インドとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > インドの意味・解説 

インド 【India 印度】

狭義にはインド共和国(旧イギリス領。一九七年独立、五〇年共和制)をいうが、広義にはアジア大陸中南部、インド洋突き出た大半島、ならびにセイロン島まで含めた地域名。インド、パキスタンバングラデシュスリランカモルジブの各共和国と、ネパールブータンの小王国がある。インドの名は、インダス川梵語でシンドゥ(Sindhu大きな川)と呼んだのに起因するといわれ、ペルシア人ヒンドゥHindu)、ギリシア人インディアIndia)と訛称した。中国では身毒・信度・捐度・賢豆・天篤・天竺など種々に書いたが、昔の日でも、これを踏襲した。前三〇〇〇年頃からインダス川流域文明栄え、前一五〇〇年頃からドラヴィダ族圧迫してアーリヤ人侵入した。宗教史的に七期とする説がある。①神話時代(前一五〇〇−前一〇〇〇年頃)で、天然現象神格化していた。②バラモン教時代(前一〇〇〇−前五〇〇年頃)。③インド哲学興起時代(前五〇〇−前二五〇年頃)。④仏教興隆時代(前二五〇~後五〇〇年頃)。⑤バラモン教復興時代(五〇〇~一〇〇〇年頃)。⑥ヒンドゥー教成立時代(一〇〇〇~一五〇〇年頃)。⑦現代。一五〇〇年頃よりキリスト教入り諸宗混在現状である(比屋根安定世界宗教辞典』)。キリスト教ネストリウス派が六世紀までに入っていたともいわれる一二三年イスラム教徒仏教一大中心地ビクラマシラー寺を破壊し、仏教排撃された。一九一年調査インド共和国宗教人率は、ヒンドゥー教(インド教とも)八二・七%、イスラム教一一・二%、キリスト教二・六%、シク教一・九%、仏教〇・七%、ジャイナ教〇・五%、その他(パールシーユダヤ教など)〇・四%となっている(平凡社大百科事典』)。

インド

インド
India
通貨単位インド・ルピーパイサ
Indian Rupee / Paise
1ルピー=100パイサ
マップ
1 ルピー (2001)
1 ルピー (1980) *
50 パイサ *
25 パイサ *
20 パイサ (1971) *
10 パイサ *
5 パイサ (1981) *
3 パイサ *
2 パイサ (1978) *
1 パイサ (1972) *

インド―KUMIKO

作者中島らも

収載図書エキゾティカ
出版社双葉社
刊行年月1998.5


インド

名前 Ind

インド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/27 09:03 UTC 版)

インドは、南アジアに位置し、インド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、英語: Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2014年5月19日閲覧([1]
  2. ^ [2]2014.4.7産経新聞2014年9月28日閲覧
  3. ^ [3]中間層、15年で人口の7割:ア開銀予想、30年に12億人[経済]2014年9月28日閲覧
  4. ^ Charlton T. Lewis (1980) [1879]. A Latin Dictionary. Oxford: Clarendon Press. p. 933. ISBN 0198642016. "India, a country extending from the Indus to China" 
  5. ^ マルコ・ポーロ東方見聞録』2、愛宕松男訳、平凡社ライブラリー2000年、329-330頁。ISBN 4582763278
  6. ^ E.G. Pulleyblank (1962). “The Consonantal System of Old Chinese”. Asia Major, New Series 9 (1): 117. http://www2.ihp.sinica.edu.tw/file/1110cxVuiEg.PDF. 
  7. ^ a b 玄奘『大唐西域記』水谷真成訳注、中国古典文学大系22, 1971, 56頁.
  8. ^ 世界の国旗
  9. ^ 四宮圭 「第三世界の政治学」 エコノミスト 1966年2月15日
  10. ^ S. Thirumalai Post-War Agricultural Problems and Policies in India New York, 1954 p.51.
  11. ^ http://indiacode.nic.in/coiweb/amend/amend42.htmー1947年にイギリスから独立して以来、インドはクーデターなどの非合法な政権交代を経験したことのない、南アジアでは珍しい議会制民主主義国家である。
  12. ^ [4]インドでモディ政権発足、集権的な内閣目指すと表明]ロイター 2014年5月27日
  13. ^ W. Arthur Lewis Grouth and Flunctuations, 1870-1913, London, 1978, p.205.
  14. ^ a b Daniel R. Headrick The Tentacles of Progress : Technology Transfer in the Age of Imperialism, 1850-1940, Oxford University Press, 1988, Chapter.6 Hydraulic Imperialism in India and Egypt
  15. ^ a b c d e f All About インドの季節(気候・気温)・祝日・イベント
  16. ^ msnニュース - インドで史上最高気温51度、熱中症や停電頻発
  17. ^ ‘Mission definitely over’”. 90-95% of the job done. The Hindu (2009年8月30日). 2009年8月29日閲覧。
  18. ^ インドの火星探査機、周回軌道の高度上昇に成功 - AFPBBNews(2013年11月12日)
  19. ^ マンガルヤーン - コトバンク
  20. ^ インドの探査機、火星周回軌道に到達 アジア初の成功”. 日本経済新聞 (2014年9月24日). 2014年9月24日閲覧。
  21. ^ "World Gazetteer: India - Metropolitan areas 2008 calculation", 2008年9月28日
  22. ^ IMF: World Economic Outlook Database
  23. ^ http://media.yucasee.jp/posts/index/11857?la=bn01
  24. ^ http://www.osaka-c.ed.jp/ed/h14/kankyou/security/food/jikyuu2.htm
  25. ^ 語学教育は最近のIT産業勃興につながっている。 ただし、効果を発揮するのは農業が持ち直して人的損害を免れるようになってからである。
  26. ^ 矢ヶ崎典隆 他2名 『地誌学概論』 朝倉書店 2012年 p.73.
  27. ^ Headrick The Tentacles of Progress, Chapter.5 Cities, Sanitation, and Segregation
  28. ^ 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 世界の工業の趨勢2013インド
  29. ^ “Economic structure”. The Economist. (2003年10月6日). http://www.economist.com/countries/India/profile.cfm?folder=Profile%2DEconomic%20Structure 
  30. ^ “Indian manufacturers learn to compete”. The Economist. (2004年2月12日). http://www.economist.com/displaystory.cfm?story_id=S%27%298%3C%2FPQ%3B%21%21P%214%0A 
  31. ^ a b c d e 『アウトソーシング大国、インドの岐路』2007年8月24日付配信 日経ビジネスオンライン
  32. ^ http://www.mugendai-web.jp/archives/1534
  33. ^ [planningcommission.gov.in/plans/planrel/12thplan/welcome.html]
  34. ^ “インド・パキスタン外相会談、二国間ビザ緩和などで合意”. (2012年9月11日). http://www.emeye.jp/disp%2FOWA%2F2012%2F0911%2Fstockname_0911_007%2F0%2F1/ 2012年9月17日閲覧。 
  35. ^ Dr. Manmohan Singh's banquet speech in honour of Japanese Prime Minister National Informatics Centre Contents Provided By Prime Minister's Office
  36. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/visit/0810_ahks.html
  37. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/ji60/index.html 外務省:日インド国交樹立60周年
  38. ^ [5]産経新聞 2014年9月2日閲覧
  39. ^ http://ecodb.net/country/IN/imf_persons.html
  40. ^ 井上恭子「人口増加率・識字率・男女比の地域差が示すもの」/ 広瀬崇子・近藤正規・井上恭子・南埜猛編著『現代インドを知るための60章』明石書店 2007年 213ページ
  41. ^ http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=1380230
  42. ^ http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=516768
  43. ^ 外務省:インド
  44. ^ CIA – The World Factbook – India



インド

出典:『Wiktionary』 (2010/10/05 16:41 UTC 版)

名詞

インド漢字表記印度 略:

  1. 南アジアの国。首都ニューデリー

翻訳

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

インドに関連した本

「インド」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDの砂糖取引とは

    砂糖の先物取引は、ニューヨーク市場やロンドン市場、東京市場などで行われています。そしてCFDの砂糖価格は、ニューヨーク市場での砂糖の価格に連動して推移します。砂糖の価格変動要因には、粗糖生産国の気象、...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDの呼値とは

    CFDの呼値とは、CFDの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば呼値が0.1の銘柄の場合、現在の価格が1235.9ならば、値上がりしたら1236.0、値下がりしたら12...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インド」の関連用語

インドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

苦土アルベゾン閃石

ないる丸

アーリー&コーラ ハーフロック

マイタケ

絞り包み

パナビーム

はしご車

William McKinley





インドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2016, WorldCoin.Net All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS