ホテルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 宿泊施設 > ホテルの意味・解説 

ホテル [1] 【hotel】


ほ て・る [2] 【火照る・熱る】

( 動五[四] )
顔や体が熱くなる。また,そのよう感じる。 「顔が-・る」 「足が-・る」 「恥ずかしくて耳まで-・る」

火照る

読み方:ホテル(hoteru)

顔や体などがあつくなる


【ホテル】(ほてる)

ゴルフ級の後継として開発された、旧ソ連初の弾道ミサイル搭載原子力潜水艦SSBN)。
NATOコードでは「ホテル級hotel)」だが、旧ソ連海軍では「プロジェクト658/658M/658T/701型」と呼ばれている。
1960年から1962年にかけて8隻が就役したが、現在はすべて退役している。

船体構造は複殻式で、船内区画10区画から構成され、船体形状水中高速考慮しているがまだ魚雷ではなく、潜舵は艦首水線引き込み式であった。
弾道ミサイル発射筒はセイル後部に3基収められている。
しかし、搭載されたR-13(SS-N-4サーク」)SLBMは、射程が約600kmと短く、また、浮上状態でなければ発射できないという欠点を持っていた。

そのためミサイル水中発射可能のR-21(SS-N-5サーブ」)に換装したプロジェクト658M(ホテルII)へと改造された。
また、ホテルII型のうち1隻(K-145)が実験艦として船体延長し、セイル大型化して試験的にR-29(SS-N-8「ソーフライ」)SLBMを6基搭載する改造が行われ、プロジェクト701(ホテルIII)となった。
この他、1970年代にはK-55、K-178の2隻が第658T計画により、弾道ミサイル撤去して攻撃原潜となり、K-19、K-40の2隻は、通信特務潜水艦(SSQN)に改造され、艦番号KS-19、KS-40と改めた。

なお、本級は原子炉冷却システム欠陥をかかえていた上に、危険な液体燃料弾道ミサイル搭載していたため、ソ連潜水艦中でも最も危険なクラス属する。
また、ホテルⅠ型の1隻である「K-19」は原子炉冷却水漏れ米原潜との衝突事故火災といった様々な深刻な事故経験したことで知られ、「ヒロシマ」という仇名付けられたという。

スペックデータ

乗員104
船型
全長114m
全幅9.2m
喫水7m
排水量
水上/水中
4,040t/5,300t
予備浮力24.1%
速力
水上/水中
15kt/26kt
機関原子力ギアードタービン
VM-A 加圧水型原子炉×2基
60-DM減速蒸気タービン×2基
M-820ディーゼル発電機×2基
PG-116二次推進モーター×2基
プロペラ6翼2軸推進
出力30,000馬力
潜行深度
(安全/最大
250m/300m
兵装533mm魚雷発射管×4門、400mm魚雷発射管×2基(魚雷16発)
D-2ミサイルシステム(Ⅰ型)
R-13(SS-N-4「サーク」)SLBM×3基)
D-4ミサイルシステム(型)
R-21(SS-N-5「サーブ」)SLBM×3基)
R-29(SS-N-8「ソーフライ」)SLBM発射×3基(型)

同型艦

番号艦名造船所起工進水就役退役備考
K-19
KS-19
セヴマシュ1958.10.171959.10.111960.11.121990.
K-33セヴマシュ1959.2.91960.8.61960.12.241987.
K-55セヴマシュ1959.8.51960.9.181960.12.271989.
K-40
→KS-40
セヴマシュ1959.12.61961.6.181961.12.271987.
K-16セヴマシュ1960.5.51961.7.311961.12.281987.
K-145セヴマシュ1961.1.211962.5.301962.10.311989.ホテルII改装
K-149セヴマシュ1961.4.121962.7.201962.10.271991.
K-178セヴマシュ1961.9.111962.4.11962.12.81990.

ホテル

作者陽山鉄平

収載図書したたかな野獣
出版社近代映画社
刊行年月1986.10
シリーズ名ポケットロマン


ホテル

作者伊佐山ひろ子

収載図書排・卵周・期
出版社マガジンハウス
刊行年月1991.6


ホテル

作者グレアム・スウィフト

収載図書むずかしい愛―現代英米愛の小説
出版社朝日新聞社
刊行年月1999.9


ホテル

作者平山夢明

収載図書怖い本 4
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


ホテル

作者高田映介

収載図書日曜日の光
出版社文芸社
刊行年月2004.5


ホテル 宿泊施設 Hotel/Accommodation

ホテル (画像をクリックすると拡大します)  

ホテル

読み方:ほてる

  1. 地下道。〔一般犯罪
  2. 地下道のこと。

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/16 18:22 UTC 版)

ホテル: hotel[注 1])とは、主にビジネス目的の出張者や観光目的の旅行者のための宿泊施設。語源はラテン語の「ホスピタリア」であり、無償の接待部屋という意味。大型のホテルでは、結婚式場プールなどの設備を備える。




[ヘルプ]



ホテル

出典:『Wiktionary』 (2011/05/16 10:34 UTC 版)

名詞

  1. 洋式旅館

語源

英語:hotel






ホテルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホテル」の関連用語

ホテルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野戦砲

ファイティングドラゴン

あすか

ダイブブレーキ

ポストストール機動

空挺降下

ブルーインパルス

トレイル





ホテルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのホテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS