六師外道とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 外道 > 六師外道の意味・解説 

ろくし げどう -げだう [4] 【六師外道】

〘仏〙 釈迦時代に中インドに出た六人の有力な思想家のこと。釈迦とともに当時の非バラモン系の思想を代表する無道徳論の富迦葉(ふらんなかしよう)宿命論自然論の末伽拘舎(まかりくしやり)懐疑論の刪闍耶毘羅胝子(さんじやびらていし)快楽主義唯物論の阿耆多翅舎欽婆羅(あぎたきしやきんばら,無因果論感覚主義迦羅迦旃延(からくだかせんねんジャイナ教開祖尼乾陀若提子(にけんだにやだいし)ニガンタ=ナータプッタ別称マハー=ビーラ)のこと。

六師外道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 09:12 UTC 版)

六師外道」(ろくしげどう)とは、ゴータマ・シッダッタとおよそ同時代のマガダ地方あたりで活躍した6人の思想家たちを、仏教の側から見て異端だと見なし、まとめて指すための呼称。






「六師外道」の続きの解説一覧





六師外道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

六師外道に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「六師外道」の関連用語

六師外道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MF100型

モジュラージャック

よこね田んぼ

ホウライヒメジ

リンキッド

菱文図大小鐔

E-2C

マダラヒメヤドカリ





六師外道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの六師外道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS