ヒンディー語とは?

ヒンディー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/11 08:22 UTC 版)

ヒンディー語/ヒンディー (हिंदी) は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている[2]。インドで最も多くの人に話されている。




  1. ^ Hindi”. エスノローグ18版 (2015年). 2015年9月2日閲覧。
  2. ^ a b c THE CONSTITUTION OF INDIA: PART XVII OFFICIAL LANGUAGE: CHAPTER I: Language of the Union”. India Code. 2015年9月3日閲覧。 (英語)
  3. ^ Masica (1993) pp.429-430
  4. ^ Official Languages Act, 1963
  5. ^ Shapiro (2007) 第5節
  6. ^ Kachru (1987) p.472
  7. ^ ヒンディー語練習
  8. ^ 町田(1999) p.102
  9. ^ 町田 (1999) p.42
  10. ^ 町田 (1999) p.68
  11. ^ 町田 (1999) p.79
  12. ^ 町田 (1999) p.94


「ヒンディー語」の続きの解説一覧

ヒンディー語

出典:『Wiktionary』 (2009/12/13 01:07 UTC 版)

名詞

  1. インドの主に中部北部で用いられるインド・ヨーロッパ語族 インド・イラン語派言語インドで最も多くの人に話されており、インド公用語となっている。さらに、東ヒンディー語と西ヒンディー語とに分けられ、ウルドゥー語と非常に近縁の関係にある。言語表記にはデーヴァナーガリーを用いる。言語コードISO 639-2/RA) A2:hi/A3:hin

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒンディー語」の関連用語

ヒンディー語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

賀集正三

オオバモク

輪針

シャーリー・テンプル

車道透水性舗装

デリカ トラック

車線数減少

雁爪





ヒンディー語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンディー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヒンディー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS