ヒンドゥー教とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > ヒンドゥー教の意味・解説 

ヒンドゥー教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/11 04:06 UTC 版)

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、ヒンディー語: हिन्दू धर्मサンスクリット語: सनातन धर्म)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教は、インドネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である[1]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 川崎信定著 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年
  2. ^ キリスト教徒・シク教徒、パールシー教徒・ジャイナ教徒・仏教徒など。少数派といっても一千万人以上、少なくとも数百万人の新教徒がいる。
  3. ^ 『インドを知る辞典』 22頁。
  4. ^ 現在の人口や国別統計は「Hinduism by country」を参照
  5. ^ 『インドを知る辞典』 25頁。
  6. ^ ルヌー, ルイ (1991), 『インド教』, 渡辺照宏・美田稔訳, 白水社, ISBN 4560057230 
  7. ^ 『インドを知る辞典』 23頁。
  8. ^ 『インドを知る辞典』 40頁。
  9. ^ 高島淳 シヴァ信仰の確立 ---シャイヴァ・シッダーンタと南インド
  10. ^ 『インドを知る辞典』 26頁。
  11. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 192頁。
  12. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 227頁。
  13. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 103頁。
  14. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』165-182ページ
  15. ^ a b c マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 pp.49-74.
  16. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 288頁。
  17. ^ 伊藤雅之 「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」 宗教研究 84(4), 1255-1256, 2011-03-30 日本宗教学会
  18. ^ 『インドを知る辞典』 27頁。
  19. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 73頁。
  20. ^ 『インドを知る辞典』 34頁。
  21. ^ 『インドを知る辞典』 36頁。
  22. ^ 『インドを知る辞典』 30頁。
  23. ^ 『インドを知る辞典』 41頁。
  24. ^ 『インドを知る辞典』 43-45頁。
  25. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 375頁。
  26. ^ 『インドを知る辞典』 23頁。
  27. ^ 『神話と芸能のインド』 71頁。
  28. ^ 『神話と芸能のインド』 91頁。
  29. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 308頁。
  30. ^ 『神話と芸能のインド』 66頁。
  31. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 124頁。
  32. ^ 『インド黄金街道』 71頁。
  33. ^ 『神話と芸能のインド』 133頁。


「ヒンドゥー教」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヒンドゥー教に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒンドゥー教」の関連用語

ヒンドゥー教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サタンオオカブト

天然石ブロック舗装

小西祥子

李 沂修

ストロング・グリップ

鉱塩

大石田町そばの里

山下池の水源の森





ヒンドゥー教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンドゥー教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS