マルコーニとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > マルコーニの意味・解説 

マルコーニ (Marconi, Guglielmo)

マルコーニという人は

グリエルモ・マルコーニ グリエルモ・マルコーニ

イタリアボローニャ富裕旧家生まれる。リボルノ工業学校物理学学び電波について技術的研究をおこなった。 ヘルツ他界した1894年ヘルツ研究解説した本を読み、その研究に惹かれて自宅実験始めた。

マルコーニの主な経歴

マルコーニの無線電信装置 マルコーニの無線電信装置

1895年無線電信実験成功する。 高い木の頂上アンテナ取付け他端地中金属接続する接地アンテナ方式考案し、コヒーラ検波器改良など工夫重ねて受信感度高めていった。 高さ8mのアンテナで2400m離れモールス信号受信成功している。

 

1897年無線電信機のイギリスでの特許取得しマルコーニ無線電信会社設立イタリア政府反応が冷たいためイギリス売り込んだというわけである。灯台船舶用火花無線通信業務を展開し、世界主要国の特許取得して市場独占を図るが、パリ条約に未加盟であった日本での特許取得はかなわなかった。

1899年ドーバー海峡横断無線通信成功する成功後数週間実際に遭難船救助貢献し、急速に需要が高まっていく。 イギリス海軍の大演習でもマルコーニ社の無線使用された。

1901年大西洋横断無線通信成功するこのころには無線通信距離と発信電力の関係は経験的に知られてきており、感応コイル火花では弱いとされた。 交流発電機出力を20000Vに昇圧し高圧コンデンサ用いて火花飛ばした。送信アンテナは高さ60m、直径60mである。送受信局の設計ロンドン大学教授のまま技術顧問として迎えフレミングよるものである。 実際に実験前に暴風壊れてしまい、他のアンテナの使ったらしい

マルコーニの大西洋横断用アンテナ

マルコーニの大西洋横断アンテナ

 

1902年磁気検波器発明する。 コヒーラ検波器長距離通信になると空電影響を受けた。 これを防ぐ目的磁気検波器発明した。 無線技師が頭に受話器をつけるようになったのはこのときからである。

グリエルモ・マルコーニ

これらの業績に対して各国からさまざまの栄誉与えられた。 1909年にはドイツ物理学者ブラウンとともにノーベル物理学賞受賞し、1933年昭和8年)、日本訪れたマルコーニに対し、日本政府勲一等大綬章を贈る。

海底横断通信とは競合し、経営思わしくなかったが劇的変化訪れる。 1912年タイタニック号沈没である。タイタニック発信無線付近船舶無線設備がなかったため(贅沢品とされていた)、SOS受信できた船舶は93km離れていた。 これより、ある大きさ上の船舶には無線機設置義務付けられることになった。


マルコーニ

名前 Marconi

マルコーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/19 01:36 UTC 版)

マルコーニ (Marconi) はイタリア語圏の姓、地名。




「マルコーニ」の続きの解説一覧





マルコーニと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マルコーニ」の関連用語

マルコーニのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エルステッド

テスラ

クーロン

キャベンディッシュ

ガウス

ゲーリッケ

ニュートン

エピヌス





マルコーニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2016 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルコーニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS