摂取とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 摂取の意味・解説 

せっ しゅ [1] 【摂取】

( 名 ) スル
外部から取り入れ自分ものとすること。 「栄養のあるものを-する」 「海外文化の-」
〘仏〙 仏,特に阿弥陀仏慈悲の力によって衆生(しゆじよう)受け入れて救うこと。


おくし・せっしゅ 【抑止・摂取】

仏教教義の語。抑止は〈抑え止める〉こと、摂取は〈摂め取る〉ことで、仏が、衆生犯しそうな悪をあらかじめ抑えるのが抑止、すでに犯した悪を許容してくれるのが摂取。その教えを抑止門・摂取門ともいう。弥陀第十八願に「五逆正法誹謗するものを除く」とあるのは、すでに犯したものは摂取し、まだ犯してないものは抑止しておく、との意味があるという。なお摂取は摂取不捨(摂取して捨てず)・摂取照護(摂取し照らし護る)などの語としても用いられる。

摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/07 13:25 UTC 版)

摂取(せっしゅ)とは生物が物質を食べたり、飲んだり、吸い込むなどして体内に吸収すること。




「摂取」の続きの解説一覧

摂取

出典:『Wiktionary』 (2009/03/16 08:32 UTC 版)

名詞

せっしゅ

  1. 何かを取り入れること。

動詞

活用

サ行変格活用
摂取-する





摂取と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

摂取に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「摂取」の関連用語

摂取のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鉄葎

ブリュースター沸石

青皮竹

イセエビ

ピーター・ノートン

合わせ包み

前腕の骨

マシェット





摂取のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの摂取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの摂取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS