脂質とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 脂質 > 脂質の意味・解説 

し しつ [1] 【脂質】

生物体内存在して,不溶有機溶媒可溶有機化合物総称脂肪酸各種アルコールとのエステルである単純脂質中性脂肪あるいは油脂(ろう)),脂肪酸・アルコール・リン酸・糖などから成る複合脂質リン脂質糖脂質など),および以上二者加水分解生成物不溶物質脂肪酸・高級アルコール・ステロールなど)やテルペン脂溶性ビタミンなどの誘導脂質分類される。リピド

脂質

英訳・(英)同義/類義語:lipid, Fat

脂肪酸エステル総称グリセロールエステル結合したグリセロ脂質や、スフィンゴシン結合したスフィンゴ脂質など。体内におけるエネルギー貯蔵物質として使われるほか、細胞膜構成成分となる。

脂質

糖質と同様エネルギー源となる栄養素です。

脂肪

読み方:しぼう
別名:脂質

炭水化物たんぱく質と並ぶ三大栄養素のひとつ。体内エネルギー源として、あるいは細胞膜構成する成分生理活性物質として働く。

 生体成分のうち、溶けない物質をいい、体内では水分次に多く含まれています。炭水化物たんぱく質と並ぶ、三大栄養素のひとつです。中性脂肪などの単純脂質リン脂質リポたんぱく質などの複合脂質脂肪酸コレステロールなどを含むステロイドなどの誘導脂質大きく分けられます。
 食物から体内取り入れた脂質は、主に小腸消化されます。脂質の種類ごとに複雑な過程経て取り込まれ、効率良いエネルギー源として使われるほか、各種生理活性物質原料となるなどさまざまな役割を果たしています。
 余った脂質は、中性脂肪として体内蓄えられますが、多く摂り過ぎれば肥満招き生活習慣病原因となります。


脂質

【仮名】ししつ
原文lipid

脂肪のこと。

脂質 [Lipid]

 タンパク質多糖質とならんで生体構成する重要な物質群で、一般に不溶脂肪溶剤(エーテルベンゼンクロロホルムなど)に溶け、加水分解によって脂肪酸遊離し、さらに生物利用される物質であるが、石油分解・利用する細菌存在するので、分子中に長鎖脂肪酸または類似した炭化水素鎖をもち、生物体に存在するか生物由来物質を脂質という。脂質は大きく単純脂質複合脂質、それらの誘導体(不溶加水分解産物)に分けられる。単純脂質であるトリアシルグリセロール(グリセロール脂肪酸エステル)は動物脂肪組織多く複合脂質、たとえばリン脂質生体膜(細胞質膜)の重要な構成成分である。広い意味ではステロイドカロテノイドテルペノイドも脂質に含めることもある。
近年、脂質生化学発展ともなって生物にとって重要な複合脂質であるリポ多糖リポタンパク質あるいは糖脂質など重要性解明されつつある。

脂質(ししつ)


脂質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/12 05:05 UTC 版)

脂質(ししつ、: lipid, lipide[1][2][3])は、生物から単離されるに溶けない物質を総称したものである[4]。特定の化学的、構造的性質ではなく、溶解度によって定義される。




  1. ^
    Sean Francis O'keefe(2008)
    2008年発行のFood Lipidsにおいて、
    1. 脂質の厳密な定義は存在していない。
    としている。[5]
  2. ^
    W. R. Bloor(1925)
    1925年に W・R・ブルーア[6] (Walter Ray Bloor) によって以下の生化学的脂質の定義がなされている。[7]
    1. 水に不溶、ただしエーテルベンゼンなど有機溶媒に溶ける
    2. 加水分解により脂肪酸を遊離する
    3. 生物体により利用される
  3. ^
    Morris Kates(1986)
    1986年出版の"Techniques of Lipidology: Isolation, Analysis and Identification of Lipids"にて次のように記載している。[8]
    1. 水に溶けない
    2. クロロホルム、エーテル、ベンゼンなどの有機溶媒に溶ける
    3. 分子内に長鎖の炭化水素鎖を含む
    4. 生物由来
  4. ^
    マッキー 生化学(2010)
    脂質という言葉は、構造的定義というより操作的な定義であり
    1. 水には不溶
    2. エーテル、クロロホルム、アセトンといった非極性溶媒に可溶
    3. 生物由来の物質
    としている。[9]
  1. ^ The Adrenocortical Hormones Their Origin - Chemistry Physiology and Pharmacology. Springer. (1962). pp. 49. https://books.google.co.jp/books?id=BLXoCAAAQBAJ&pg=PA49. 
  2. ^ NORMAN K. FREEMAN,. FRANK T. LINDGREN,. YOOK C. NG,t. AND ALEX v. NICHOLS. SERUM LIPIDE ANALYSIS. BY CHROMATOGRAPHY. AND INFRARED. SPECTROPHOTOMETRY
  3. ^ FOLCH J, ASCOLI I, LEES M, MEATH JA, LeBARON N. PREPARATION OF LIPIDE EXTRACTS FROM BRAIN TISSUE
  4. ^ a b IUPAC Gold Book - lipids”. IUPAC. Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book"). Blackwell Scientific Publications, Oxford (2014年2月). doi:10.1351/goldbook.L03571. 2016年5月30日閲覧。
  5. ^ Casimir C. Akoh; David B. Min (17 March 2008). Food Lipids: Chemistry, Nutrition, and Biotechnology, Third Edition. CRC Press. pp. 4-3. ISBN 978-1-4200-4664-9. http://books.google.com/books?id=sPglndmgXU8C&pg=PA4. 
  6. ^ 平凡社 世界大百科事典 第2版 「脂質」
  7. ^ Bloor, W. R. "Biochemistry of the Fats". Chem. Rev. 1925, 2, 243–300. DOI: 10.1021/cr60006a003.
  8. ^ Casimir C. Akoh; David B. Min (17 March 2008). Food Lipids: Chemistry, Nutrition, and Biotechnology, Third Edition. CRC Press. pp. 4-3. ISBN 978-1-4200-4664-9. http://books.google.com/books?id=sPglndmgXU8C&pg=PA4. 
  9. ^ Trudy McKee; James R. McKee (March 2010). マッキー生化学: 分子から解き明かす生命. 化学同人. pp. 344. ISBN 978-4-7598-1190-2. http://books.google.com/books?id=oaqca3PMlmYC&pg=PA344. 
  10. ^ a b “A comprehensive classification system for lipids”. The Journal of Lipid Research 46: 839-862. (Feb 2005). doi:10.1194/jlr.E400004-JLR200. http://www.jlr.org/content/46/5/839.long. 
  11. ^ Walter Ray Bloor (1943). Biochemistry of the fatty acids and their compounds, the lipids. Reinhold Publishing Corporation. http://books.google.com/books?id=k448AAAAIAAJ. 
  12. ^ Casimir C. Akoh; David B. Min (17 March 2008). Food Lipids: Chemistry, Nutrition, and Biotechnology, Third Edition. CRC Press. pp. 126–127. ISBN 978-1-4200-4664-9. http://books.google.com/books?id=sPglndmgXU8C&pg=PA126. 
  13. ^ Michael J. Gibney; Susan A. Lanham-New; Aedin Cassidy; Hester H. Vorster (14 March 2013). Introduction to Human Nutrition. John Wiley & Sons. pp. 188,Table 6.1. ISBN 978-1-118-68470-2. http://books.google.com/books?id=Pn7J9JbE4g0C&pg=PT188. 
  14. ^ a b H.-D. Belitz; Werner Grosch; Peter Schieberle (15 January 2009). Food Chemistry. Springer Science & Business Media. pp. 158. ISBN 978-3-540-69933-0. http://books.google.com/books?id=xteiARU46SQC&pg=PA158. 
  15. ^ Zvi Cohen (27 May 1999). Chemicals from Microalgae. CRC Press. pp. 114. ISBN 978-0-7484-0515-2. http://books.google.com/books?id=XuMVxsnVUR4C&pg=PA114. 
  16. ^ Xianlin Han (6 April 2016). Lipidomics: Comprehensive Mass Spectrometry of Lipids. Wiley. pp. 55. ISBN 978-1-119-08527-0. http://books.google.com/books?id=xY3nCwAAQBAJ&pg=PT55. 
  17. ^ I. Mikšík; F. Tagliaro; E. Tesarová; Z. Deyl (28 September 1998). Advanced Chromatographic and Electromigration Methods in BioSciences. Elsevier. pp. 372–373. ISBN 978-0-08-085868-5. http://books.google.com/books?id=dEyP_f6mRN8C&pg=PA372. 
  18. ^ Casimir C. Akoh; David B. Min (17 March 2008). Food Lipids: Chemistry, Nutrition, and Biotechnology, Third Edition. CRC Press. pp. 4-3. ISBN 978-1-4200-4664-9. http://books.google.com/books?id=sPglndmgXU8C&pg=PA4. 
  19. ^ ライフサイエンス基礎生化学. 化学同人. (1987). pp. 213. ISBN 978-4-7598-0158-3. http://books.google.com/books?id=h2XzWKqUYGUC&pg=PA213. 
  20. ^ H. Stephen Stoker (1 January 2015). General, Organic, and Biological Chemistry. Cengage Learning. pp. 691–692. ISBN 978-1-305-68618-2. http://books.google.com/books?id=IBGdBQAAQBAJ&pg=PA691. 
  21. ^ Lipid classification system”. LIPID MAPS. 2016年6月1日閲覧。


「脂質」の続きの解説一覧





脂質と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脂質」の関連用語

脂質のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

俵藤太の百足退治

白山

呼吸保護具

横断歩道

シルバークイーン

膝関節

東西線50系車両

9600





脂質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2017 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2017 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脂質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS