下痢とは?

げ り [0] 【下痢】

( 名 ) スル
大便液状あるいは液状に近い状態になって排泄はいせつされること。腹下し


下痢

Diarrhea

【概要】 液状大便回数が異常に多いこと。一般に小腸に原因があるものは水性で量が多く大腸に原因があるものは回数多く痛み伴いやすい。 

【詳しく】 エイズ患者では下痢がよくみられ、治せる病気があるので原因を探す努力が必要である。キャンピロバクター赤痢菌非定型抗酸菌などの細菌クリプトスポリジウムなどの真菌ランブル鞭毛虫赤痢アメーバなどの原虫、糞線虫などの寄生虫サイトメガロウイルスヘルペスウイルスなどのウイルス、そしてカポジ肉腫悪性リンパ腫などの腫瘍が下痢の原因になる。HIV自体によっても腸粘膜細胞萎縮が起こるとされ、吸収不良結果HIV消耗症候群になると言われている。細菌性感染症では発熱伴いやすく、ウイルス感染症薬剤の副作用では発熱がないこともある。原因を特定して治療をすることが先決細菌性の場合止痢剤使用すべきではない。

《参照》 HIV消耗症候群CDC分類カテゴリーBCDC分類カテゴリーC


下痢

【仮名】げり
原文diarrhea

頻繁に様性の排便があること。

下痢

【英】:Diarrhea

水分の多い液状あるいは液状に近い便を排泄することで、肛門周囲に便が付着していることからも確認できる。
腸管内に吸収され難い高浸透圧性の物質多量存在する場合腸管からの分泌が異常に亢進した場合腸管粘膜透過性が異常に亢進した場合腸管運動の異常による場合等がある。
マウスラットウサギイヌサル  程度

下痢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/16 03:48 UTC 版)

下痢(げり、: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル)状・若しくは液体状の便が出る状態である[3]。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状であり、その際の便は軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る)とも呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e whqlibdoc.who.int (PDF)”. World Health Organization. 2012年7月19日閲覧。
  2. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  3. ^ a b c Diarrhoeal disease Fact sheet N°330 (Report). http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs330/en/. 
  4. ^ Navaneethan U, Giannella RA (November 2008). “Mechanisms of infectious diarrhea”. Nature Clinical Practice Gastroenterology & Hepatology 5 (11): 637–47. doi:10.1038/ncpgasthep1264. PMID 18813221. 
  5. ^ David Schlossberg (2008). Clinical Infectious Disease. Cambridge University Press. p. 349. ISBN 9781139576659. https://books.google.ca/books?id=-wWY1_mSeq0C&pg=PA349. 
  6. ^ Patel MM, Hall AJ, Vinjé J, Parashar UD (January 2009). “Noroviruses: a comprehensive review”. Journal of Clinical Virology 44 (1): 1–8. doi:10.1016/j.jcv.2008.10.009. PMID 19084472. 
  7. ^ Greenberg HB, Estes MK (May 2009). “Rotaviruses: from pathogenesis to vaccination”. Gastroenterology 136 (6): 1939–51. doi:10.1053/j.gastro.2009.02.076. PMC 3690811. PMID 19457420. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3690811. 
  8. ^ Uhnoo I, Svensson L, Wadell G (September 1990). “Enteric adenoviruses”. Baillière's Clinical Gastroenterology 4 (3): 627–42. doi:10.1016/0950-3528(90)90053-J. PMID 1962727. 
  9. ^ Mitchell DK (November 2002). “Astrovirus gastroenteritis”. The Pediatric Infectious Disease Journal 21 (11): 1067–9. doi:10.1097/01.inf.0000036683.11146.c7 (inactive 2015-01-12). PMID 12442031. 
  10. ^ a b c 難消化吸収性糖質の消化・発酵・吸収ならびに許容量に関する研究、(平成17年度日本栄養・食糧学会学会賞)、奥恒行、日本栄養・食糧学会誌 Vol.58 (2005) No.6 P337-342
  11. ^ a b c 順天堂大学医学部附属病院看護部公式サイト
  12. ^ Mortality and Burden of Disease Estimates for WHO Member States in 2004 (xls)”. World Health Organization. 2012年7月19日閲覧。


「下痢」の続きの解説一覧

下痢

出典:『Wiktionary』 (2011/11/15 14:34 UTC 版)

名詞

(げり)

  1. 便水分量が増加し、かゆ状の便となって排泄されること。
    僕は当時僕の弟の転地先の宿屋二階大腸加答児だいちょうかたる)起し横になっていた。下痢一週間たってもとまる気色は無い。そこで元来は弟のためにそこに来ていたNさんに厄介をかけることになったのである[1]

類義語

対義語

翻訳






固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「下痢」の関連用語

下痢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大豚草

星空のうごき

モニカ トニック

コンチネンタル・ライズ

ダブルデッカー

EX-Z77

ボルボC30

琵琶湖大橋





下痢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2017 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下痢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの下痢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS