下りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 下り > 下りの意味・解説 

くだり [0] 【下り・降り】

動詞「下る」の連用形から〕
高い所から低い方へ移動すること。上から下におりること。また,その道。のぼり登り苦しいが-は楽だ」 「この先は-になっている
乗り物道路など交通機関で,線区または路線区の起点から終点への方向。また,その方向走行する列車バス。 《下》 ↔ のぼり 「 -の最終列車」 「 -車線
上流から下流方向へ行くこと。 《下》 ↔ のぼり 「淀の-」 「川-」
都から地方へ向かうこと。 「斎宮の御-などぞやうの折の/源氏 関屋
近世上方から江戸へ向かうこと。また,上方から江戸にもたらされ物産。 「酒は嬉しく地酒にあらぬ-なり/ふところ日記 眉山
内裏都城の北にあったところから〕 京都で,南へ向かって行くこと。 ↔ のぼり三条を東へ,高倉を-に/平治
上方から江戸来ている人。 「 -の乗込み一座のさはぎ/滑稽本根無草後編
昔の時間の単位である時(とき)呼び方で,ある刻限終わり近く。 「申(さる)の-/宇治拾遺 11
下痢くだりばら。 「いよ〱-も留りませず,大ねつがさしまして/浮世草子・織留 4
地名の下に付いて)その土地のはずれの方,また,遠く隔った土地の意を表す。くんだり。 「わざ〱鎌倉-迄出掛け来て彼岸過迄 漱石

くんだり 【下り】

接尾
〔「くだり(下)」の転〕
地名に付いて,中央から遠く離れていることをやや強調して言い表すのに用いる。 「山奥-」


下り


下り


下り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下り

読み方:さがり

  1. 掏摸通行人ニ側ニアリテ、被害者ノ袖ヲ探グリ、又ハ腰間ニ携ゲタル金品窃取スルノ意。〔第三類 犯罪行為
  2. 掏摸を云ふ。
  3. 大阪地方におけるぼた(後述)の呼名。〔掏摸

分類 掏摸大阪地方


下り

読み方:さがり

  1. 土蔵、又ハ普通住家ノ家根ヲ破リ、或ハ引窓口ナドヨリ綱ヲ伝ヒテ内部ニ降リ込ミ窃盗ヲ犯スモノヲ云フ-(檐先ヨリ二十四枚目ノ瓦ヲ剥リ取リテ屋根裏破壊スルヲ慣習トナスト云)。〔第三類 犯罪行為
  2. さがりといふのは天窓などから紐を伝つ降りるもののことで「クモ」「ツキサガリ」とも云ふ。
  3. 土蔵家屋屋根を破る又は明取窓より忍入る窃盗犯を云ふ。往時軒先より二十四枚目の瓦を剥ぎ忍入る習ひなりと。「てんつり天吊り)」、「かみなりおとし雷落し)」、「てんぐ(天狗)」「さがりをかう(下り買)」、「さがりぐも下蜘蛛)」、「さがりぐち下り口)」等皆同意
  4. 盗犯侵入手口天窓から綱伝いに降るもの。「くも」「綱伝い」と同じもの。〔盗〕

分類 強窃盗、盗/犯罪


下り

読み方:さがり

  1. ⑴〔演〕桟敷無料見物すること。⑵目上の人から一度使つた物を貰うこと。又転じて目上の人の妾などを貰うこと。

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 18:16 UTC 版)

下り(くだり)




「下り」の続きの解説一覧





下りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

下りに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「下り」の関連用語

下りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

PRISMOID

エルフェンベイン-M

シルバークイーン

白縞東笹

間四ケン

初乳

白山国立公園

建部大社





下りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS