システムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > システム > システムの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


システム [1] 【system】

個々要素有機的組み合わされた,まとまりをもつ全体体系。系。
全体統一する仕組み。また,その方式制度

システム

仕組み仕事仕事関連させた総体

システム

【英】system

システムとは、複数要素体系的構成され、相互に影響しながら全体として一定の機能を果たす何物かのことである。

IT用語としては、システムという言葉は非常に多く場面で用いられる。具体的には、コンピュータシステム情報システム、ネットワークシステムなどのようにコンピュータ関わるハードウェアソフトウェア周辺機器などの一定範囲を示す場合が多い。また、オペレーティングシステムOS)のように、情報システム全体から見ると、その構成要素となる部分がそのレベルでさらに「システム」と呼ばれていることがある

システムはどのようなものでも、そのレベルでの要素組み合わせと、異なレベル階層積み重ね、そしてそれらが総体として実現している機能、という特徴持っている。従って、その組み合わせのどの範囲を切り取っているのか、全体の中のどの階層注目しているのか、そしてどの機能的特徴注目しているのか、などによってさまざまなシステム名称を持つことになる。

一般的にコンピュータ呼ばれるシステムは、データ入力内部での計算事務処理やその他業務に必要となる各種の処理の実行、および、必要な出力、という一連の動作を行うシステムを指す。なお、これと同様の動作をするものを指し情報システムと呼ぶ場合もある。コンピュータ情報システムとの間に明確な区別があるわけではないが、「情報システム」はその実方法よりも、果たす機能注目している語であり、ハードウェアとしての計算機とネットワークインフラとを利用して、業務上必要な機能実現しているシステムというニュアンスを含むことが多い。

また、ネットワークシステムといえば情報をあるノードから他のノードへと伝送あるいは交換するための、ハードウェアおよびソフトウェア体系を指す。

システムについて研究する学問分野としては、システム科学システム工学などがある。計算機分野全体については計算機科学呼ばれる分野がある。おおむね、システムは所定対象限ってシステムやドメインごとに研究が行われている。より抽象的な意味におけるシステムの挙動研究する分野としては、システムダイナミクス呼ばれる分野がある。システムダイナミクスは、各種シミュレーション技法そのためシミュレータシミュレーション言語などを用いて実験され、工学社会経済などへ応用されている。


システム

作者カレル・チャペック

収載図書カレル・チャペック短編集
出版社青土社
刊行年月2007.12


システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/25 17:18 UTC 版)

System boundary.svg

システム: system)は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて体系制度方式機構組織といった多種の言葉に該当する。

それ自身がシステムでありながら同時に他のシステムの一部でもあるようなものをサブシステムという。

語源

「組み立てた物」を意味するギリシャ語σύστημα」(スュステーマ)を語源にもつ。この「σύστημα」は同じくギリシア語の 「συνίστημι」(スュニステーミ)「組み立てる」を元に作られた語句であるが、 これは「共に」を意味する「σύν」(スュン)と「立てる」を意味する「ἵστημι」(ヒステーミ)を組み合わせた動詞である。

概念

対象が広範なこともあり、厳密で統一的な定義は無い(不可能であろう)。ここではいくつかの例を示す。

  • システムはいくつかの要素によって構成されている
  • システムに含まれる全ての要素は、必ず自分以外の要素に対してなんらかの影響を及ぼす
  • システムは時間、または時間に写像できる順序集合(全順序集合)に沿って動作する

JIS Z 8115

JIS Z 8115「ディペンダビリティ(信頼性)用語」は、信頼性に関係する分野・目的(たとえば信頼性工学)のために用語の定義を与えるものであり、必ずしも一般的な定義とは言えないかもしれないが、次のように「システム」を定義している。

所定の任務を達成するために, 選定され, 配列され, 互いに連係して動作する一連のアイテム (ハードウェア, ソフトウェア, 人間要素) の組合せ.

システムの分類

システムの境界による分類

開かれた(オープンな)システム システム外部からの入力を受け付けたり、システム外部への出力を行うシステム
閉じた(クローズドな)システム システム内の構成要素(移動体なし)の間でのみで動作し、外部との入出力がないシステム

(以上は自然言語による曖昧な説明だが、専門用語、一例としては、熱力学的なシステム(en:Thermodynamic system)における open system などは、専門用語としてそれぞれの専門的な意味があるものである)

システムの動作による分類

決定論的システム(ダイナミカルシステム システムの挙動や結果が、時間とその方向に対して一意に決まるシステム
非決定論(確率的決定論)的システム システムの挙動や結果が、確率的要因に影響され、時間とその方向に対して一意に決まらないシステム

関連項目


プラス・マイナス・システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/14 13:49 UTC 版)

(システム から転送)

プラス・マイナス・システム(Plus/Minus System)とは、野球における守備力を測るための指標である。ベースボール・インフォ・ソリューションズ社社長、ジョン・デュワン(John Dewan:スポーツデータ分析会社スタッツ社元社長)が考案し、著書『The Fielding Bible』(ISBN 978-0879462970)において発表した。これをさらに発展させたものとして、守備防御点が存在する。

算出方法

同一シーズンのすべての試合における特定のポジションの選手が処理(刺殺補殺)したすべての打球の性質をビデオ映像などで把握し記録する。具体的には、球場のフィールド部分を数百のエリアに分割し、打球がどの程度の速度で、どのような軌道を描き、どのエリアに着地したか、などをそれぞれ記録する。

この結果、例えば「エリア○○に速度××、軌道△△の打球が飛んだ場合、あるシーズンの遊撃手たちはそのうち□□%の打球を適切に処理できた」といったことがわかる。これにより、特定のシーズンにおける各ポジションの野手の平均的な守備範囲というものを客観的に算出できるようになる。

特定の選手の守備成績を算出する場合には以下の手順に従う。

  1. その選手が処理した打球と処理できなかった打球(守備機会とならなかったものも含む)を調べる。
  2. 処理できた打球に関しては、1から平均処理率をひき(例:平均80%の打球を処理した場合、1-0.8=0.2)、得点とする。
  3. 処理できなかった打球に関しては、平均処理率をそのまま減点とする。同一ポジションで誰も処理できてない打球はすなわち減点0となる。

これらの合計点が選手の守備力を示す指標となる。得点が0の場合、平均的な守備力であり、プラスならば平均以上、マイナスならば平均以下の守備力となる。

メリット

  • 主観のある程度の排除
失策のような記録員の主観に左右されることが少ない。個々の打球が処理されるべきであったか否かを記録員の判断に委ねない。
  • 積極的かつ堅実な守備がもっとも評価される
これまでの守備指標の大きな欠点は、打球個々の事情をまったく無視していることである。失策の場合、定位置真正面のゆるい打球を怠慢な守備で失策にしても、難しい打球を果敢に追い結果的に失策となっても、どちらも失策1としか記録されない。そのため、難しいと判断した打球はあえて取りに行かない消極的な選手は、失策数が増えないため守備率が高くなりやすい。
一方、刺殺・補殺およびレンジファクターは、難しい打球を処理しても簡単な打球を処理しても刺殺または補殺が1としか記録されない。そのため、守備範囲は広くても簡単な打球の処理を誤る確実性の低い選手は数値が高くなりがちである。
プラス・マイナス・システムの場合、平均処理率の低い難しい打球の加点は大きく、減点は小さい。逆に平均処理率の高い簡単な打球は加点が小さく、減点は大きい。そのため、より広い守備範囲を持ち、なおかつ堅実な守備ができる選手がもっとも高い得点を得ることができる。

デメリット

  • 煩雑な手順
プラス・マイナス・システムの最大のデメリットは、算出方法がきわめて煩雑なことである。特定の選手を調べる場合、平均処理率を確定させるため、同一ポジションのすべての選手が処理したすべての打球について調べる必要がある。1つのポジションだけでも調べなければならない打球の数は膨大であり、個人で調査することは困難である。
  • 捕手の守備力の判定に適さない
捕手の場合、守備機会の大半は三振によって記録される。バッテリーを組む投手に大きく依存してしまうため、守備力を適切に測ることができない。

関連項目

外部リンク

選手個人のFieldingの欄(Sabermetric Fieldingの欄)でRpmとして2003年以降のプラス・マイナス・システムによる評価が記載されている。
Advanced Fieldingの欄でrPMとして2006年以降のプラス・マイナス・システムによる評価が記載されている。また、Leadersの欄で、各年の順位が分かる







システムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「システム」に関係したコラム

  • 株式の取引を有利に行える夜間取引とは

    2012年7月現在、東京証券取引所(東証)の株式の取引時間は、9時から11時30分までと12時30分から15時までとされています。例えば、1日の取引の終了した夕方に、上場企業が決算の増収増益の修正発表...

  • CFDのデモ口座が開設できる業者の一覧

    CFD業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前に...

  • バイナリーオプションの初心者向け入門サイト一覧

    バイナリーオプションは、FXと同じように外国為替を扱う商品ですが、仕組みや取引のルールはFXと異なります。次のリストは、これからバイナリーオプションを始めようとする初心者向けに、バイナリーオプションの...

  • 株式取引のデモトレードを体験するには

    証券会社では、実際の株式取引を行う前に、株式取引が体験できるデモトレードサービスを用意している場合があります。デモトレードサービスは、実践の取引画面と同じような環境で、株式の売買を行ったり、株式情報を...

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「システム」の関連用語

システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガチャッポイド

FOMAハイスピード

Ascend HW-01E

順次構造

Windows Me

FlashPath

Wind NetBook U100 Vogue

iPhone 6s





システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ISO用語辞典ISO用語辞典
2016 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシステムの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシステム (改訂履歴)、プラス・マイナス・システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS