理解とは?

り かい [1] 【理解】

( 名 ) スル
物事のしくみや状況,また,その意味するところなどを論理によって判断しわかること。納得すること。のみこむこと。 「内容正しく-する」 「 -力」
相手の立場気持ちくみとること。 「 -ある態度」 「相互の-を深める
道理。わけ。また,道理を説いて聞かせること。 「義理ある兄貴の-でも/人情本軒並娘八丈」 → 理会
了解 」に同じ。 〔同音語の「理会」は物事道理を悟ることであるが,それに対して「理解」は物事の意味・内容をわかることをいう〕


理解

作者兵衛

収載図書神の黄昏ショートショート
出版社新風舎
刊行年月1994.5


理解

作者テッド・チャン

収載図書90年代SF傑作選 下
出版社早川書房
刊行年月2002.3
シリーズ名ハヤカワ文庫SF

収載図書あなたの人生の物語
出版社早川書房
刊行年月2003.9
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


理解

作者鈴木良

収載図書性格な正確診断機鈴木良短編集
出版社日本文学館
刊行年月2004.2


理解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 04:13 UTC 版)

理解(りかい)とは、


  1. ^ a b c 広辞苑【理解】


「理解」の続きの解説一覧

理解

出典:『Wiktionary』 (2011/12/30 05:50 UTC 版)

名詞

(りかい)

  1. ある物事意味しているかを正しく判断すること。

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
理解-する

翻訳






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

理解に関連した本

「理解」に関係したコラム

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「理解」の関連用語

理解のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

DSM

手弱女

フェイズドアレイレーダー

KTクリプトン球クリアE11

ブルーマウマウ

安曇野わさび田湧水群

ゴーダ

プロトケラトプス・アンドリューシ





理解のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの理解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS