扱いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 扱いの意味・解説 

あつかい あつかひ [0] 【扱い】

物を使用したり,操作したりすること。 「 -が乱暴だ」
人の相手になること。応対。 「部下の-がうまい」
その地位,その状態にある者として接すること。他の語と複合して用いられる。 「罪人-」 「子供-」
人の世話をすること。病人看護すること。 「この人,かくてやみ侍なば,御前の御-,いかがつかうまつらむ/狭衣 1
訴訟争い事の仲立ちをすること。調停仲裁。 「町衆-にかかり年分に其家を立んといへば/浮世草子永代蔵 3


扱い

読み方:あつかい

ワ行五段活用動詞「扱う」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

扱いに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「扱い」の関連用語

扱いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フォームドアスファルト舗装

吉野川

白兎海水浴場

洗桶

コンゴウフグ

液状化現象

堆肥

猟奇





扱いの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2016 Weblio RSS