繊維とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 繊維 > 繊維の意味・解説 

せん い -ゐ [1] 【繊維】

微細糸状物質動物体を構成する神経繊維筋繊維弾性繊維植物体を構成する靭皮(じんぴ)繊維などがあり,鉱物繊維石綿いしわたがある。また,人工的にも合成される。植物繊維多く紡績繊維や紙などの原料となる。 〔医学関係では「線維」の字を用いる〕


線維、繊維

【仮名】せんい
原文fiber

食物成分では、果実野菜豆類全粒穀物などの消化できない成分のこと。食物線維の摂取が、がんの予防に有効となる可能性がある。身体の成分では、筋線維神経線維など、糸状長い細胞構成される組織のことを指す。

繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/18 23:58 UTC 版)

繊維(せんい、: fibre: fiber)は、動物皮革植物などから得られる自然に伸びた、または人工的に伸ばされた細くしなやかで凝集性のある紐状の素材のことである。現在では化学などの技術によって人工的に作られたものも数多い。




「繊維」の続きの解説一覧

繊維

出典:『Wiktionary』 (2010/09/09 09:45 UTC 版)

名詞

(せんい)

  1. 糸状の細い構造を持った素材原料は、植物動物鉱物、そして化学合成よるものがある。衣類、その他多く製品原料
  2. 生体組織における糸状構造線維のこと。

関連語

翻訳






繊維と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

繊維に関連した本

「繊維」に関係したコラム

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「繊維」の関連用語

繊維のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イタリア・ワイン

FOMA F905i

Wireless Mobile Mouse 3500 Artist Edition

団琢磨

長霊癋見

pH

シートベルトカッター

馬瀬黒石水源の森





繊維のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの繊維 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの繊維 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS