ヒンドゥー教とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > ヒンドゥー教の意味・解説 

ヒンドゥー教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/25 17:54 UTC 版)

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、ヒンディー語: हिन्दू धर्मサンスクリット語: सनातन धर्म)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教は、インドネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である[1]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 川崎信定著 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年
  2. ^ キリスト教徒・シク教徒、パールシー教徒・ジャイナ教徒・仏教徒など。少数派といっても一千万人以上、少なくとも数百万人の新教徒がいる。
  3. ^ 『インドを知る辞典』 22頁。
  4. ^ 現在の人口や国別統計は「Hinduism by country」を参照
  5. ^ 『インドを知る辞典』 25頁。
  6. ^ ルヌー, ルイ (1991), 『インド教』, 渡辺照宏・美田稔訳, 白水社, ISBN 4560057230 
  7. ^ 『インドを知る辞典』 23頁。
  8. ^ 『インドを知る辞典』 40頁。
  9. ^ 高島淳 シヴァ信仰の確立 ---シャイヴァ・シッダーンタと南インド
  10. ^ 『インドを知る辞典』 26頁。
  11. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 192頁。
  12. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 227頁。
  13. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 103頁。
  14. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』165-182ページ
  15. ^ a b c マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 pp.49-74.
  16. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 288頁。
  17. ^ 伊藤雅之 「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」 宗教研究 84(4), 1255-1256, 2011-03-30 日本宗教学会
  18. ^ 『インドを知る辞典』 27頁。
  19. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 73頁。
  20. ^ 『インドを知る辞典』 34頁。
  21. ^ 『インドを知る辞典』 36頁。
  22. ^ 『インドを知る辞典』 30頁。
  23. ^ 『インドを知る辞典』 41頁。
  24. ^ 『インドを知る辞典』 43-45頁。
  25. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 375頁。
  26. ^ 『インドを知る辞典』 23頁。
  27. ^ 『神話と芸能のインド』 71頁。
  28. ^ 『神話と芸能のインド』 91頁。
  29. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 308頁。
  30. ^ 『神話と芸能のインド』 66頁。
  31. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 124頁。
  32. ^ 『インド黄金街道』 71頁。
  33. ^ 『神話と芸能のインド』 133頁。


「ヒンドゥー教」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヒンドゥー教に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒンドゥー教」の関連用語

ヒンドゥー教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レモン・スイール

旭鷹西部幹線用水

横風注意

定点滞空飛行試験

オオタカ

ライズ

ATR

チェーン





ヒンドゥー教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンドゥー教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS