SEとは?

SE(サウンド・イフェクト) sound effect

音響効果のこと。音楽以外の音素材を、映像背景流し伝達効果上げる。自然音、擬音だけでなく、最近デジタル機器による合成音も増加てきている。

SE 【Sound Effect】

効果音のこと。、波、嵐といった自然音や動物鳴き声等の音を用いて演出効果上げるために使用する。

SE

フルスペル:system engineer
読み方システムエンジニア

SEとは、コンピューターシステム設計システム開発プロジェクト管理などを行う技術者のことである。各種業務広範知識と、コンピューターハードウェアソフトウェア両面にわたる知識要求される。

通常SEはシステム全体概要設計と、システム各部詳細設計作成する。すると、詳細設計仕様書としてプログラマーに渡され、プログラマー指定されたアーキテクチャー合わせて仕様書をもとに分担作業コーディングする。ただし、コーディング全体管理することもSEの仕事になることが多い。また、SEの語が単にIT関連技術者という意味で使用されることもある。


SE

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

二次電子 SE: secondary electron

入射電子非弾性散乱によって、固体内の電子励起され、真空中に放出されたもの。そのエネルギー一般に50eV以下として定義される。エネルギー小さいため、試料内部発生したもの試料中で吸収され、表面近く発生したものだけが試料表面から放出される。実際に二次電子検出器検出されるものには、入射電子直接励起したものSE1)のほか、反射電子試料表面試料近傍構造物励起したものSE2、SE3)などが、混在している。なお、広義の二次電子として一次電子以外のもの全てを二次電子と言うことがあり、この場合反射電子含まれる

関連する用語

セレン

分子式Se
その他の名称:Selenium、C.I.77805、セレン(Se)、Se
体系名:セレン


ヒドリドセレン

分子式Se
その他の名称:Hydrideselenium
体系名:ヒドリドセレン


物質
セレン
英語名
Selenium
元素記号
Se
原子番号
34
分子量
78.96
発見
1818年
原子半径(Å)
1.16
融点(℃)
220.2
沸点(℃)
684.9
密度(g/cm3
4.82
比熱(cal/g ℃)
0.084
イオン化エネルギー(eV)
9.752
電子親和力(eV)
2.0206


ブドウ球菌エンテロトキシン


実質的同等性

【英】: Substanial Equivalence, SE
「実質的同等性」とは、遺伝子組換え作物(食品)の安全性評価する際に、遺伝子組換え作物(食品)とこれまで人が食べてきた非組換え作物(食品)とを比べて、組換え成分以外が同じかどうか判断するための考え方である。

私たちは、毎日いろいろな作物を食べているが、これらの食べ物安全性は、人類長い間食べ続けるため工夫してきた調理法などの経験確保されている。例えば、ジャガイモのように毒のあるものは皮をむいて毒のある部分取り除き、ダイズ生で食べると、おなかをこわしてしまうので加熱して食べる。このように作物(食品)にはさまざまな成分があり、含まれている成分すべてが安全というわけではない。

このようなことがあるので、遺伝子組換え(作物)食品が安全かどうかこれまで安全に食べられてきた作物(食品)と比較する考え方である。つまり、遺伝子組換え作物(食品)と、これまで人が食べてきた非組換え作物(食品)とを比べて「実質的に同じかどうか」が検討される。それは、
(1)遺伝素材に関する事項
(2)広範囲ヒトの安全な食経験に関する資料
(3)食品構成成分などに関する資料
(4)既存種と新品種の使用方法相違に関する資料
の各要素について検討し、当該植物と、既存のものが全体として食品としての同等性を失っていない客観的判断できるかどうかにより行う。

実質的同等とみなせる」と客観的判断された場合これまで安全に食べられてきた作物(食品)の知見などの蓄積が十分であるから、同じ成分安全性評価をされない。しかし、新しく生じる変化(新しく導入した遺伝子により変化した成分などの安全性など)については安全性評価される。

このように実質的同等とみなすこと自体が、遺伝子組換え作物(食品)が安全であることを意味するわけではない実質的同等遺伝子組換え作物(食品)の安全性は、さらに新しく導入した遺伝子により変化した成分などの安全性などを比較評価して、安全性判断している。

遺伝子組換え食品

遺伝子組換え技術


セレン(Se)

セレンは灰色光沢のある固体物質です。地殻中の存在量は約0.05mg/kgとわずかですが、自然界広く存在します。セラミックス半導体光電池整流器等広い用途使用されています。セレンは生体必須元素ですが、過剰摂取すると、中毒症状示します。急性中毒症状としては、粘膜刺激頭痛呼吸不全慢性中毒症状としては、皮膚胃腸への障害神経障害等が知られています。環境基準値は、「0.01mg/リットル以下」と定められています。

Se

名前 ソォ

SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/10 00:44 UTC 版)

SE, se, Se

一般名詞

接尾辞

固有名詞

地名

言語

企業

製品

その他


.se

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/14 09:29 UTC 版)

.se
スウェーデンの旗
施行 1986年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC-SE
後援組織 II-Stiftelsen
利用地域 スウェーデンに関連のある団体・個人
使用状況 スウェーデンでは非常に多く使用されている。
  

.seスウェーデン国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)で、インターネットでドメイン名として使用されている。NIC-SEが管理している。

セカンドレベルドメイン

  • .a.se, .c.se, .d.se, .e.se, .f.se, .g.se, .h.se, .i.se, .k.se, .m.se, .n.se, .o.se, .s.se, .t.se, .u.se, .w.se, .x.se, .y.se, .z.se, .ac.se, .bd.se. - 以上のドメインは住所を持つ郡関連である。
  • .org.se - 非営利団体
  • .pp.se - 民間の個人向け
  • .tm.se - 商標登録済向け
  • .parti.se - 政党向け
  • .press.se - 出版社向け
  • .mil.se - 軍向け

関連項目

外部リンク

Northern-Europe-map-extended.png この「.se」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ





SEと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

SEに関連した本

「SE」に関係したコラム

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SE」の関連用語

SEのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブレーキ式摩擦溶接

メディアンフィルタ

5.1チャンネル

スタリオン

スティックスリップ

Xbox 360

ガスシールドアーク溶接

E50 METAL





SEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2016 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2016 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSEの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2016 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2016 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSE (改訂履歴)、.se (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS