サンスクリットとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > サンスクリットの意味・解説 

サンスクリット [5] 【Sanskrit】

完成された語の意〕
インド-ヨーロッパ語族インド語派属す古代語紀元前世紀パーニニ文典によって完成され,長く文章語公用語として文法的固定化されたまま文学宗教・学術・法令などに用いられた。広義では,その古形であるベーダ語も含めていう。梵語ぼんご

サンスクリット

梵語

サンスクリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/09 06:46 UTC 版)

サンスクリット: संस्कृतサンスクリット語ラテン翻字: saṃskṛta: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学哲学学術宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教仏教シーク教ジャイナ教礼拝用言語でもあり、現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドの22の公用語の1つである。




[ヘルプ]
  1. ^ Comparative speaker's strength of scheduled languages -1971, 1981, 1991 and 2001”. Census of India, 2001. Office of the Registrar and Census Commissioner, India. 2009年12月31日閲覧。
  2. ^ 中村元生きているサンスクリット」、『印度學佛教學研究』第21巻、1972-1973、 14-20頁。
  3. ^ Allen (1953) p.52
  4. ^ 辻 (1974) p.7
  5. ^ は、古くは唇音の前で [ɸ]、軟口蓋音の前で[x] に変化した。Allen (1953) pp.49-51
  6. ^ 辻 (1974) p.111, 140
  7. ^ 辻 (1974) pp.106-107
  8. ^ Cardona (2007) p.123
  9. ^ 辻 (1974) p.111, 149, 168
  10. ^ 辻 (1974) p.110, 195ff, 252
  11. ^ 辻 (1974) p.223
  12. ^ 辻 (1974) p.85
  13. ^ 『図説 世界の文字とことば』 町田和彦編 114頁。河出書房新社 2009年12月30日初版発行 ISBN 978-4309762210
  14. ^ Cardona (2007) p.156
  15. ^ ただフレーズとしてはインドの仏典になく中国日本の浄土思想家による


「サンスクリット」の続きの解説一覧

サンスクリット

出典:『Wiktionary』 (2011/12/03 05:39 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 sa
ISO639-2 san
ISO639-3 san
SIL SKT

名詞

サンスクリット

  1. 古代インド地方言語ヒンディー語等の祖語仏典等にサンスクリット文字記述された言語として残る。

類義語

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サンスクリットに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サンスクリット」の関連用語

サンスクリットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

R 1200 R

エアーバック

ハイバック

宮崎 洋

200型

ばにあ

WS016SH

5000形





サンスクリットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンスクリット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサンスクリット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS