ミャンマーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > ミャンマーの意味・解説 

ミャンマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/12 02:00 UTC 版)

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ビルマ語: ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်[2]英語: Myanmar)、通称ミャンマーは、東南アジアインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年[3]首都ネピドー2006年まではヤンゴン)。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database, April 2014” (英語). IMF (2014年4月). 2014年10月4日閲覧。
  2. ^ ビルマ文字の表示法に対応していない環境が多いため、画像で示す - Myanmar long form.svg [pjìdàuɴzṵ θàɴməda̯ mjəmà nàiɴŋàɴdɔ̀]
  3. ^ 大和総研
  4. ^ 原田正春・大野 徹編 「ビルマ語辞典」 日本ビルマ文化協会 1979 (1990改訂版)
  5. ^  http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/03/post-3571.php
  6. ^ Myanmar gets new flag, official name, anthem | Reuters (Thu Oct 21, 2010 9:25am EDT)
  7. ^ 乾隆帝による十全武功のひとつ。
  8. ^ 当時、ベンガル管区英語版1765年-1919年)にはベンガル地方メーガーラヤ州ビハール州オリッサ州が含まれていた。
  9. ^ 当時のアッサムには現在のメーガーラヤ州ナガランド州ミゾラム州アルナーチャル・プラデーシュ州が含まれていた。後に各州は分離され、北東部はマクマホンラインで知られる中国(北京政府)との係争地となり、1954年東北辺境地区英語版として分離され、1987年アルナーチャル・プラデーシュ州となった。
  10. ^ 後にBurma Socialist Partyになった。
  11. ^ Ka Kwe Ye means "defence" in Burmese, and is used as the name for regional defence forces. Smith, Martin (1991) Burma - Insurgency and the Politics of Ethnicity Zed Books, London, p. 221
  12. ^ a b Bertil Lintner. “The Golden Triangle Opium Trade: An Overview”. Asia Pacific Media Services, March 2000. 2009年1月6日閲覧。
  13. ^ ミャンマー新国旗を公表 市庁舎などで一斉付け替え”. MSN産経ニュース (2010年10月22日). 2011年1月9日閲覧。
  14. ^ ティン・チョー氏、ミャンマー大統領に正式就任”. 読売新聞. 2016年3月30日閲覧。
  15. ^ 『黄金色の光を放つ宗教』ミャンマー政府・情報省1997年刊
  16. ^ “ミャンマー中部で仏教徒とイスラム教徒が衝突、非常事態を宣言”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月22日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2935184/10478177 2013年3月24日閲覧。 
  17. ^ ミャンマーは民族浄化をしようとしている=国連当局者
  18. ^ アングル:膨張するロヒンギャ難民、無人島計画に救いはあるか ロイター通信(2017年9月20日)2017年10月4日閲覧
  19. ^ スー・チー氏は国連総会欠席へ ロヒンギャ問題で批判強まる 朝日新聞(2017年9月13日)2017年10月4日閲覧
  20. ^ “UN gains leverage over Myanmar”. Asia Times Online. (2009年7月15日). http://www.atimes.com/atimes/Southeast_Asia/KG15Ae01.html 2012年1月2日閲覧。 (英語)
    "I will be an ordinary citizen, a lay person, and my colleagues will too because it will be a civilian government."
  21. ^ 野党副議長の軟禁解除 ミャンマー軍政、7年ぶり”. MSN産経ニュース (2010年2月14日). 2011年1月9日閲覧。
  22. ^ 国連人権報告者が1年ぶりにミャンマー訪問”. MSN産経ニュース (2010年2月15日). 2011年1月9日閲覧。
  23. ^ ミャンマー新国旗を公表 市庁舎などで一斉付け替え”. MSN産経ニュース (2010年10月22日). 2011年1月9日閲覧。
  24. ^ スー・チーさん、民主化勢力の再結集訴え 解放後初演説 2010年11月15日]
  25. ^ “ミャンマー新政府が発足=軍政解散、「民政移管」完了”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月30日). http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201103300096.html 2011年4月3日閲覧。 
  26. ^ “ミャンマー新政府が発足 大統領就任、軍政に終止符”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110330/asi11033016100002-n1.htm 2011年4月3日閲覧。 
  27. ^ “「国の発展に協力」スー・チーさんと政権が共同声明”. 朝日新聞. (2011年8月12日). http://www.asahi.com/international/update/0812/TKY201108120547.html 2011年8月17日閲覧。 
  28. ^ “ミャンマーで政治犯釈放開始、民主化デモ指揮の僧侶も”. ロイター. (2011年10月12日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23585520111012 2011年10月13日閲覧。 
  29. ^ “スー・チーさん政党参加可能に ミャンマーで改正政党登録法が成立”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/111105/asi11110500550000-n1.htm 2011年11月7日閲覧。 
  30. ^ ミャンマー総選挙:立候補者名簿、届け出締め切り 毎日新聞 2010年8月31日
  31. ^ 最近のミャンマー政治情勢”. 在ミャンマー日本国大使館. 2012年1月2日閲覧。
    2010年11月には複数政党制民主主義制度に基づく総選挙を20年ぶりに実施した結果、連邦連帯開発党 (USDP) が連邦及び地方議会の双方で8割近くの議席を獲得して圧勝しました。
  32. ^ ミャンマー議会開幕 上下両院議長に退役将軍
  33. ^ スー・チーさんのNLD、40人当選と選管発表[リンク切れ](読売新聞 2012年4月2日)
  34. ^ 後発開発途上国”. 外務省 (2012年12月). 2014年10月4日閲覧。
  35. ^ Graeme Jenkins. Burmese junta profits from Chinese pipeline, Telegraph, 2008年1月14日(2010年6月20日閲覧)
  36. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月7日閲覧。
  37. ^ a b 工藤年博. “テイン・セイン政権の3年:改革の成果とポスト2015年 (PDF)”. 一般社団法人日本貿易会. 2016年4月27日閲覧。
  38. ^ CIA The World Factbook
  39. ^ “ミャンマー:「民政移管」 アジア最後のフロンティア、経済成長なるか”. 毎日新聞. (2011年2月7日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110207ddm012030048000c.html 2011年2月8日閲覧。 
  40. ^ “ミャンマー、外銀9行に免許 邦銀は最多の3行円借款や工業団地造成… 経済成長へ日本重視”. 日本経済新聞. (2014年10月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF01H18_R01C14A0EE8000/ 2014年10月25日閲覧。 
  41. ^ “【経済インサイド】ミャンマー銀行免許「日本完勝・韓国全敗」の凄まじき明暗の理由”. 夕刊フジ. (2014年10月22日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141022/frn1410221540006-n1.htm/ 2014年10月25日閲覧。 
  42. ^ 藤井厳喜「教科書が教えない歴史 ミャンマー、インドネシア独立に尽力した日本人に勲章」夕刊フジ 2014年2月26日
  43. ^ “ミャンマーに最先端スマートシティ 日本政府が全面協力、インフラ輸出促進”. 産経新聞. (2012年2月29日). オリジナル2012年2月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120301122623/http://sankei.jp.msn.com/world/news/120229/asi12022900590001-n1.htm 2015年8月25日閲覧。 
  44. ^ International Institute for Strategic Studies(IISS),The Military Balance 2008
  45. ^ “ミャンマー、核兵器開発に着手か=反軍政メディアが証拠放映”. 時事通信. (2010年6月4日). http://jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2010060400804 2010年6月5日閲覧。 
  46. ^ “Myanmar 'nuclear plans' exposed”. アル・ジャジーラ. (2010年6月4日). http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2010/06/2010642542469132.html 2010年6月5日閲覧。 
  47. ^ “【米公電流出】ミャンマーが秘密の地下核施設? 北朝鮮関与も”. 産経新聞. (2010年12月10日). http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101210/asi1012101256002-n1.htm 2010年12月11日閲覧。 
  48. ^ メルグイとも
  49. ^ “ミャンマーへの直行便を開設。成田=ヤンゴン線就航セレモニーレポート”. ANA NEWS. (2012年10月15日). http://www.ana-pr.jp/2012/10/1015/ 2012年10月15日閲覧。 
  50. ^ “月末から、毎日ミャンマーへの直行便 ANA”. ミャンマーニュース. (2013年9月3日). http://www.myanmar-news.asia/news_mKvE6OwFZ.html 2013年9月3日閲覧。 
  51. ^ “ミャンマー国際航空、茨城発着のチャーター便の運航計画を発表”. FlyTeam ニュース. (2013年10月31日). http://flyteam.jp/airline/myanmar-airways-international/news/article/28439 2013年10月31日閲覧。 
  52. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H0Y_Q4A830C1FF8000/
  53. ^ 英語版(en)の数値
  54. ^ 根本敬『物語 ビルマの歴史 王朝時代から現代まで』中央公論新社、2014年



ミャンマー

出典:『Wiktionary』 (2011/12/24 14:09 UTC 版)

固有名詞

  1. 東南アジアにある正式名称ミャンマー連邦旧称ビルマ首都ネピドーピンマナ郊外建設された都市、旧首都ヤンゴン旧称:ラングーン))

別表記

関連語

翻訳






ミャンマーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ミャンマー」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミャンマー」の関連用語

ミャンマーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

亜鉛ヘルビン

オーロラ

岩丸 平

常光寺境内の河内音頭

内藤國雄

ラリー・ペイジ

ビーノ

裏筋





ミャンマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミャンマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのミャンマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS