通信衛星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 通信衛星の意味・解説 

つう しんえいせい -ゑい- [5] 【通信衛星】 〔communications satellite〕


通信衛星

読み方つうしんえいせい
別名:CS
【英】Communication Satellite

通信衛星とは、遠隔地相互データ通信を可能にするために開発された人工衛星のことである。

地上から発信された電波受信したら、その電波増幅して地上へと送り返す通信中継基地」として活用されている。

日本では、1977年に、アメリカケネディー宇宙センターから、アメリカ製のデルタ2914型ロケットによって打ち上げられ、静止軌道に乗った「さくら(CS)」が通信衛星の第一号となった。

通信衛星は当初大陸間や離島および船舶との通信などに利用されていたが、最近では高画質テレビ衛星放送にも利用されている。


参照リンク
衛星放送の現状 - (総務省
無線通信のほかの用語一覧
衛星通信:  テルスター  地球局  トランスポンダ  通信衛星  VSAT
赤外線通信:  IrDA  IrDA Control

通信・放送衛星

遠くはなれて直接通信できない2点を結ぶ「通信衛星」

通信衛星は、遠くはなれて直接通信できない2点を中継(ちゅうけい)するためのものです。宇宙中継をするためには、両地点から通信衛星が見えていることが必要です。太平洋上に静止衛星インテルサット」が打ち上げられ、国際電話テレビ中継おこなわれるようになりました。日本でも1983年打上げの「さくら2a」で実用化され、現在「さくら3b」が国内通信新聞紙面の電送活躍しています。

通信衛星「さくら」
通信衛星「さくら」

各家庭のアンテナでも受信できる「放送衛星」の電波

通信衛星と放送衛星大きなちがいは、通信衛星が地上受信局として大きなアンテナなどの施設が必要なのに対し、放送衛星小さなアンテナで各家庭で受信できるように衛星出力大きいことが特徴です。日本では宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))放送衛星「ゆり」シリーズをはじめ、民間会社による通信・放送衛星も打ち上げられ、運用されています。

放送衛星「ゆり」
放送衛星「ゆり」


通信衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 15:07 UTC 版)

通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)等と略される。その出力が大きく、使用目的が衛星からの直接放送であるものを特に放送衛星(BSまたはDBS)という。











通信衛星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

通信衛星に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「通信衛星」の関連用語

通信衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

こじし座

Mac OS X El Capitan

ロバート・L・クリッペン

iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Edition

アポロ10号

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル

木星

PRADA Phone





通信衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ通信衛星の記事を利用しております。
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通信衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS