光ファイバとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 光・電子デバイス用語 > 光ファイバの意味・解説 

光ファイバ(Optical Fiber)

光信号伝え媒体で、半径方向2種類(コアクラッド)の屈折率を持った石英ガラスを約0.12mmφの繊維したもの広帯域、低損失、無誘導などの優れた特性を持つ。

光ファイバ

読み方ひかりファイバ
別名:光ファイバー
【英】optical fiber

光ファイバとは、通信使用されるケーブル一種で、データ光信号変換して伝送するケーブルのことである。データ伝送速度速さ一度伝送できるデータ量大きさ、共に非常に優れていることを最大特徴とする。

光ファイバは、「コア」と呼ばれる素材中心として、「クラッド」と呼ばれる素材コア周囲を包んだ構造をしている。コア素材には石英ガラスや高純度プラスチックが用いられる。コアクラッド屈折率違いからクラッドコアとの境界面で光が全反射することによって、光は失われずにケーブル内部透過して進んでゆく。

銅線電気信号を通すことで通信行なうメタルケーブルは、外部電気信号によって干渉を受け、ノイズ混入したり信号減衰したりしやすいといった難点がある。束ねられて隣接したメタルケーブルや、電源など、信号損失機会は多い。他方、光ファイバは、ケーブル内部が完全に遮断されているので、信号漏れ損失外部からの混入などをほぼ完全に阻止することができる。複数光ケーブル一本束ねても、光ケーブル同士相互に干渉することはない。データ低減しないため、増幅器などを用いる必要なく超遠距離通信行なうことができる。

また、光の波長極めて細かい特性を活かして、光信号電気信号比べはるかに大量データ一度伝送できるメリットもある。光ケーブル1本につき、メタルケーブルの約1000倍の情報を送ることができるとされる

光ファイバー
基幹回線用 テープスロット型光ファイバケーブル(1000心)

光ファイバケーブルは、素材石英ガラスを用いたシングルモード光ファイバと、同じくプラスチック素材を用いたマルチモード光ファイバの二種類大別される。シングルモード光ファイバは、極めて高い透過屈折率持ち高速・大容量データ伝送実現するが、大きな屈曲に対応できないなど、取り扱い難しいという難点がある。シングルモード光ファイバは、主に都市都市を結ぶような基幹ネットワークのような、高い性能要求される用途利用される。他方マルチモード光ファイバは、転送速度劣り長距離伝送に対応できないという難点があるが、取扱い比較的簡単であるというメリットがある。マルチモード光ファイバは主にLANケーブルAV機器デジタル入出力ケーブルなど、家庭や一般のオフィス利用されている。

日本アメリカを結ぶ国際電話回線NTT東日本NTT西日本NTTコミュニケーションズなどの主要基幹回線は、すでに光ファイバが導入されている。すべての家庭まで光ファイバを敷設しようというFTTHFiber To The Homeサービス実現動き着々と進んでいる。ちなみに敷設されたものの使用されていない状態の光ケーブルダークファイバ呼ばれている。(メタルケーブルでは、同様の状態がドライカッパー呼ばれる)。



※画像提供 / 日立電線株式会社

光ファイバ

読み方ヒカリファイバ
【英】:optical fiber

光ファイバとは、電気信号代わりに光を用いて通信を行うための極細ガラス製またはプラスチック製の伝送路のこと。線となる高屈折率コアと、その周囲を覆う低屈折率クラッドの2層構造になっている入力光は、全反射によってコア内に閉じこめられた状態で伝搬し、金属を用いた信号伝送よりも減衰率が低く、高効率長距離伝搬が可能となる。ガラス製で高速長距離伝送に対応するが取り回し難しいシングルモードと、プラスチック製で伝送速度伝送距離は劣るが扱いが簡単なマルチモードの2種類がある。
■ 関連技術

光ファイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 02:41 UTC 版)

(光ファイバ から転送)

光ファイバー(ひかりファイバー、英語:Optical fiber)は、離れた場所にを伝える伝送路である。


[ヘルプ]
  1. ^ 「clad」は基本的に日本国内で用いられる呼称。英語圏では「外装」を意味する「cladding」が用いられる
  2. ^ TOSLINKは東芝が開発した光デジタル音声端子の規格である。
  1. ^ 大河原 2008
  2. ^ a b c 須藤, 横浜 & 山田 2006
  3. ^ 岩崎 & 福井 2006, p. 126
  4. ^ 光ファイバ、dB、減衰および測定の概要シスコシステムズ、2008年1月24日
  5. ^ 東方 2009
  6. ^ http://www.sikhfoundation.org/people-events/dr.-narinder-kapany-the-man-who-bent-light/
  7. ^ Prathap, Gangan (March 2004), “Indian science slows down: The decline of open-ended research”, Current Science 86 (6): 768–769 [769] 
  8. ^ Bellis 1998
  9. ^ 板垣 2008
  10. ^ a b 高山正之『サンデルよ、[正義]を教えよう』
  11. ^ The Royal Swedish Academy of Sciences 2009, p. 3
  12. ^ The Nobel Prize in Physics 2009”. Nobel Foundation. 2009年10月6日閲覧。
  13. ^ DE patent 1254513, Dr. Manfred Börner, "Mehrstufiges Übertragungssystem für Pulscodemodulation dargestellte Nachrichten.", issued 1967-11-16, assigned to Telefunken Patentverwertungsgesellschaft m.b.H. 
  14. ^ US patent 3845293, Manfred Börner, "Electro-optical transmission system utilizing lasers" 
  15. ^ a b NTT 2007
  16. ^ NAS 1996
  17. ^ 長井 2006
  18. ^ VAD法の開発”. NTT技術資料舘. 2011年2月2日閲覧。
  19. ^ Mears & Reekie 1987
  20. ^ 日本セラミックス協会 2006
  21. ^ 総務省 昭和60年版 通信白書
  22. ^ [ http://www.kuraray.co.jp/products/plastic/psf.html 放射線検出用光ファイバー]
  23. ^ http://news.rediff.com/report/2009/oct/08/how-india-missed-another-nobel-prize.htm






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

光ファイバに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「光ファイバ」の関連用語

光ファイバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

CELL REGZA

Xperia A4 SO-04G

Xperia AX SO-01E

Javaコンソール

Microsoft Explorer Touch mouse

Sony Tablet S

Windows 8.1 Pro

BlackBerry PRIV





光ファイバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2016 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ光ファイバの記事を利用しております。
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2016 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光ファイバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS