転移とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 転移 > 転移の意味・解説 

てん い [1] 【転移】

( 名 ) スル
場所などをうつすこと。また,うつること。移転。 「備州小田郡笠岡へ-せられ/新聞雑誌 50
移りかわること。 「好み時代とともに-する」
〘医〙 腫瘍(しゆよう)細胞病原体血流リンパ流に入り,他の場所に移行定着して,原発巣同一変化起こすこと。
transition物質一つの状態から他の状態に変化すること。気相液相固相間の相転移同一物質異な結晶形の間での多形転移,同素体の間での転移など。
〘心〙
transfer前に行なった学習が,あとの学習効果影響与えること。あとの学習促進する場合を正の転移,妨害抑制する場合を負の転移という。学習転移。
〔transference〕 精神分析で,患者過去に親など重要な人物に向けたのと同じ感情態度治療者に向けること。


転移

同義/類義語:がん転移, 二次腫瘍
英訳・(英)同義/類義語:dissemination, metastasis

がん細胞が、原発部位から血流体液にのって移動し、体内別の部位増殖巣を作ること。

転移

【仮名】てんい
原文metastasis

体のある部位から別の部位へがんが拡がること。拡がったがん細胞によって形成された腫瘍は、「転移性腫瘍」または「転移巣」と呼ばれる。転移性腫瘍には最初の(原発腫瘍みられるものと類似した細胞含まれる。「metastasis(転移)」の複数形は「metastases」である。

転移(てんい)


転移

作者ダン・シモンズ

収載図書ナイトヴィジョン スニーカー
出版社早川書房
刊行年月1990.5
シリーズ名ハヤカワ文庫NV


転移

作者エドワード・ブライアント

収載図書カッティング・エッジ
出版社新潮社
刊行年月1993.2
シリーズ名新潮文庫


転移

作者平山夢明

収載図書東京伝説呪われた街の怖い話
出版社角川春樹事務所
刊行年月1999.7
シリーズ名ハルキ文庫


転移―イレギュラー

作者周防ツカサ

収載図書ユメ視る猫とカノジョの行方
出版社メディアワークス
刊行年月2006.1
シリーズ名電撃文庫


転移

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/26 15:04 UTC 版)

転移(てんい)とは




「転移」の続きの解説一覧

転移

出典:『Wiktionary』 (2010/08/16 05:23 UTC 版)

名詞

(てんい)

  1. 移り変わること。
  2. 身体の他の部位新たな病巣作ること。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
転移-する





転移と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

転移に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「転移」の関連用語

転移のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地球生命

シティ

渡邊和也

アンカー

Microsoft Office Groove

有料道路

立木観音

恥骨





転移のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2017. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2017 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの転移 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの転移 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS