障害とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 障害 > 障害の意味・解説 

しょう がい しやう- [0] 【障害・障碍・障礙

( 名 ) スル
〔「障がい」と表記する場合もある〕
物事成立進行の邪魔をするもの。また,妨げること。しょうげ。 「売上上の-となる要因」 「大悪魔王と雖絶て其自由を-すること能はず/明六雑誌 6
身体の器官何らかの原因によって十分な機能を果たさないこと。また,そのような状態。 「機能-」 「平衡感覚が-される」 「血管に-がある」
個人特質としての機能障害impairment),そのため生ず制約としての能力低下disability),その社会的結果である社会的不利(handicaps)を包括する概念
「障害競争」の略。


障害

損傷 1病気傷害あるいは先天異常によってもたらされ身体的機能的精神的欠陥を意味する。損傷個人労働能力通常の活動への参加阻害している場合には、無能力 2または障害 2呼ばれている。これには全体的なものと部分的なものとの二つ区分があり、いずれの場合回復不能な状態は恒久的障害 3、あるいは虚弱 4呼ばれる年齢がちょうどx歳の健康な個人その後1年間あるいはもっと長い期間に障害を持つ確率は、障害危険率 5または障害確率 5呼ばれている。これらの確率組み合わせ作成される障害表 6生命表(§432参照)の応用一つである。


障害、疾患

【仮名】しょうがい
原文disorder

医学では、正常な精神または身体の機能撹乱された状態を指す。障害は遺伝性の因子疾患外傷などが原因となって生じる。

欠損、異常、障害

【英】DefectDefective
読み方けっそん、いじょう、しょうがい

欠如している状態。または、異常を表わす用語として使用される。

しょうがい(障害)


障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/11 14:54 UTC 版)

障害(しょうがい)とは、ものごとの達成や進行のさまたげとなること、また、さまたげとなるもののことである。障礙(しょうげ、略字で障碍)は、仏教用語として煩悩障など心を覆い隠し悟りを妨げている要素を指して用いられたことから、邪魔するなどといった意味で使われ、明治時代にはしょうがいと読まれるようになった。その後、日本では妨げというような意味では、それらの表記は区別されず用いられた。


  1. ^ しかし丸山一郎によれば[要検証 ]、すでに1932(昭和7)年施行の「救護法」において「精神又は身体的障碍のある者」といった表現が使われており、こうした意味の語として「障害」よりも先に「障碍」が使われていたことは間違いがないという。とはいえ、明治期の法令でもすでに障害、障碍、共に使用されており[要検証 ]、医学分野においても、たとえば「栄養障害」は「栄養障碍」とともに明治期より用例があり、両者は混用されていた。なお、身体障害者福祉法の施行に先んじて1946年には当用漢字が告示されており、「碍」の字はもはや公文書に使うべきでないとされていた。
  1. ^ a b c d e 「障害」の表記に関する作業チーム『「障害」の表記に関する検討結果について』 2010.
  2. ^ 民間で「障碍」を使用している企業・団体には、日本IBMIBM、ウェブ・アクセシビリティーを促進するコラボレーション・ソフトウェアを開発マイクロソフトhttp://www.microsoft.com/japan/enable/products/vmanual/default.mspx 視覚障碍 (しょうがい) 者向け簡易マニュアル]、コクヨ特例子会社のコクヨKハート障碍者雇用優良企業の認証を取得、ボイジャー:目の見えない人に本を届ける 視覚障碍者の読上げソフトとドットブックが手を結ぶ日本映像ソフト協会Q20. ビデオソフトに音声ガイドや日本語字幕が入っていない作品があります。目や耳に障碍(しょうがい)をお持ちの方でも楽しめるソフトはありませんか?視覚障碍者読書支援協会などがある。
  3. ^ JIS X 0014 : 1999 (ISO/IEC 2382-14 : 1997)
  4. ^ JIS Z 8115 : 2000
  5. ^ 当麻喜弘, 南谷崇, 藤原秀雄,「フォールトトレラントシステムの構成と設計」,槇書店, 1991.
  6. ^ 上田敏国際障害分類初版(ICIDH)から国際生活機能分類(ICF)へ: 図1」、『ノーマライゼーション 障害者の福祉』2002年6月号、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
  7. ^ 社会・援護局障害保健福祉部企画課 『「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」(日本語版)の厚生労働省ホームページ掲載について』 厚生労働省、2002年8月5日http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html 
  8. ^ 佐藤久夫「WHO国際障害分類試案の内容」、『リハビリテーション研究 STUDY OF CURRENT REHABILITATION』第71号、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会1992年4月
  9. ^ “「障がい」、「障がい者」の表記の使用について”. 山形県庁. http://www.pref.yamagata.jp/health/handicap/6090004publicdocument200703157555717731.html 2010年8月22日閲覧。 
  10. ^ 半田市「障がい者」と平仮名表記(中日新聞、2008年12月3日)
  11. ^ 発表項目:「障害」の表記見直しを要望します
  12. ^ 要望の多かった「玻・碍・鷹」の扱いについて
  13. ^ 改定常用漢字表(答申) 12ページ。


「障害」の続きの解説一覧

障害

出典:『Wiktionary』 (2011/12/27 15:08 UTC 版)

名詞

しょうがい

  1. 邪魔すること、妨げること。又は邪魔となるもの、妨げ

用法






障害と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

障害に関連した本

「障害」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

  • 日本国内のFX業者の手数料比較

    2012年5月現在、日本国内のほとんどのFX業者では、取引の際の売買手数料を無料に設定しています。しかし、電話取引の場合には売買手数料を有料に設定している場合があります。電話取引は、顧客が何らかの事情...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「障害」の関連用語

障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鹿毛

青鹿毛

育成牧場

WINS

Cheek Pieces

育成牧場

発馬機

ゴール板装飾





障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2016 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
JRAJRA
Copyright 2016 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS