ラテン文字とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > ラテン文字の意味・解説 

ラテンもじ [4] 【ラテン文字】

ローマ字(じ)

ラテン文字 Latin character

 ラテン文字は現在世界で最も多く用いられている文字であるが、この文字は本来古代ローマ帝国の文字である。この文字中世キリスト教ローマ正教の文字となり、この教えと共にヨーロッパに広まり、現在ヨーロッパのほとんどの国をはじめアジア一部アフリカ大部分南北アメリカオセアニア全部がこの文字自国語を表記している。 現用:ほぼ全世界

UNICODE: 0020-024F

ラテン文字一覧表

ラテン文字

使用例:オーストリア発行のドイツ語の新聞

ラテン文字

ラテン文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/28 13:39 UTC 版)

ラテン文字(ラテンもじ、: abecedarium Latinum: Latin alphabetラテンアルファベット)は、表音文字音素文字アルファベット)の一つである。ローマ文字ローマ字: alfabeto Romano: Roman alphabet)とも呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ イタリア語英語スペイン語フランス語ポーランド語ポルトガル語ドイツ語など
  2. ^ 「世界の文字を楽しむ小事典」p124-128 町田和彦編 大修館書店 2011年11月15日初版第1刷
  3. ^ 「図説 アジア文字入門」p102 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所編 河出書房新社 2005年4月30日初版発行
  4. ^ 『図説 世界の文字とことば』 町田和彦編 19頁。河出書房新社 2009年12月30日初版発行 ISBN 978-4309762210
  5. ^ 「図説 アジア文字入門」p105 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所編 河出書房新社 2005年4月30日初版発行
  6. ^ 『図説 世界の文字とことば』 町田和彦編 61頁。河出書房新社 2009年12月30日初版発行 ISBN 978-4309762210
  7. ^ 「バルカンを知るための66章 第2版」p272 柴宜弘編著 明石書店 2016年1月31日第2版第1刷
  8. ^ 「バルカンを知るための66章 第2版」p269-270 柴宜弘編著 明石書店 2016年1月31日第2版第1刷
  9. ^ 「中央アジアを知るための60章」p104 宇山智彦編著 明石書店 2003年3月10日初版第1刷
  10. ^ 「バルカンを知るための66章 第2版」p272 柴宜弘編著 明石書店 2016年1月31日第2版第1刷
  11. ^ http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041400391&g=int 「ロシア文字やめローマ字へ=カザフ語、大統領が指示」時事通信 2017年4月14日 2017年6月21日閲覧
  12. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000081-jij-asia 「ローマ字化、是か非か=旧ソ連のカザフで論議」時事通信 2017年6月21日 2017年6月21日閲覧
  13. ^ http://mainichi.jp/articles/20170114/ddm/005/070/039000c?inb=ys 「昭和史のかたち 教育改革から70年=保阪正康」毎日新聞 2017年1月14日 東京朝刊 2017年3月21日閲覧
  14. ^ http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19541209001/k19541209001.html 「ローマ字のつづり方」昭和二十九年十二月九日 文部科学省 2017年3月21日閲覧
  15. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000044-mai-soci 『<ローマ字>表記で混乱 英語教科化、教員ら「一本化を」』 毎日新聞 2017年3月21日 2017年3月21日閲覧
  16. ^ a b c The Phoenician Alphabet”. 2008年2月14日閲覧。
  17. ^ 「世界の文字を楽しむ小事典」p255 町田和彦編 大修館書店 2011年11月15日初版第1刷
  18. ^ 日本語での各文字の名称は『広辞苑』第五版、岩波書店、1998年に拠る。
  19. ^ 「ビジュアル版 世界の文字の歴史文化図鑑 ヒエログリフからマルチメディアまで」p284-285 アンヌ=マリー・クリスタン編 柊風舎 2012年4月15日第1刷



ラテン文字

出典:『Wiktionary』 (2010/03/13 12:40 UTC 版)

名詞

ラテン文字(-もじ)

  1. ヨーロッパ多く言語で使われる文字体系アルファベット一種であり、ラテン語において使用されたものを起源とするもの。

ラテン文字の一覧

類義語

翻訳






ラテン文字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラテン文字」の関連用語

ラテン文字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

通夜

ホーセズ・ネック

シュラウド

裏筋

スゲアマモ

クロアナゴ

青葉山丸

仙腸関節





ラテン文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中西印刷中西印刷
世界の文字LOD by 中西印刷 is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラテン文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラテン文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS