皮膚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 皮膚 > 皮膚の意味・解説 

皮膚

英訳・(英)同義/類義語:skin, Epidermis; Dermis

生物組織で、多細胞生物体表面を覆う1層あるいは多層細胞からなるもの。高等動物では皮膚ともいう。

表皮

同義/類義語:皮膚
英訳・(英)同義/類義語:epidermis, skin

生物組織で、多細胞生物体表面を覆う1層あるいは多層細胞からなるもの。高等動物では皮膚ともいう。, , 生物組織で表皮を構成する組織総称植物の組織3つの系に分け一つ。すなわち、維管束系基本組織系表皮系高等植物では外面包み保護する組織である。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  血液  血清  血管系  表皮  表皮系  視床  視床下部-下垂体前葉副腎皮質系

皮膚

作者不二牧駿

収載図書死の影の谷を歩めど、なお
出版社近代文芸社
刊行年月1992.4


皮膚

作者ロアルド・ダール

収載図書クイーン定員傑作短編で読むミステリー史 4
出版社光文社
刊行年月1992.5
シリーズ名光文社文庫


皮膚

作者松本楽志

収載図書地図異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2005.4
シリーズ名光文社文庫


皮膚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/25 05:37 UTC 版)

皮膚(ひふ、: skin)は、動物器官のひとつで、表面をおおっている層のこと[1]。体の内外を区切り、その境をなす構造である。皮膚と羽毛など、それに付随する構造(器官)[1]とをあわせて、外皮系という器官系としてまとめて扱う場合がある。また、動物種によっては、皮膚感覚を伝える感覚器の働きも持っている場合がある。ヒトの皮膚は「」(はだ)とも呼ばれる。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 生化学辞典第2版、p.1068 【皮膚】
  2. ^ a b c 解剖学第2版、p.26-31、外皮構造(皮膚)
  3. ^ a b c d e f 傳田(2005)、p.6-8、1.皮膚は最も大きな臓器「外臓」である 皮膚の階層構造
  4. ^ a b 傳田(2005)、p.5-6、1.皮膚は最も大きな臓器「外臓」である
  5. ^ a b 傳田(2005)、p.41-42、4.皮膚はセンサーである
  6. ^ a b c d 佐藤・佐伯(2009)、p172-173、第9章 皮膚と膜 1.皮膚の構造 (1)表皮
  7. ^ a b c 生化学辞典第2版、p.1075 【上皮】
  8. ^ a b c d 傳田(2005)、p.8-11、1.皮膚は最も大きな臓器「外臓」である 皮膚のバリアはプラスチック並み
  9. ^ a b c d e f 編集長:水谷仁「【指紋】何の役に立つ?どのようにしてできる?」、『ニュートン2012年6月号、雑誌07047-06』、ニュートンプレス2012年、 116-117頁。
  10. ^ 生化学辞典第2版、p.677 【真皮】
  11. ^ a b c d 編集長:水谷仁「【しわ】なぜできる?予防法や改善法は?」、『ニュートン2013年2月号、雑誌07047-02』、ニュートンプレス2013年、 112-113頁。
  12. ^ a b c d e f 編集長:水谷仁「意外と知らない「汗」のこと」、『ニュートン2012年8月号、雑誌07047-08』、ニュートンプレス2012年、 102-107頁。
  13. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p173、第9章 皮膚と膜 1.皮膚の構造 (3)皮下組織
  14. ^ a b c 傳田(2005)、p.42-44、4.皮膚はセンサーである 外部刺激のセンサーとしての皮膚
  15. ^ 傳田(2005)、p.48-52、4.皮膚はセンサーである もう一つの痛みセンサー
  16. ^ 傳田(2005)、p.33-34、3.情報伝達物質を生み出す皮膚
  17. ^ 傳田(2005)、p.34-37、3.情報伝達物質を生み出す皮膚 皮膚は免疫をつかさどる臓器である
  18. ^ a b c 傳田(2005)、p.38-40、3.情報伝達物質を生み出す皮膚 皮膚が内分泌系に及ぼす影響
  19. ^ a b c d e 傳田(2005)、p.11-14、1.皮膚は最も大きな臓器「外臓」である 常におのれを知っている皮膚
  20. ^ a b 傳田(2005)、p.15-19、2.電気仕掛けの皮膚機能 皮膚は電池になっている
  21. ^ a b 傳田(2005)、p.24-25、2.電気仕掛けの皮膚機能 外から皮膚に電気をかけるとどうなるか
  22. ^ a b 傳田(2005)、p.45-48、4.皮膚はセンサーである 神経より先に表皮が感じる
  23. ^ 傳田(2005)、p.52-53、4.皮膚はセンサーである 光を感じる皮膚
  24. ^ a b c d Romer, Alfred Sherwood; Parsons, Thomas S. (1977). The Vertebrate Body. Philadelphia, PA: Holt-Saunders International. pp. 129–145. ISBN 0-03-910284-X. 


「皮膚」の続きの解説一覧

皮膚

出典:『Wiktionary』 (2010/08/01 03:14 UTC 版)

名詞

(ひふ)

  1. 動物器官のひとつで、体の表面をおおっている層のこと。体の内外区切り、その境をなす構造である。

類義語

  • (かわ)
  • (はだ)

関連語

翻訳






皮膚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

皮膚に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「皮膚」の関連用語

皮膚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アオツヅラフジ

愛宕堰

パトリオット

キオウギタケ

YZ85LW

クリサーナ

ジョン・ワーノック

ワインの製造工程





皮膚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皮膚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの皮膚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS