釣り糸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 釣り糸の意味・解説 

つり いと [0] 【釣(り)糸】

釣り針むすびつけを釣るのに用いる糸。現在はナイロン・テトロンなどの合成繊維を用いるが,以前はてぐすを使った。太さ0.1号か150号の太いものまで種々ある。 「 -を垂れる」

釣り糸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/21 21:47 UTC 版)

釣り糸 (つりいと) とは、釣りに使われる細い糸のこと。釣り竿リール側に付いている比較的太目の釣り糸を「道糸」(または英語読みのままで「ライン」)、針側の細めの糸を「ハリス(鉤素)」と呼び区別するのが一般的である。


  1. ^ 「フィッシングノット事典」 丸橋英三 1999年 地球丸 ISBN 4925020544


「釣り糸」の続きの解説一覧





釣り糸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「釣り糸」の関連用語

釣り糸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

そろばん型

岩田 一

伊豆野堰

桑こき機

加藤一二三

恐山

docomo STYLE series SH-02B

ティモシー





釣り糸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釣り糸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS