso, Stravinsky, Eliot, Graham, and Gandhi by Howard Gardner (1993)
  32. ^ Inventors Assistance League
  33. ^ License Your Invention by Richard Stim (2002)
  34. ^ InventorSpot
  35. ^ United Inventors Association
  36. ^ The Inventor's Bible: How to Market and License Your Brilliant Ideas by Ronald Louis Docie (2004)
  37. ^ Diffusion of Innovations, 5th Edition by Everett Rogers (2003)
  38. ^ Les lois de l'imitation Gabriel Tarde (1890)



発明

出典:『Wiktionary』 (2010/08/16 21:51 UTC 版)

名詞

はつめい

  1. 従来みられなかった新規な物や方法考え出すこと。
    法律)この法律で「発明」とは、自然法則利用した技術的思想創作のうち高度のものをいう。(特許法第2条第1項)
    cf. この法律で「考案」とは、自然法則を利用した技術的思想創作をいう。(実用新案法第2条第1項)

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
発明-する

翻訳






発明と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「発明」の関連用語

発明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

軒高

車道透水性舗装

RZ50

馬場 滋

ガーデンシュレッダー

1000形

MA23D/C

3000形車両





発明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2017 FURUTANI PATENT OFFICE
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2017 Sekidou Kousuke.
文化庁文化庁
Copyright © 2017 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS