中華人民共和国とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 中華人民共和国の意味・解説 

中華人民共和国

中華人民共和国
People's Republic of China
通貨単位中国人民幣 元/角/分
Chinese Yuan Renminbi /Jiao / Fen
1元=10角=100分
マップ
1 元(ユアン) (1996)
5 角(ジャオ) (1998)
1 角(ジャオ) (1995)
5 分(フェン) (1986)
2 分(フェン) (1976)
1 分(フェン) (1977)

中華人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 16:39 UTC 版)

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中国語: 中華人民共和國/中华人民共和国: People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、: China)は、東アジアに位置する主権国家である。同国は、13億5千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。同国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である[4]




[ヘルプ]
  1. ^ United Nations Department of Economic and Social Affairs>Population Division>Data>Population>Total Population
  2. ^ a b IMF>Data and Statistics>World Economic Outlook Databases>By Countrise>China
  3. ^ a b IMF Report for Selected Countries and Subjects
  4. ^ Walton, Greg; International Centre for Human Rights and Democratic Development (2001). “Executive Summary”. China's golden shield: Corporations and the development of surveillance technology in the People's Republic of China. Rights & Democracy. p. 5. ISBN 978-2-922084-42-9. http://books.google.com/?id=S9rP0A2q14UC&lpg=PA4&dq=single-party%20%22people's%20republic%20of%20china%22&pg=PA5#v=onepage&q=%22single-party%20state%22. 
  5. ^ Chinese Civil War”. Cultural-China.com. 2013年6月16日閲覧。 “To this day, since no armistice or peace treaty has ever been signed, there is controversy as to whether the Civil War has legally ended.”
  6. ^ Countries of the world ordered by land area”. Listofcountriesoftheworld.com. 2010年4月27日閲覧。
  7. ^ Dahlman, Carl J. “China and the Knowledge Economy: Seizing the 21st Century. WBI Development Studies. World Bank Publications.”. Institute of Education Sciences. 2014年7月26日閲覧。
  8. ^ http://browse.oecdbookshop.org/oecd/pdfs/product/4107091e.pdf Angus Maddison. Chinese Economic Performance in the Long Run. Development Centre Studies. Accessed 2007. p.29
  9. ^ a b Report for Selected Country Groups and Subjects (PPP valuation of country GDP)”. IMF. 2015年8月2日閲覧。
  10. ^ a b Data (2015年7月2日). “"Gross domestic product 2014, PPP", World Bank, accessed on 2 July 2015”. Data.worldbank.org. 2015年8月2日閲覧。; European Union calculated by sum of individual countries.
  11. ^ a b Field listing - GDP (PPP exchange rate), CIA
  12. ^ White, Garry (2013年2月10日). “China trade now bigger than US”. Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/finance/economics/9860518/China-trade-now-bigger-than-US.html 2013年2月15日閲覧。 
  13. ^ Muldavin, Joshua (2006年2月9日). “From Rural Transformation to Global Integration: The Environmental and Social Impacts of China's Rise to Superpower”. Carnegie Endowment for International Peace. 2010年1月17日閲覧。
  14. ^ “A Point Of View: What kind of superpower could China be?”. BBC. (2012年10月19日). http://www.bbc.co.uk/news/magazine-19995218 2012年10月21日閲覧。 
  15. ^ "China". The American Heritage Dictionary of the English Language (2000). Boston and New York: Houghton-Mifflin.
  16. ^ "China". Oxford English Dictionary (1989). ISBN 0-19-957315-8.
    The Book of Duarte Barbosa (chapter title "The Very Great Kingdom of China"). ISBN 81-206-0451-2. In the Portuguese original, the chapter is titled "O Grande Reino da China".
  17. ^ Eden, Richard (1555). Decades of the New World: "The great China whose kyng is thought the greatest prince in the world."
    Myers, Henry Allen (1984). Western Views of China and the Far East, Volume 1. Asian Research Service. p. 34. 
  18. ^ Martino, Martin, Novus Atlas Sinensis, Vienna 1655, Preface, p. 2.
  19. ^ Liu, Lydia He (2009). The Clash of Empires: the invention of China in modern world making. Harvard University Press. pp. 77–78. ISBN 9780674040298. "Olivelle's evidence affirms that cīna is related to the Qin dynasty but leaves the precise nature of that linkage open to speculation." 
  20. ^ Wade, Geoff. "The Polity of Yelang and the Origin of the Name 'China'". Sino-Platonic Papers, No. 188, May 2009, p. 20.
  21. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「jmsdfsc」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  22. ^ 中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計”. 産経新聞 (2009年4月30日). 2010年4月27日閲覧。
  23. ^ a b 櫻井よしこ (2008年6月19日). “「“モンゴル人ジェノサイド 実録”」”. 週刊新潮2008年6月19日号. 櫻井よしこ. 2010年12月31日閲覧。
  24. ^ 櫻井よしこ (2011年7月14日). “特集「 国防費を超える予算で『中国共産党』の異民族弾圧 」”. 週刊新潮 2011年7月14日号 (櫻井よしこ). http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2011/07/14/%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%8c%e3%80%80%e5%9b%bd%e9%98%b2%e8%b2%bb%e3%82%92%e8%b6%85%e3%81%88%e3%82%8b%e4%ba%88%e7%ae%97%e3%81%a7%e3%80%8e%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%85%b1%e7%94%a3%e5%85%9a%e3%80%8f%e3%81%ae/ 2011年7月閲覧。 
  25. ^ カメラは見た!公判中、携帯電話に出る裁判長、たばこを吸う書記官…とんだ裁判』2008年1月4日付配信 Record china
  26. ^ 中国裁判官が日系企業にわいろ強要、断ったら設備破壊』2008年4月9日付配信 読売新聞
  27. ^ 上海查处法官涉嫌招嫖案:3人被开除党籍、提请开除公职 - 人民日報(2013年8月7日閲覧)
  28. ^ “【ジョークは語る】タイタニック、中国船なら…「死者は10人!」”. 産経新聞. (2013年12月1日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131201/chn13120112000004-n1.htm 2013年12月1日閲覧。 
  29. ^ 中国企業と国家:一段と厳しくなる締め付けThe Economist 2015年12月25日
  30. ^ 清水美和『中国はなぜ「反日」になったのか』(平成15年、文藝春秋、文春新書)175頁
  31. ^ 時事ドットコム:「反日」以外のデモは禁止=立ち退き問題で抗議認めず-中国
  32. ^ 読売新聞 「中国、劉暁波氏のノーベル賞候補に不快感 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)」2010年9月28日
  33. ^ 産経 「「民主活動家受賞すれば関係悪化」 中国外務次官、ノーベル平和賞選考に「圧力」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース」2010年9月28日
  34. ^ 時事通信10月21日(木)21時43分配信 10月22日閲覧
  35. ^ 朴槿恵訪中と歴史トラウマ 中韓蜜月の背後にあるものwedge 2015年9月17日
  36. ^ ジンバブエの独裁者ムガベ大統領、極貧に苦しむ国民を尻目にアイスクリーム会社設立ハフィントンポスト 2015年8月24日
  37. ^ “中国版ノーベル平和賞”にジンバブエのムガベ大統領focus-asia 2015年9月30日
  38. ^ 立派な中国憲法産経新聞 2015年7月15日
  39. ^ 中国の弁護士拘束を憂慮する日本経済新聞 2015年7月15日
  40. ^ “Googleが中国撤退を発表、サービスは香港のサーバーから継続” (日本語). impress internet watch. (2010年3月23日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100323_356270.html 2013年4月14日閲覧。 
  41. ^ “Google Official Blog A new approach to China: an update” (英語) (プレスリリース), Google, (2010年3月22日), http://googleblog.blogspot.jp/2010/03/new-approach-to-china-update.html 2013年4月14日閲覧。 
  42. ^ 中国、ネット規制など明文化 国家安全法が成立 日本経済新聞 2015年7月1日
  43. ^ 中国の株安対策が暗示する国家安全法の脅威WSJ 2015年7月8日
  44. ^ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130528-00000007-pseven-cn
  45. ^ 酒井信彦 (2004年2月24日). “中国・中華は侵略用語である ― シナ侵略主義の論理構造 ―”. 財団法人・日本学協会『日本』 平成16年(2004)2月号. 日本ナショナリズム研究所. 2011年1月9日閲覧。
  46. ^ Andrew Jacobs (2010年12月13日). “Ethnic Mongolian Dissident Released by China Is Missing”. New York Times. 2011年1月9日閲覧。
  47. ^ “チベット暴動での死者数は80人・負傷者は72人=亡命政府”. ロイター. (2008年3月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-30849620080316 2011年2月28日閲覧。 
  48. ^ “チベット暴動:欧州各国で抗議行動”. 毎日新聞. (2008年3月17日). オリジナル2008年3月17日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-0317-1922-14/mainichi.jp/select/world/asia/news/20080317k0000e030060000c.html 
  49. ^ Xinjiang riot hits regional anti-terror nerve新華網 2009年7月18日
  50. ^ a b 中国の「テロとの戦い」は国際社会の支持を得るか日経BP 2015年7月3日
  51. ^ 新疆暴動、死者「2千人以上」か 米放送伝える産経新聞 2014年8月6日
  52. ^ 新疆暴動「治安当局が2000人殺害」、亡命ウイグル団体主張 日本経済新聞 2014年8月6日
  53. ^ 仏記者への個人攻撃「懸念」 中国外国人記者会 日本経済新聞 2015年12月1日
  54. ^ 中国、政策批判の仏誌記者に記者証発給せず 国外退去へ朝日新聞 2015年12月26日
  55. ^ タイ、ウイグル族100人を中国送還 トルコではデモ発生WSJ 2015年7月10日
  56. ^ 米 ウイグル族強制送還でタイ政府を非難nhk 2015年7月10日
  57. ^ SIPRI. “Military Expenditure and Arms Production>data on military expenditure>The 15 major spender countries in 2008(table)”. 2009年6月15日閲覧。
  58. ^ 2006年6月7日付 人民網日本語版
  59. ^ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37646
  60. ^ レコードチャイナ:<ガザ>ハマスは中国製兵器を使用、中東の平和脅かすと批判― (2009.1)
  61. ^ “ハマース、中国からライフル2000丁を購入か?―米紙”. レコードチャイナ. (2009年4月30日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=30969&type=0&p=1&s=no 2011年1月12日閲覧。 
  62. ^ “中国、北朝鮮に軍車両輸出=安保理決議に違反-日本政府把握、公表せず”. 時事通信. (2012年6月13日). http://jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012061300327 2012年6月15日閲覧。 
  63. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/news/130206/chn13020611080002-n1.htm
  64. ^ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37015
  65. ^ US plane observes from Chinese 'islands'AFP 2015年5月22日
  66. ^ 中国、米に猛反発 「言動慎め」「適切措置取る」 南シナ海監視強化に 産経新聞 2015年5月22日
  67. ^ World Bank World Development Indicators”. World Bank. 2014年12月8日閲覧。
  68. ^ "Shanghai's GDP grows 8.2% in 2011". China Daily. 20 January 2012. Retrieved 15 April 2012.
  69. ^ Nominal GDP comparison of China, Germany, France, Japan and USA”. IMF World Economic Outlook (April 2013 data). 2013年4月26日閲覧。
  70. ^ IMF World Economic Outlook Database 2012
  71. ^ China has more billionaires than US: Report - CNBC.com
  72. ^ China's middle class overtakes US as largest in the world
  73. ^ アジア開発銀行 Poverty in Asia and the Pacific: An Update
  74. ^ 世界銀行による国の分類
  75. ^ 2010年国民経済運行態勢総体良好”. 中華人民共和国国家統計局 (2011年1月20日). 2011年1月22日閲覧。(中国語)
  76. ^ 日本経済新聞 2011年1月21日
  77. ^ “食材でもチャイナリスク回避 アジア・アフリカと広がる調達先”. 産経新聞. (2013年2月21日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130221/biz13022111260008-n1.htm 2013年2月21日閲覧。 
  78. ^ “【回顧・激動経済】中国リスク 「チャイナ+1」加速へ”. 産経新聞. (2012年12月26日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121229/biz12122912010005-n1.htm 2013年2月21日閲覧。 
  79. ^ “【25〜ニッポン未来予測(3)】「やっと中国から解放された」…インドが「世界の工場」に”. 産経新聞. (2013年1月4日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/130104/trd13010412400009-n1.htm 
  80. ^ 「ごみ箱の中で少年5人が死亡、CO中毒か 中国」-CNN.co.jp,2012年11月22日
  81. ^ 「中国の格差象徴 ゴミ箱で消えた少年5人の命」-産経ニュース,2012年11月23日
  82. ^ 2006年9月1日付配信 NNA
  83. ^ a b c d e f g 日本経済新聞(2016年5月2日)朝刊第7面「中国、8兆円減税始動 景気の下支えや産業高度化狙う」
  84. ^ 監査法人トーマツ編 「アジア諸国の税法」 第四版 ISBN 4-502-91370-7
  85. ^ 「環境保護省の組織固まる」-日経エコノミー,2008年9月8日
  86. ^ 日本の技術者が警告! 中国の「原発」は必ず大事故を起こす現代ビジネス 2015年9月4日
  87. ^ 中国第三世代原発「華龍1号」の実力日経ビジネス 2015年10月28日
  88. ^ AP通信, 2006年12月27日
  89. ^ 「中国の宇宙開発動向と日中宇宙協力の可能性」, 独立行政法人科学技術振興機構, 2008年9月20日[リンク切れ]
  90. ^ 副島隆彦『あと5年で中国が世界を制覇する』ビジネス社 2009年
  91. ^ 週刊現代』2011年2月5日号
  92. ^ http://news.xinhuanet.com/legal/2016-01/04/c_128593401.htm
  93. ^ http://henan.163.com/16/0128/09/BEDIG3P602270ILJ.html
  94. ^ http://sc.sina.com.cn/news/b/2015-10-31/detail-ifxkhcfk7468641-p6.shtml
  95. ^ 大学進学率23%、中国の高等教育が大衆化段階に、China.org.cn
  96. ^ w:Chinese Family Panel Studies's survey of 2012. Published in The World Religious Cultures issue 2014: 卢云峰:当代中国宗教状况报告——基于CFPS(2012)调查数据. p. 13, reporting the results of the Renmin University's Chinese General Social Survey (CGSS) for the years 2006, 2008, 2010 and 2011, and their average. Note: according to the researchers of CFPS, only 6.3% of the Chinese are not religious in the sense of atheism; the others are not religious in the sense that they do not belong to an organised religion, while they pray to or worship gods and ancestors in the manner of the traditional popular religion.
  97. ^ 「チベット亡命政府発表 ー チベットからのレポート(14)」, ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 (2008.3)
  98. ^ 「現在のチベットの状況」, ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  99. ^ 中国政府、チベット高僧の転生に事前申請を要求”. AFP BB News. 2007年8月4日閲覧。
  100. ^ 「孔府、孔林、孔廟 儒家思想はぐくんだ孔子の里」, 人民中国, 2003年5月号
  101. ^ 中国、宗教統制に本腰か 習近平政権成立3年迎えクリスチャントゥデイ 2015年10月20日
  102. ^ キリスト教へ抑圧強化=弁護士に「ざんげ」迫る―十字架撤去に抗議・中国時事通信 2016年2月26日
  103. ^ 上海でポルノサイト4000近く閉鎖 中日之窓 2008年01月16日
  104. ^ ポルノサイトの運営者に終身刑 - 中国 AFPBB News 2006年11月24日 10:15



中華人民共和国

出典:『Wiktionary』 (2012/02/25 11:25 UTC 版)

固有名詞

中華人民共和国 ちゅうかじんみんきょうわこく

  1. アジア大陸東部占め人民共和国1949年建国され現在まで、東アジア中国呼称される領域大部分から、チベットなど中央アジアにかけて支配し、北京首都としている。中国

翻訳

一部、「中国」のみで「人民共和国」の意を含んでいないものもある。


中華人民共和國

出典:『Wiktionary』 (2012/05/05 17:45 UTC 版)

  1. 中華人民共和国旧字体表記





中華人民共和国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「中華人民共和国」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中華人民共和国」の関連用語

中華人民共和国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鳴瀬川

Golf

消防ヘリコプター

ミクリ

キャノンタイプコネクター

排土板

アプトン

篩骨





中華人民共和国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2016, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中華人民共和国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中華人民共和国 (改訂履歴)、中華人民共和國 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS