貧血とは?

ひん けつ [0] 【貧血】

血液中の赤血球数または血色素量正常値以下に減少した状態。鉄分ビタミン欠乏造血器官疾患失血など種々の原因によって起こる。顔色が悪くなり,頭痛耳鳴り・めまい・動悸息切れ倦怠などを呈する
ある部分流入する動脈性の血液量が減少した状態。血管運動神経の調節障害考えられている。脳貧血はこの一種。またショック時には四肢の貧血が起こる。

貧血 ( amemia )

赤血球中の血色素(=ヘモグロビン)の量が正常な値以下に低下した状態のことをいいます。貧血の多くは、血色素原料となる鉄分生産障害で起こる「鉄欠乏性貧血」です。この場合赤血球1個あたりの含有量少なくなって血球小型化するため、「小球性低色素性貧血」と診断されます。とくに思春期以降女性多く発生します。しかし、貧血にはそれ以外にも、赤血球合成の障害によって起こる「鉄芽球性貧血」、造血ビタミンともいわれるビタミンB12葉酸欠乏によって起こる「巨赤芽球性貧血」、赤血球破壊されて起こる「溶血性貧血」、骨髄での赤血球系・白血球系・血小板いずれの機能障害されて起こる「再生不良性貧血」などもあります再生不良性貧血白血球減少によって感染しやすくなり、血小板減少によって出血しやすくなるなど、難病1つとされています。貧血は酸素体内運搬している赤血球減少する病気なので、貧血になると疲れやすくなったり(全身倦怠感)、息切れ集中力減退胸が締め付けられるような息苦しさ狭心症症状)が出ます。また、血液量の減少から顔面蒼白起立性低血圧などの症状が出ることもあります。貧血が疑われたときは、まず(1)赤血球数RBC)、(2)血色素量Hb)、(3)ヘマトクリット値Ht)が測定され、これらの値から(4)平均赤血球恒数算定されます。その他、(5)網赤血球数、(6)血小板数、(7)白血球数、(8)血清鉄総鉄結合能血清フェリチン値、(9)血清ビタミンB12、(10)その他(血清ビリルビン値/血清LDH)などが計測されたあと、貧血の種類進行程度などが総合的判定されます。貧血では肝炎腎臓病、また白血病悪性腫瘍(がん)などのような原病の治療を除くと、一般に(1)支持療法呼ばれる治療法と、(2)特異的治療法呼ばれる治療法が行われます。支持療法でもっともよく行われるのは赤血球輸血です。また、骨髄腫瘍のある疾患場合血小板輸血が行われます。さらに、感染防止のために抗生物質投与G-CSFコロニー刺激因子)などが投与されるケース少なくありません。一方、どのタイプの貧血かが確かめられたあとに、それぞれの貧血に対応した薬剤による治療開始されます。このような治療法特異的治療法といいます。

貧血 (ひんけつ)

妊娠全期間を通して、約3割の人は貧血になると言われています。そして妊婦さんの貧血の9割は「鉄欠乏性貧血」。血液中の赤血球中にあるヘモグロビン少なくなった状態で、いってみれば血液薄くなるのです。

貧血

Anemia

【概要】 一定量血液あたりの赤血球数が異常に少ないこと。実際にヘモグロビンという血色素濃度が、血液1デシリットルあたり12グラム以下のものをいう。9グラムまでは軽度、6グラムまでは中等度、それ以下は高度と便宜的分ける。 

【原因】 原因は非常に多く材料不足、製造工場(=骨髄)の造血能力低下赤血球破壊増加(=溶血など)、過剰出血などが単独あるいは複合している。(1)造血幹細胞へのHIV感染により、赤血球元になる赤芽球減少。(2)造血環境作る間質細胞の異常。(3)薬物(AZTST合剤抗癌剤など)による造血抑制。(4)自己抗体。(5)出血。  

対策】 ジワジワ進むので体が慣れ大半の貧血は放置する。(1)抗HIV薬がよくきくと改善する例がある。(2)高度の貧血には輸血を行う。(3)造血ホルモンであるエリスロポエチンは有効であるが、日本では血液透析腹膜透析療法腎不全しか保険適応がとれていない

《参照》 血液検査骨髄赤血球エリスロポエチン


貧血

【仮名】ひんけつ
原文anemia

赤血球の数が正常値より下回った状態。

貧血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/27 14:40 UTC 版)

貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが[1]、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる[2]


  1. ^ a b c 浅野『三輪血液病学』p952
  2. ^ a b c 小川『内科学書』 p64
  3. ^ 杉本『内科学』pp1602
  4. ^ 中尾『血液診療エキスパート・貧血』p2
  5. ^ a b c 小川『内科学書』 p64-66
  6. ^ a b 浅野『三輪血液病学』p955
  7. ^ 浅野『三輪血液病学』p958-959
  8. ^ 友杉 直久 2.ヘプシジンの発見とその後の発展  日本内科学会雑誌Vol. 99 (2010) No. 6 p. 1180-1187
  9. ^ 島崎敬一「ミルクのラクトフェリン」、『乳業技術』第51巻、日本乳業技術協会、2001年、 1-21頁、 ISSN 13417878NAID 40005107444
  10. ^ 金完燮、島崎敬一 「ラクトフェリンと微生物の攻防 その多様性」『ラクトフェリン2007 :ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ』 第2回ラクトフェリンフォーラム実行委員会編、日本医学館、東京、2007年、9-17頁。ISBN 978-4-89044-632-2


「貧血」の続きの解説一覧





貧血と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

貧血に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「貧血」の関連用語

貧血のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

S002

石見畳ヶ浦磯のかおり

赤目四十八滝

ULYSSES XB12X

エゾマツ

デオ600系

XL883N

5GHz帯無線アクセスシステム





貧血のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
e-血液.come-血液.com
Copyright 2017(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2017 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貧血 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS