当てとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(事柄) > 当ての意味・解説 

あて [0] 【当て・宛て】

( 名 )
めあて。目的。 「 -もなくさまよう
みこみ。めあて。 「解決の-がある」 「金策の-がつく」 「捜索の-がない」
たより。期待。 「親の財産を-にする」 「 -がはずれる」 「 -にならない男」
他の語と複合して用いられる。
体・衣類などを保護補強するため,あてるもの。 「肩-」 「ひじ-」
うちつけること。 「 -身」 「鞘(さや)-」
近畿地方で〕 酒のつまみ。
接尾
数量を表す名詞に付いて,…あたり,…について,の意を表す。 「ひとり-三つずつ」
人・団体や場所などを表す名詞に付いて,送り先届け先などを表す。 《宛》 「返事は私-にください」 「会社-」


当て


当て

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「当て」の関連用語

当てのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハマナス

這龍図目貫

遊び歯車

秋吉台国定公園

マダラフウセンタケ

ヨモギ

ゆうとぴあ

John Quincy Adams





当ての意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS