マラヤーラム語とは?

マラヤーラム語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/24 01:06 UTC 版)

マラヤーラム語(マラヤーラムご、: Malayalam、マラヤーラム語: മലയാളം)は、南インドケーララ州などで話される言語である。インド憲法で認められている22の公用語のうちの一つであり、話者は約3,570万人。マラヤラム語を話す人々は「マラヤーリMalayali」(まれに「ケラリートKeralite」)と呼ばれる。


  1. ^ [1][リンク切れ] (英語)


「マラヤーラム語」の続きの解説一覧

マラヤーラム語

出典:『Wiktionary』 (2008/03/30 06:16 UTC 版)

名詞

マラヤーラム (-ご)

  1. ドラヴィダ語族ドラヴィダ語派に属す言語インド南部ケーララ州周辺で話され、インド公用語のひとつである。タミル語きわめて近く、独自の文字マラヤーラム文字記述される。言語コードISO 639-2/RA) A2:ml A3:mal

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マラヤーラム語」の関連用語

マラヤーラム語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タテ落ち

FOMA D705iμ

ブルーフィン・プレコ L128

知床硫黄山

粗飼料

鳥羽丸

キャンドルスタイル

第八おりいぶ丸





マラヤーラム語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマラヤーラム語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマラヤーラム語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS