細菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > 細菌の意味・解説 

さい きん [0] 【細菌】

単細胞微生物で,核膜のない原核生物一群球状桿状螺旋(らせん)状などを呈し,葉緑体ミトコンドリアなどをもたない。原則として二個に分裂してふえる。動植物に対して病原性をもつものもあるが,広く生態系中にあって物質循環に重要な役割を果たしている。分裂菌類バクテリア


細菌

【英】: Bacteria
バクテリアとも呼ばれている。0.210μm100万分のメートル)ぐらいで、ウイルスより大きく固い細胞壁を持つ単細胞生物である。
その種類は非常に多く確認されるが、形態により、球菌桿菌、らせん分けられ、グラム染色性(細菌染色法)によってグラム陽性菌グラム陰性菌大別される。

細胞分裂により増殖し、その個体は、それぞれに成長分裂能力をもっている。無機物のみで発育する自力栄養有機物を必要とする他力栄養があり、発酵呼吸(嫌気性菌好気性菌)によってエネルギーを得る。有用な細菌は、発酵細菌としアルコール酢酸変える酢酸菌糖類発酵させ乳酸産出する乳酸菌ヨーグルトチーズバター漬物)が主なものとされる。このほか、寄生するものや病原性有するものもある。

医療分野では抗生物質ワクチン製造などで利用され、免疫機能遺伝機序など、生物学研究にも幅広く用いられている。

ウイルス

細胞

遺伝


細菌 (さいきん)

微生物で、顕微鏡で見ることができます。人に有害な細菌、たとえば体の中入り込んで病気起こすものもありますが、人の生活に有用な細菌(納豆作る納豆菌など)もありますまた、人と共生している細菌も。代表が腸内にいるビフィズス菌でしょう皮膚鼻の穴には黄色ブドウ球菌などもよく住んでいます。ちなみに黄色ブドウ球菌は、大人または健康な皮膚にはなんでもないですが、皮膚が傷ついていたり抵抗力落ちていたりすると、「とびひ」を起こすこともあります(子どもに多い病気ですが、大人でもなることがあります)。このように状況によって人に有害になったりならなかったりするを「日和見ひよりみきん)」と呼んだりします。

細菌

Bacterium

【概要】 バクテリア(複数形)とも言う。細胞膜の外に細胞壁があり、分類上は植物一つ細胞一匹生命体細胞中にはがなく、遺伝子DNAである。細菌のうち、圧倒的多くのものはヒトを含む高等生物共存共栄している。ヒトに対して病気起こす細菌は病原菌よばれる。 

【詳しく】 細菌の中に多く分類がある。ヒトの体には細菌がいっぱい住んでいる。皮膚には表皮ぶどう球菌がいる。気管支の細い所から肺は無菌状態だが、上気道つまり、鼻、口、のどには、ビリダンス連鎖球菌、ナイセリアなどがいる。尿自体無菌であるが、尿道口近く膣内にはぶどう球菌グラム陽性桿菌がいる。腸内には正常な腸内細菌腸球菌嫌気性菌などがいる。膣にはデーデルライン桿菌がいる。これら常在菌頑張っているので病原菌生えにくくなっている。

《参照》 細胞遺伝子DNA


細菌

【仮名】さいきん
原文bacteria

多数の種から構成される一群単細胞微生物動物人間感染して疾患引き起こすものも存在する。「bacteria(細菌)」の単数形は「bacterium」である。

細菌(バクテリア)

膜のない原核生物属す単細胞微生物一種です。細菌の大きさ0.1
μm(1 μm100万分の1 m)で、球状桿状・らせん状などの形態です。二分裂を繰り返し増殖し、一部のものは芽胞をつくります。広く生態系の中で物質循環に重要な役割を果たします。

細菌[Acid-fast bacilli]

 広い意味では、酵母カビや細菌などの総称名として用いられる。専門的には、ヒトを含む動物細胞異なり植物特有の細胞壁を最外側に持つが、葉緑体は持たない。核膜存在しないのでが無い(カビを持つ)単細胞生物である。有名な抗生物質であるペニシリン細胞壁合成阻害するので、細菌には有効に作用するが動物細胞には無効である。肉眼では見えない光学顕微鏡観察できる。

細菌(さいきん)


細 菌

体が2つに別れ増殖するので分裂呼ばれている。種類極めて多く人に病原性与え病原細菌、食品増殖して腐敗させる腐敗細菌等があり食品汚染し、食中毒原因ともなり食品衛生問題になる事が多い。  

真正細菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/12 09:46 UTC 版)

(細菌 から転送)

真正細菌(しんせいさいきん、ラテン語:Bacteria/バクテリア、単数形:Bacterium)あるいは単に細菌(さいきん)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。sn-グリセロール-3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。




  1. ^ http://www.etymonline.com/index.php?term=bacteria
  2. ^ 仮に真正細菌の種の定義を動物に適用すると、目や科レベルの分類群が全て同一の種に属すと判断されうる


「真正細菌」の続きの解説一覧

細菌

出典:『Wiktionary』 (2011/07/09 05:16 UTC 版)

名詞

さいきん

  1. 真正細菌のこと。原核生物のうち古細菌を除いたもの。→バクテリア (Bacteria)。
  2. 原核生物総称真正細菌古細菌含まれる。→狭義微生物 (Microbe)。

関連語

翻訳






細菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「細菌」の関連用語

細菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




細菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2014 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2014 Food Safety Commission. All Right Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2014 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2014 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真正細菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの細菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS