牛乳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 飲料 > 牛乳 > 牛乳の意味・解説 

ぎゅう にゅう ぎう- [0] 【牛乳】

牛の乳汁白色脂肪タンパク質・カルシウム・ビタミンが豊富に含まれ,栄養価が高い。飲用とするほか,アイスクリーム・バター・チーズなどの原料とする。ミルク


牛乳


種類別「牛乳」は、乳牛から搾った乳(生乳)を熱で殺菌しただけのもので、「水や他の原材料を混ぜてはならない」と乳等省令食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」)にて規定されています。
 一括表示には「生乳100%」と表示されるようになっています。
またビン容器のものは薄紫色のビニールキャップがついているものが牛乳です。


牛乳

牛 乳

ミルク(英語milk)、レ(仏語lait)、ミルヒ(独語milch)である乳牛によって、その成分異なるため飲用にはある一定の基準がある。  我が国場合無脂乳固形分.0%、乳脂肪分3.0%以上、比重15で1.028~1.034、酸度(乳酸)0.18%以下、細菌数ml50,00 0以下、大腸菌群陰性等である。また、製菓用、料理用にも基準がある。

牛乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/24 09:10 UTC 版)

牛乳(ぎゅうにゅう、: milk)とは、ウシ乳汁である。ただし、牛乳と一口に言っても、生乳を指す場合や、これを原料として脂肪分増減したものや、乳糖を分解したものも含める場合もある。さらに人によっては、様々な食品を混ぜて作った嗜好飲料(いわゆるコーヒー牛乳イチゴ牛乳フルーツ牛乳レモン牛乳など)を言うこともある。なお、牛乳はしばしば脱脂粉乳バター生クリームチーズヨーグルトアイスクリームなどに加工される。


[ヘルプ]
  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  4. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  5. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  6. ^ 表にある通り、アメリカのデータでは、牛乳100g当たりのカルシウムの含有量は、113mgであるとされている。しかし、土壌などの関係で、日本では一般に単位重量当たりの食品に含まれるカルシウムの量も少ないとされる。日本の4訂食品成分表によれば、乳牛の種類による差、個体差、季節変動などがあり、その成分が一定していないことを断った上で、ホルスタインの牛乳100g当たりのカルシウムの含有量は、100mgであるとされている。このように、牛乳の場合も、日本産のものはカルシウムが少ない。つまり、産地によって含有成分が異なっているのである。
  7. ^ 北條(2015)、p.22
  8. ^ 北條(2015)、p.22
  9. ^ ただし、仏教が生まれたインドには牛乳を飲用する習慣があり、他ならぬ釈迦自身が飲んでいたのであり、牛乳の飲用の忌避は、仏教に対する一種の誤解であると言える。
  10. ^ 兼平(2015)、p.133
  11. ^ 兼平(2015)、pp.27 - 28
  12. ^ 兼平(2015)、pp.130 - 133
  13. ^ 兼平(2015)、p.133
  14. ^ 例えば彦根藩の名物の牛肉味噌漬。山田浅右衛門家で生産された死体を原料する丸薬などが、例として挙げられる。現代でも残るものとしては、マムシを原料とした栄養ドリンクがある。
  15. ^ a b 想いやりファーム(旧中札内村レディースファーム) - 安心・安全・こだわり、お腹に優しい日本で唯一の無殺菌牛乳[要出典]
  16. ^ ホモジナイザー(乳化機、均質機)
  17. ^ 食品衛生誌1987-196-28
  18. ^ a b c http://www.idfa.org/news-views/media-kits/milk/pasteurization
  19. ^ パスチャライズド処理”. 新生酪農株式会社. 2014年4月7日閲覧。
  20. ^ a b The UHT route to long-life planet”. Times Online. 2008年3月1日閲覧。
  21. ^ ペットボトルの牛乳なぜないの? ののちゃんのDO科学(朝日新聞)
  22. ^ イギリス、デンマーク、ギリシャなどでは低温殺菌が主流だが、ドイツ、フランス、ベルギー、スペイン、ポルトガルなど多くの国で超高温瞬間殺菌が圧倒的に多い(1993年データ EC Ag. Stats; National statistics)。
  23. ^ 食品成分データベース 乳類/(液状乳類)/普通牛乳
  24. ^ 食品成分データベース 豆類/だいず/[その他]/豆乳/豆乳
  25. ^ 牛乳中の女性ホルモンは免疫を女性化させアレルギーを激しくさせる?
  26. ^ 牛乳について(良い牛乳の選び方)
  27. ^ 牛乳の殺菌
  28. ^ まかいの牧場は完全成分無調整の低温殺菌ノンホモ牛乳です。
  29. ^ 低温殺菌ひとすじタカハシのこだわり
  30. ^ 農林水産省「消費者の部屋」(アーカイブ、原典はリンク切れ)
  31. ^ 加工食品中の過酸化水素含有量(国立医薬品食品衛生研究所)
  32. ^ W.C.ウィレット、M.J.スタンファー「ヘルシーな食事の新しい常識」『エイジング研究の最前線 別冊日経サイエンス147』 2004年11月。ISBN 978-4532511470。123頁。
  33. ^ 乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について―概要― PMID 18398033
  34. ^ 食べもの、栄養、運動とがん予防(日本語要約)世界がん研究基金米国がん研究機構
  35. ^ Feskanich D, Willett WC, Stampfer MJ et al. "Milk, dietary calcium, and bone fractures in women: a 12-year prospective study" Am J Public Health 87(6), 1997 Jun, pp992-7. PMID 9224182
  36. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。239頁。ISBN 978-4334973964。原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001
  37. ^ 鈴木隆雄「わが国の大規模調査による大腿骨頸部骨折の症例対照研究」、『Osteoporosis Japan』Vol.4、No.2、1996年。
  38. ^ The Nutrition Source Calcium and Milk: What's Best for Your Bones? (Harvard School of Public Health)
  39. ^ 厚生労働科学研究事業「食物アレルギーの発症要因の解明および耐性化に関する研究 (PDF) 」p.3
  40. ^ アレルギー表示について (PDF) - 消費者庁
  41. ^ 妊娠中に牛乳をたくさん飲むと子どもの背が高くなる―デンマーク研究2013年9月7日 マイナビウーマン)



牛乳

出典:『Wiktionary』 (2010/11/05 07:50 UTC 版)

名詞

ぎゅうにゅう

  1. 牛の乳。

関連語

翻訳






牛乳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「牛乳」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「牛乳」の関連用語

牛乳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

削蹄

鉱塩

オーチャードグラス

ナチュラルチーズ

堆肥

後ろ搾りパーラー

搾乳ロボット

育成牛





牛乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2017 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牛乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの牛乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS