イベントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 行事 > イベントの意味・解説 

イベント [0] 【event】

〔「エベント」とも〕
行事催し。 「 -情報

エベント [0] 【event】

イベント

イベント

【英】event

催し物」を総称する言葉万博などのような国家的催しから、店頭での販促な行為まで、幅広く使われている。店舗関連するものに限れば「催し物全般のことで、企業イメージ高めお客来店頻度増し売上増加目的とする。客と店とのコミュニケーションづくりに有効な手段とされ、店舗活気与えるための演出一手法として重要視されている。

イベント

読み方:イベント
【英】:Event

関連するカテゴリ
プログラマブルターミナル

通信アドレスビット)を監視する機能で、そのビットがONすることで、対応したメッセージ表示させることができる。さらに、対応した画面表示切り換えることもできる。


アラーム/イベント

読み方:アラーム/イベント
【英】:alarm/event function

関連するカテゴリ
プログラマブルターミナル

ビットの状態の変化からアラーム通知を行う機能をいう。アラーム/イベント表示、アラーム/イベントサマリ履歴2 種類の機能部品がある。


イベント 【event】

編集単位GPIから他機へ制御信号を出すこと。1回分を1イベントともいう。制御信号を出すタイミング時間をいう。

イベント [event]

デジタルレコーダー等では、録音結果記憶する場合メモリー最小単位また、シーケンサー等で演奏制御データ一つ一つのことをいう。

イベント [event]


イベント

【英】event

イベントとは、システム内で偶発的あるいは非計画的に生じる操作挙動・状態の変化およびそれらを非同期的に特定のモジュール通知するための仕組みのことである。

コンピュータシステムは、外部キーボードマウス、その他各種周辺機器さらにはセンサーなどを持つことがある。これらの装置からシステム内部へと、様々な入力やってくる。またシステム内部の状態は、処理を進めるごとに変化していく。このような入力や状態の変化を、捕捉して伝達する仕組みがイベントである。捕捉されたイベントは、システム内部非同期データとして扱われ、発生順にキュー待ち行列)に格納され、処理を待つ。処理されたイベントはキューから取り除かれる。イベントデータ(またはイベントオブジェクト)は、その種類内容を持つ。たとえば「キーボードイベント」はキーボードからの入力を意味し、そのデータを参照することにより、ユーザーがどのキー押したか、ということ分かるシステムはそのイベントデータを処理する時、イベントの種類に応じてイベントハンドラ呼ばれる制御プログラム起動する。キューに処理が溜まっていくと、一般的には、どのイベントがどのタイミングで処理されるかは予想できないこのような場合でもCPU時間割り当て計画的制御可能であり、タイミング予想可能なOSは、リアルタイムOS呼ばれる組み込みシステムでは、イベントの一定時間内での処理の保証が重要となるため、リアルタイムOSが用いられる。

イベントという概念を用いるシステム構築方法イベントドリブンイベント駆動)と呼ばれるユーザーによるインタラクティブ操作を可能とするWindowsGUIグラフィカルユーザーインターフェース)は、イベント駆動の例である。一般的にイベント駆動仕組みインタラクティブシステム、特にウィンドウシステムのようなGUIとの親和性が高い。また、組み込みシステムセンサー情報元にリアルタイム制御を行うシステムにおいても、イベント駆動構成を持つものが多い。自動車のエンジンコントロールやエコドライブ制御航空機姿勢制御といった、さまざまな制御系イベント駆動が用いられている。

Webブラウザ上で動作するJavaScriptもイベント概念持っている例えば「マウスを押す」という操作に対してWebブラウザはマウスイベントを発生させ、JavaScript通知する。JavaScript上に「OnClick()」というイベントハンドラを定義しておくと、このハンドラが呼ばれ、定義した処理が実行される。このような仕組みによって、動き乏しかったWebアプリケーションに、インタラクティブ見栄え良いダイナミックな処理をさせることが可能となっている。

プログラミングのほかの用語一覧
オブジェクト指向:  ActiveX  Arax  アダプタクラス  イベント  インスタンス化  インターフェース型  インスタンス

.evt

読み方イーブイティー,イベント

.evtとは、Windows NT/Windows 2000/Windows XPOS動作に関する記録保存する独自形式「イベント・ログ」に付く拡張子のことである。イベント・ログによって作成された.evt ファイルは「イベント・ビューア」によって参照される。

.evtファイルにはコンピュータ内で発生したイベントが記録されているので、トラブルシューティングの際に役立つ。.evtファイルバイナリ形式で、イベント・ビューア使用なければ開くことができないが、イベント・ビューア経由させればテキスト形式カンマ区切り形式ファイル変換することができる。

ちなみにイベント・ビューアコントロールパネル管理ツール内に独立したツールとして含まれている。Windows 2000以降では、「コンピュータ管理ツール中にも同じイベント参照機能がある。


イベント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/09 13:36 UTC 版)

イベント: event英語発音: [iˈvent]ヴェントゥ)とは




「イベント」の続きの解説一覧





イベントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イベント」に関係したコラム

  • 株365のギャップリスクとは

    株365のギャップリスクとは、取引時間外のイベントによる急激な値動きの危険性のことです。イベントの内容は、経済指標、政変や紛争、要人の発言、為替動向などが挙げられます。例えば、日経225証拠金取引の取...

  • CFDの関連ニュースを提供しているサイトの一覧

    CFDでは、コモディティや株式、株価指数、債券などさまざまな商品を扱っています。ここでは、これらの商品に関連するニュースを提供しているCFD業者のサイトの一覧を紹介します。 CFD業者 ニュース名 D...

  • 株365と日経225連動型ETFとの違い

    日経225連動型ETFとは、日経平均株価(日経225)に連動している上場投資信託のことです。そして、株365の日経225証拠金取引も日経平均株価に連動した商品です。ここでは、株365と日経225連動型...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イベント」の関連用語

イベントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

5.1チャンネルサラウンド

XPERIA

グリッド線

Microsoft Arc Mouse

Xperia AX SO-01E

Kindle DX

BlackBerry PlayBook

iPhone 5s





イベントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2017by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2017. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2017 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2017 AMEI.OR.JP
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2017 Microsoft.All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイベントの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.evtの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイベント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS