通信とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 通信 > 通信の意味・解説 

つう しん [0] 【通信】

( 名 ) スル
意思様子などを他人に伝えること。音信通じること。信書やりとりすること。たより。
郵便電信電話信号パソコンなどを使って意思情報伝達すること。


通信

読み方つうしん
【英】communication

通信とは、送り手情報送り、また受け手情報を受けることである。特に電気的な手段用いて行われる場合電気通信)を指す場合が多い。

通信は、発信者が媒体メッセージを載せ、通信手段、あるいは、通信路用いて受信者にメッセージ伝える。技術発展に従ってさまざまな形態の通信が実現されてきた。特に、電気的な方法を使って通信を行う電気通信普及したことにより、グローバル膨大な情報瞬時交換することができるようになった。通信には、メッセージ迅速に届けること、間違いなく正確に届けること、盗聴などを防いで安全に届けること、誰にでも地域時間身分などの制限なく届けること、低価格利用できること、さまざまな種類データを送ることができることなどの潜在的要求がある。特に、どんな人間でも差別なく利用できるサービスの状態は、ユニバーサルサービスと呼ばれ、通信サービス評価する一つ基準となっている。

手紙など、紙媒体を用いる国際的郵便網は、1875年万国郵便連合成立に見ることができる。電気的な方法を用いる通信は、特に電気通信呼ばれる1890年代に、マルコーニGuglielmo Marconi)が、無線通信成功したことを電気通信始まり考えることができる。その後発展は、真空管トランジスタ集積回路といったデバイス発明によって飛躍的加速化した。また、電波を用いる無線電話線活用光ファイバ実用化と、通信路においても、飛躍的前進見られるインターネット普及は、これらの基礎的な通信技術発展の上成り立っている。

なお、「電気通信」の定義について、法律的には、電気通信事業法の第2条第1号において、「電気通信 有線無線その他の電磁方式により、符号音響又は影像送り伝え、又は受けることをいう。」と規定されている。電気通信に対して放送は、放送法第2条1号において、「公衆によって直接受信されることを目的とする無線通信送信」と定義されている。もともと通信と放送は、別のものであったが、近年技術的発展と、利用方法変化によって、両者垣根徐々に取り払われつつある。インターネット利用したラジオテレビ登場このような例となっている。技術的にも、インターネット上で同一パケット効率良く多数ユーザー届けマルチキャストが可能となっており、放送と同じように利用できる基盤が整ってきている。


通信・コンピュータ

人工衛星で導かれるカーナビゲーション

カーナビゲーションは、自動車走行時に現在地道路地図表示して、行き先誘導してくれるシステムです。カーナビゲーション使いやすさと正確さで広く普及しましたが、これは、地上でも海上でも空でも、すぐに位置測定できる、全地球測位システム(GPS)という技術から生まれました。このシステムは、GPS衛星電波を送ることにより、電波の届いた時間から衛星受信者との距離をただちに計算して、受信者の位置を正確に測定します。このGPS衛星利用して、測量や、局地的集中豪雨予報などができる気象観測事業などがはじめられました。また、地球温暖化監視するために、成層圏気温変化観測することも進められています。

バーチャルリアルリティで宇宙飛行士の訓練

仮想現実感(VR=バーチャルリアルリティ)は、コンピューター・ゲームなどで、よく知られるようになりました。VRとは、3次元グラフィック音響組み合わせて、高度に現実的シミュレーション作り出す技術です。NASAは、このVR利用して仮想環境ワーク・ステーション開発しました。ここでは、センサーつきの手袋を使って、ロボット探査機などの遠隔操作や、船外活動をしている宇宙飛行士指示与えるなどの訓練できますまた、VR関連ソフトウェア改良により、3次元科学的視覚が可能になり、航空機開発建築設計のときなど、完成前の設計検討変更が可能というように、その用途が広がっています。


通信

作者ジャン・マーク

収載図書バスにのらないひとたち
出版社パロル舎
刊行年月1998.12


通信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/17 22:58 UTC 版)

通信(つうしん)とは、情報の伝達を意味する言葉である。有史以前から徐々に発展し、近代における様々なそして急激な技術的発展によって、より多様で利便性の高い、大衆的なものに発展してきた。




「通信」の続きの解説一覧

通信

出典:『Wiktionary』 (2011/10/14 16:01 UTC 版)

名詞

つうしん

  1. 意思様子知らせること。
  2. 郵便電話などで情報伝達すること。

発音

つ↗ーしん

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
通信-する





通信と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「通信」に関係したコラム

  • CFD取引をスマホで行えるCFD業者の一覧

    携帯端末での取引のメリットは、電波を含む通信回線が確保されていれば場所を選ばずにどこでも取引ができるという点が挙げられます。朝から夜までオフィスにつめていて取引ができない場合でも、スマホがあれば取引が...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • CFD取引のリスク

    CFD取引をする際にはさまざまなリスクがあります。ここでは、CFD取引のリスクを紹介します。価格変動によるリスクCFDの銘柄は取引時間中に価格が変動します。買い建てをした時には、価格の値下がりにより損...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • ETFや株式の取引の際に必要な費用は

    ETFや株式の取引をするために証券会社に口座を開設した際や取引の際にはさまざまな費用がかかります。ここでは、どのような費用があるのかをまとめてみました。▼取引手数料ETFや株式を売買した時に発生する費...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「通信」の関連用語

通信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

りゅうせい

Windows 98

STS-42

AQUOS PHONE EX SH-04E

STS-47

5.1チャンネル

スペースシャトルのペイロード・ベイ

Surface 2





通信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ通信の記事を利用しております。
JAXAJAXA
Copyright 2016 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの通信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS