スリランカとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 島国 > スリランカの意味・解説 

スリランカ―光の王

作者中島らも

収載図書エキゾティカ
出版社双葉社
刊行年月1998.5


スリランカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/20 11:18 UTC 版)

スリランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家首都スリジャヤワルダナプラコッテ




スリランカ民主社会主義共和国
ශ්‍රී ලංකා ප්‍රජාතාන්ත්‍රික සමාජවාදී ජනරජය (シンハラ語)
இலங்கை சனநாயக சோஷலிசக் குடியரசு (タミル語)
スリランカの国旗 スリランカの国章
国旗 国章
国の標語:なし
国歌母なるスリランカ
スリランカの位置
公用語 シンハラ語タミル語 [注記 1]
首都 スリジャヤワルダナプラコッテ[注記 2]
最大の都市 コロンボ
政府
大統領 マイトリーパーラ・シリセーナ
首相 ラニル・ウィクラマシンハ
面積
総計 65,610km2119位
水面積率 1.3%
人口
総計(2012年 20,277,597人(57位
人口密度 323人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2013年 8兆5,616億[1]スリランカ・ルピー
GDP (MER)
合計(2013年 658億[1]ドル(70位
GDP (PPP)
合計(2013年 1,360億[1]ドル(64位
1人あたり 6,530[1]ドル
独立
 - 日付
イギリスより
1948年2月4日
通貨 スリランカ・ルピー (LKR)
時間帯 UTC (+5:30)(DST:なし)
ISO 3166-1 LK / LKA
ccTLD .lk
国際電話番号 94
  1. ^ 憲法上、「連結語」(link language) として英語が指定されている。
  2. ^ 旧首都はコロンボ
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, April 2014”. IMF (2014年4月). 2014年9月23日閲覧。
  2. ^ Census of Population and Housing 2011 Enumeration Stage February – March 2012 (PDF)”. Department of Census and Statistics – Sri Lanka. 2012年11月24日閲覧。
  3. ^ 木立順一著 救国論.p.75.メディアポート.ISBN 978-4865581089(2015)
  4. ^ a b c 荒井悦代 (2009年8月). “現地リポート スリランカ—内戦終結”. アジ研ワールド・トレンド 2009年8月号 (No.167). ジェトロ. 2013年5月28日閲覧。
  5. ^ Sri Lanka declares fall of rebel east, Tigers defiant” (英語). ロイター (2007年7月11日). 2013年3月27日閲覧。
  6. ^ a b 村田真一 (2011年). “スリランカ武力紛争の軍事的解決がもたらしたもの-大統領への集権化と民族問題の政治的解決の停滞という逆説-”. 外務省調査月報 2011/No.3. 外務省. 2013年5月27日閲覧。
  7. ^ 崎重雅英 (2012年12月). “内戦終結後の小売市場”. ジェトロセンサー 2012年12月号. ジェトロ. 2013年5月27日閲覧。
  8. ^ 高成長続くスリランカ~投資主導型成長がベンガル湾全域に拡大へ~”. 日本総研 (2012年6月22日). 2013年5月27日閲覧。
  9. ^ 前保健相が現職破り勝利 中国依存を「浅はかな外交」と脱却目指す”. 産経新聞 (2015年1月10日). 2015年1月10日閲覧。
  10. ^ a b スリランカ大統領にシリセナ氏 日・インドと関係強化へ”. 日経新聞 (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  11. ^ 第3章 IV.スリランカ民主社会主義共和国における調査 (PDF)”. 第10回参議院政府開発援助 (ODA) 調査派遣報告書. 参議院 (2013年12月). 2014年2月14日閲覧。
  12. ^ 荒井悦代 (2012年3月). “スリランカの内戦をめぐる中国とインド”. ジェトロ. 2013年3月18日閲覧。
  13. ^ 日本国外務省 スリランカの情報
  14. ^ 荒井悦代 (2010年6月). “スリランカ—内戦終結から1年”. ジェトロ. 2013年5月27日閲覧。
  15. ^ スリランカ軍が前参謀長を逮捕、1月大統領選の野党統一候補”. ロイター (2010年2月9日). 2013年5月27日閲覧。
  16. ^ The Constitution of Sri Lanka – Eighth Schedule”. Priu.gov.lk. 2011年7月17日閲覧。
  17. ^ The Constitution of Sri Lanka – First Schedule”. Priu.gov.lk. 2011年7月17日閲覧。
  18. ^ a b Provincial Councils”. The Official Website of the Government of Sri Lanka (2010年9月3日). 2011年7月17日閲覧。
  19. ^ Lanka heads for collision course with India: Report”. Indian Express (2011年6月12日). 2011年8月26日閲覧。
  20. ^ Accepting reality and building trust”. Jehan Perera. peace-srilanka.org (2010年9月14日). 2011年8月26日閲覧。
  21. ^ North-East merger illegal:SC”. LankaNewspapers.com (2006年10月17日). 2009年8月22日閲覧。
  22. ^ North East De-merger-At What Cost? Update No.107”. Hariharan, R.. southasiaanalysis.org (2010年10月19日). 2011年8月26日閲覧。
  23. ^ District Secretariats Portal”. District an Divisional Secretariats. 2011年8月26日閲覧。
  24. ^ 評価調査結果要約表”. JICA. 2013年6月15日閲覧。
  25. ^ List of Codes for the Administrative Divisions of Sri Lanka 2001 (PDF)”. Department of Census and Statistics. p. 3. 2011年8月26日閲覧。
  26. ^ Commonwealth Secretariat英語版 (2004). Commonwealth Local Government Handbook. London. p. 146. ISBN 978-0-9542917-9-2. 
  27. ^ Dilesh Jayanntha (2006). Electoral Allegiance in Sri Lanka. London: ケンブリッジ大学出版局. pp. 82–85. ISBN 978-0-521-02975-9. 
  28. ^ World Gazetteer online”. World-gazetteer.com. 2011年9月21日閲覧。
  29. ^ Echoes of a Plantation Economy”. historyofceylontea.com. 2011年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月8日閲覧。
  30. ^ The Strategic Importance of Sri Lanka to Australia”. asiapacificdefencereporter.com. 2012年12月8日閲覧。
  31. ^ Sri Lanka – an Overview”. Fulbright commission. 2012年12月8日閲覧。
  32. ^ a b c d e f Annual Report 2010”. Ministry of Finance – Sri Lanka (2011年). 2012年12月8日閲覧。
  33. ^ Country Partnership Strategy (PDF)”. アジア開発銀行. p. 1 (2008年10月). 2012年12月8日閲覧。
  34. ^ 65th Independence Day of India celebrates in Sri Lanka”. InfoLanaka (2011年8月). 2012年12月8日閲覧。
  35. ^ Western Province share of national GDP falling: CB”. Sunday Times (2011年7月17日). 2012年12月8日閲覧。
  36. ^ Sri Lanka's Northern province has recorded the highest GDP growth rate of 22.9 per cent last year”. Asian Tribune英語版 (2011年7月18日). 2012年12月8日閲覧。
  37. ^ Per capita income has doubled”. tops.lk (2011年5月). 2012年12月8日閲覧。
  38. ^ Inequality drops with poverty”. Department of Census and Statistics. p. 3. 2012年12月8日閲覧。
  39. ^ Saarc: Sri Lanka Takes a Lead”. voicendata.ciol.com (2011年8月31日). 2012年12月8日閲覧。
  40. ^ Schwab, Klaus (2011). The Global Competitiveness Report 2011–2012. World Economic Forum. pp. 326–327. http://www3.weforum.org/docs/WEF_GCR_Report_2011-12.pdf 2012年12月8日閲覧。. 
  41. ^ “The 31 Places to Go in 2010”. The New York Times. (2010年1月24日). http://www.nytimes.com/2010/01/10/travel/10places.html 
  42. ^ Joe Weisenthal (2011年2月22日). “3G Countries”. Businessinsider.com. 2012年12月8日閲覧。
  43. ^ Explaining HDI value and rank changes in Human Development Report 2010”. UNDP. p. 2. 2012年12月8日閲覧。
  44. ^ Poverty in Asia and the Pacific: An Update (PDF)”. アジア開発銀行 (2011年11月). 2012年12月8日閲覧。
  45. ^ Malnutrition: The situation”. UNICEF. 2012年12月8日閲覧。
  46. ^ “Sri Lanka dengue eradication push”. BBC. (2009年7月9日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8138917.stm 
  47. ^ Tackling Non-Communicable Diseases in Sri Lanka”. 世界銀行. 2012年12月8日閲覧。
  48. ^ KDDI衛星通信サイト イリジウム衛星携帯電話
  49. ^ About us - Overview”. スリランカ鉄道局英語版 (2011年9月27日). 2012年12月7日閲覧。
  50. ^ Population growth (annual %)”. 世界銀行. 2006年8月12日閲覧。
  51. ^ Annual Report 2010 (PDF)”. Ministry of Finance – Sri Lanka (2011年). 2011年9月1日閲覧。
  52. ^ A2 : Population by ethnic group according to districts, 2012” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局. 2013年1月19日閲覧。
  53. ^ Sri Lanka Census of Population and Housing, 2011 - Population by Religion”. Department of Census and Statistics, Sri Lanka (2012年4月20日). 2012年11月3日閲覧。
  54. ^ Sri Lankan culture and history”. reddottours.com. 2012年11月22日閲覧。
  55. ^ a b Pre-Colonial Sri Lankan History”. panix.com. 2012年11月22日閲覧。
  56. ^ a b c Nubin 2002, p. 94
  57. ^ Nubin 2002, p. 97
  58. ^ Jayakody, Padmini. Simply Sri Lankan. オーストラリア: Lulu.com. p. 3. ISBN 978-1-4092-1942-2. 
  59. ^ Wickremeratne, Swarna (2006). Buddha in Sri Lanka: remembered yesterdays. Suny Press. p. 31. ISBN 978-0-7914-6881-4. 
  60. ^ Dassanayake, M. B. (1970). The Kandy Esala perahera: Asia's most spectacular pageant. コロンボ: Lake House Bookshop. p. 7. 
  61. ^ a b Annual Report 2010”. Ministry of Finance – Sri Lanka (2011年). 2012年11月21日閲覧。
  62. ^ Gunawardena, Chandra (1997). “Problems of Illiteracy in a Literate Developing Society: Sri Lanka”. International Review of Education 43 (5/6): 595–609. doi:10.1023/A:1003010726149. JSTOR 3445068. 
  63. ^ Sri Lanka – literacy rate”. indexmundi.com. 2012年11月21日閲覧。
  64. ^ Govt targets 75 % computer literacy rate by 2016”. The Daily News. 2012年11月21日閲覧。
  65. ^ Sri Lanka – Statistics”. UNICEF. 2012年11月21日閲覧。
  66. ^ De Silva, K.M. (1981). A Short History of Sri Lanka. Los Angeles: カリフォルニア大学出版英語版. p. 472. ISBN 0-520-04320-0. 
  67. ^ a b Honouring the Father of Free Education”. The Daily News. 2013年5月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月15日閲覧。
  68. ^ Who was "Father" of free education in Sri Lanka?: C.W.W. Kannangara or A. Ratnayake?”. Trans Currents. 2012年11月21日閲覧。
  69. ^ Education: Traditional and Colonial Systems”. Library of Congress Country Studies英語版. 2012年11月21日閲覧。
  70. ^ Sri Lanka University Statistics 2010”. University Grants Commission英語版. p. 3. 2012年11月21日閲覧。
  71. ^ Facing Global and Local Challenges: The New Dynamics for Higher Education – Sri Lanka Country Report”. UNESCO. pp. 3–4. 2012年11月21日閲覧。
  72. ^ Educational Indicators 1980–2009”. University Grants Commission英語版. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。
  73. ^ 祝祭日 - スリランカ”. ジェトロ (2013年1月11日). 2013年2月4日閲覧。
  74. ^ Bank Holidays, Public Holidays & Full Moon Poya Days - 2013 (PDF)” (英語). スリランカ行政・総務省 (2013年). 2013年2月4日閲覧。


「スリランカ」の続きの解説一覧

スリランカ

出典:『Wiktionary』 (2011/05/10 15:30 UTC 版)

固有名詞

  1. インド半島先端から東方インド洋上にある島国正式名称スリランカ民主社会主義共和国旧称セイロン首都スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ。旧首都コロンボ公用語シンハラ語およびタミル語で、「連結語」は英語

翻訳






スリランカと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スリランカに関連した本

「スリランカ」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スリランカ」の関連用語

スリランカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

S001

美濃和紙

ユングフラウヨッホ

東照宮

三柱鳥居

カシミヤ

FLASHWAVE 7500 光波長分岐挿入システム

Jaguar XF





スリランカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスリランカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスリランカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS