筋肉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 器官 > 筋肉の意味・解説 

きん にく [1] 【筋肉】

収縮弛緩(しかん)によって動物の体を運動させる器官原生動物中生動物海綿動物を除くすべての動物存在する。高等動物ではいわゆる肉となる。脊椎動物では横紋筋骨格筋)・心筋平滑筋内臓筋)に大別される。

すじ にく すぢ- 【筋肉】

牛肉豚肉などで,筋が集まっているところの肉。
「筋肉」に似た言葉
  腕力


筋組織

同義/類義語:筋, 筋肉
英訳・(英)同義/類義語:muscle tissue, muscular tissue

動物組織で、筋肉から成る組織横紋筋平滑筋がある。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  筋原繊維  筋束  筋紡錘  筋組織  筋繊維  筋膜  管状神経系

筋肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/30 12:38 UTC 版)

筋肉(きんにく、羅: musculus; 独: Muskel; 仏, 英: muscle)は、動物の持つ組織のひとつで、収縮することにより力を発生させる、代表的な運動器官である[1]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 生化学辞典第2版、p.357 【筋肉】
  2. ^ a b 生化学辞典第2版、p.357 【筋(肉)タンパク質】
  3. ^ Alfred Carey Carpenter (2007年). “Muscle”. Anatomy Words. 2012年10月3日閲覧。
  4. ^ Douglas Harper (2012年). “Muscle”. Online Etymology Dictionary. 2012年10月3日閲覧。
  5. ^ a b 生化学辞典第2版、p.729 【赤筋】
  6. ^ a b 生化学辞典第2版、p.995 【白筋】
  7. ^ a b 新たな乳酸の見方、八田 秀雄、学術の動向、Vol. 11 (2006) No. 10
  8. ^ Larsson, L; Edström, L; Lindegren, B; Gorza, L; Schiaffino, S (July 1991). “MHC composition and enzyme-histochemical and physiological properties of a novel fast-twitch motor unit type”. The American Journal of Physiology 261 (1 pt 1): C93–101. PMID 1858863. http://ajpcell.physiology.org/cgi/reprint/261/1/C93 2006年6月11日閲覧。. 
  9. ^ a b McCloud, Aaron (2011年11月30日). “Build Fast Twitch Muscle Fibers”. Complete Strength Training. 2011年11月30日閲覧。
  10. ^ a b c 生化学辞典第2版、p.496 【骨格筋】
  11. ^ Marieb, EN; Hoehn, Katja (2010). Human Anatomy & Physiology (8th ed.). San Francisco: Benjamin Cummings. p. 312. ISBN 978-0-8053-9569-3.
  12. ^ Urbancheka, M; Pickenb, E; Kaliainenc, L; Kuzon, W (2001). “Specific Force Deficit in Skeletal Muscles of Old Rats Is Partially Explained by the Existence of Denervated Muscle Fibers”. The Journals of Gerontology Series A: Biological Sciences and Medical Sciences 56 (5): B191–B197. doi:10.1093/gerona/56.5.B191. 
  13. ^ Farvid, MS; Ng, TW; Chan, DC; Barrett, PH; Watts, GF (2005). “Association of adiponectin and resistin with adipose tissue compartments, insulin resistance and dyslipidaemia”. Diabetes, obesity & metabolism 7 (4): 406–13. doi:10.1111/j.1463-1326.2004.00410.x. PMID 15955127. 
  14. ^ a b c d e f 生化学辞典第2版、p.1187 【平滑筋】
  15. ^ 生化学辞典第2版、p.355 【筋繊維】
  16. ^ a b c d 生化学辞典第2版、p.351 【筋原繊維】
  17. ^ a b MacIntosh, BR; Gardiner, PF; McComas, AJ (2006). “1. Muscle Architecture and Muscle Fiber Anatomy”. Skeletal Muscle: Form and Function (2nd ed.). Champaign, IL: Human Kinetics. pp. 3–21. ISBN 0-7360-4517-1. 
  18. ^ お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)-神奈川県ホームページ
  19. ^ Steinmetz, P. R. H.; Kraus, J. E. M.; Larroux, C.; Hammel, J. R. U.; Amon-Hassenzahl, A.; Houliston, E.; Wörheide, G.; Nickel, M. et al. (2012). “Independent evolution of striated muscles in cnidarians and bilaterians”. Nature 487 (7406): 231. doi:10.1038/nature11180.  編集
  20. ^ R.Flindt 『数値で見る生物学』 浜本哲郎訳、ジュプリンガー・ジャパン、2007年、31頁。ISBN 978-4-431-10014-0
  21. ^ R.Flindt 『数値で見る生物学』 浜本哲郎訳、ジュプリンガー・ジャパン、2007年、33頁。ISBN 978-4-431-10014-0
  22. ^ Fuster, G; Busquets, S; Almendro, V; López-Soriano, FJ; Argilés, JM (2007). “Antiproteolytic effects of plasma from hibernating bears: a new approach for muscle wasting therapy?”. Clin Nutr 26 (5): 658–61. doi:10.1016/j.clnu.2007.07.003. PMID 17904252. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0261-5614(07)00124-0. 
  23. ^ Roy, RR; Baldwin, KM; Edgerton, VR (1996). “Response of the neuromuscular unit to spaceflight: What has been learned from the rat model”. Exerc. Sport Sci. Rev. 24: 399–425. PMID 8744257. 
  24. ^ NASA Muscle Atrophy Research (MARES) Website”. 2013年2月2日閲覧。
  25. ^ Lohuis, TD; Harlow, HJ; Beck, TD (2007). “Hibernating black bears (Ursus americanus) experience skeletal muscle protein balance during winter anorexia”. Comp. Biochem. Physiol. B, Biochem. Mol. Biol. 147 (1): 20–28. doi:10.1016/j.cbpb.2006.12.020. PMID 17307375. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1096-4959(07)00053-X. 
  26. ^ Roche, Alex F. (1994). “Sarcopenia: A critical review of its measurements and health-related significance in the middle-aged and elderly”. American Journal of Human Biology 6: 33. doi:10.1002/ajhb.1310060107. 



筋肉

出典:『Wiktionary』 (2011/01/10 17:09 UTC 版)

名詞

  1. 収縮機能持ち、それによって結合しているものを動かすことのできる、動物組織骨格筋心筋平滑筋分類される。
    彼の顔の筋肉は硬ばって、額は暗い皺を刻んでいた。(豊島与志雄二つの途』)
    どうじゃ、わが輩の腕の筋肉盛り上がりよう。(佐藤垢石岡ふぐ談』)

発音

き↘んにく

翻訳

関連語






筋肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

筋肉に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「筋肉」の関連用語

筋肉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

お盆

前川春雄

毛無山ブナ林

LG55HE

タイワンガザミ

ワイヤーロープ

弓道

コンテリエ





筋肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筋肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの筋肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS