運用とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > 運用 > 運用の意味・解説 

うん よう [0] 【運用】

( 名 ) スル
物の機能を生かして用いること。活用。 「法の-をめぐって論争する」
金銭利殖などの目的のために他の財産形態変えること。 「財産を-する」
運転。特に,操船


運用

所有する資金株式債券為替などの金融商品投資し、利ザヤを稼ぐことを目的資金を動かすこと。
運用をする主体は、政府資金運用部、機関投資家ファンドマネージャーなどの大口のものから、小口個人投資家までさまざまです。大口投資家なかでも、とくに投資信託を運用するにあたっては、決算期ごとの信託財産中身がどうなっているかを受益者に対して通知する必要があります。それを「運用報告書」または「ディスクロージャーと言います。いかに運用するかによって、資産増減が明確になってきます。

運用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 23:12 UTC 版)

運用(うんよう)




「運用」の続きの解説一覧





運用と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

運用に関連した本

「運用」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • 株365の取引で用いられる用語

    株365の取引画面や取引明細書に記載されている専門用語の意味や計算方法について解説をします。▼総資産証拠金預託金額と建玉の損益を合計した金額です。総資産=証拠金預託金額+建玉損益▼証拠金預託金額購入前...

  • 株365の金利相当額と配当相当額で利益を出すには

    株365では、売りポジション、あるいは、買いポジションを保有すると金利相当額、配当相当額の受け払いが生じます。売りポジションを保有すると金利相当額を受け取ることができます。また、配当相当額を支払わなけ...

  • CFDで取り扱う債券の一覧

    CFDで取り扱う債券は、日本やアメリカ合衆国などの国債先物が銘柄として用意されています。国債先物は、主に機関投資家などが取引を行っているものです。なお、先物は期限の決められた商品のため、期日までに決済...

  • FXのスワップポイントの計算方法は

    FX取引では、通貨ペアの種類や取引の方法などによりスワップポイントが発生します。スワップポイントは、通貨ペアの2国間の金利差によって発生する利息のことです。スワップポイントは、通貨ペアの2国間の金利差...

  • 株式やFX、CFDのアストロロジー分析とは

    株式やFX、CFDの分析手段には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析、クオンツ分析、定量分析などがあります。そして、アストロロジー分析も株式やFX、CFDの分析手段の1つとして用いられています。ア...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「運用」の関連用語

運用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

五つ紋服

WS005IN

ベイヒ

ステム

天冠

ブリッジ

モハ1形

7200系





運用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2016 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS