.csとは?

シー エス [3] 【 CS 】 〔communications satellite〕


CS

chemical sensitivity
化学物質過敏症(かがくぶつしつかびんしよう)

CS


CS


CS


CS

customer satisfaction
顧客ニーズ充足することにより得られる顧客の満足。顧客へのサービス個性化によって競争企業との差別化を図ろうとするものをいう顧客満足

Cs


CS

顧客どれだけ自社製品サービスに満足をしているかを数値化して把握することで、顧客との良好な関係を維持発展させてゆく考え方
1980年代アメリカ流行したマーケティング手法で、CS調査による顧客満足度数値化とCSマニュアルによる顧客満足度維持・向上のプロセスとに分けられる。90年代後半には多く日本企業でも導入されたが、顧客の満足を追求するために過度サービス競争などの企業経営圧迫する弊害も生じている。
ここで重要なことは、CSとは顧客至上主義ではなく顧客の満足をいかにして売上につなげてゆくかという具体的なアクションが重要であるということ近年CRM流れから再び脚光を浴び始めている中、顧客満足売上増大プロセス構築することがポイントとなります。

CS

Central Secretariat/ISO中央事務局ISO中央事務局は、スイスジュネーブにある。IEC/CO(中央事務局)と共通のビル入居している。中央事務局では、国際規格出版販売及び各種委員会決定事項など国際標準化に関わる全ての情報会員伝えている。

顧客満足(CS)


CS

通信衛星出力20-50程度デジタル放送ケーブルテレビ向けの番組供給(スペースケーブルネット)と、テレビ番組系列局への配信等に利用されている。

CS Customer Satisfaction


CS 【Communications Satellite】

通信衛星

大陸通信など遠く離れた2点間を結ぶ長距離通信中継局役割を果たすために開発された人工衛星赤道上空36,000キロ軌道飛行する静止衛星と、それ以外の高度を飛行する移動通信衛星がある。

これまでCSの利用は、事業者間の「通信」にのみ限られていたが1989年には放送法改正され、それまでBSでしか認められなかった衛星による「放送」がCSでも実施できるようになった

クーラーステーション(CS)


酪農家から集められた生乳は、最終的県内外の乳業工場へ送られますがその中間位置し、大量流通配送先変更などに対応するために一時的貯留し、冷却する施設のことをクーラーステーション(CS)といいます。


クーラーステーション

CS

英語 communication satellite

通信衛星携帯電話を含む国際電話などの通信電波送受信中継目的人工衛星地上約36000kmの静止軌道上に位置放送用としても使われている。

参照 BS

Cs

英語 coefficient of side force

横力係数車体に対して斜めあるいは真横から風が当たると横力発生し、その効率を示す数値。この数値大きいとハンドルふらつき走行安定性が悪い。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

CS

賃貸住宅場合CSデジタル放送受信するためのアンテナが付いているということスカイパーフェクTVディレクTV受信するためにはこれが必要。

さくら

分類:人工衛星


名称:実験用中容量静止衛星「さくら」/Medium-capacity Communications Satellite for Experimental Purpose(CS)
小分類:通信放送衛星
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:郵政省
打ち上げ年月日:1977年12月15日
運用停止年月日:1985年11月25日
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタ2914型ロケット137号機
打ち上げ場所:ケネディ宇宙センター
国際標識番号:1977118A

さくらは、今後実験衛星通信システム実現目的として、郵政省NTTなどによって打ち上げられた実験衛星です。
さくらはスピン安定方式姿勢制御し、設計寿命3年でした。
大きな分類としては通信衛星(CS=Communications Satellite)となります。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
直径約220cm、高さ約350cm(通信アンテナを含む)の円筒形で、重量は約350kg(静止軌道初期)です。
6チャンネルの準ミリ波(30/20GHz・予備なし)通信中継器と、2チャンネルマイクロ波(6/4GHz・予備なし)通信中継器搭載しています。

2.どんな目的使用されるの?
衛星通信システムとしての伝送実験衛星通信システムとしての運用技術確立通信衛星管制技術確立のための実験使用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
静止衛星軌道投入後、初期段階における衛星点検経て1978年5月15日定常段階移行1981年5月15日まで、郵政省中心とした各種利用実験が行われました。引き続いて後期利用段階移り1983年9月16日から、さくら2号bとの電波干渉避けるため、東経150度に移されました。1985年11月25日すべての後期利用終了し、静止軌道外へ軌道位置変更をおこなって、約8年間の運用終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
さくら2号a/2号b、さくら3号a/3号bがあります

5.どのように地球を回るの?
高度約36,000km、傾斜角0度、周期24時間東経135度静止衛星軌道でした。

参考文献:大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001」(東京書籍斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)


顧客満足

読み方こきゃくまんぞく
【英】:customer satisfaction (CS)

企業提供する製品サービス機能品質に対し顧客が満足しか否かを意味するもので, 多く場合, 顧客満足度として示される. これは, 一般に多様な顧客いくつかにセギュメントして, 製品サービス主要な機能品質に対して欲求程度とそれに対す充足程度比べ, これらを総合化して表現するものである.


2-クロロベンジリデンマロノニトリル

分子式C10H5ClN2
慣用名CS【催涙ガス】、CS【lacrimator】、2-クロロBMN、NCI-C-55118、USAF KF-11、CS【催涙物質】、2-ChloroBMN、o-Chlorobenzylidenemalononitrile、2-[(2-Chlorophenyl)methylene]propanedinitrile、2-(2-Chlorophenyl)methylenepropanedinitrile、2-(2-Chlorophenyl)ethene-1,1-dicarbonitrile、2-(2-Chlorobenzylidene)propanedinitrile、2-Chlorobenzylidenemalononitrile、o-クロロベンジリデンマロニトリル、o-Chlorobenzylidenemalonitrile、(2-Chlorobenzylidene)malononitrile
体系名:2-クロロベンジリデンマロノニトリル、(2-クロロベンジリデン)マロノニトリル、2-(2-クロロベンジリデン)マロノニトリル、2-[(2-クロロフェニル)メチレン]プロパンジニトリル、2-(2-クロロフェニル)メチレンプロパンジニトリル、o-クロロベンジリデンマロノニトリル、2-(2-クロロフェニル)エテン-1,1-ジカルボニトリル、2-(2-クロロベンジリデン)プロパンジニトリル


D‐シクロセリン

分子式C3H6N2O2
慣用名シクロセリン、セロマイシン、オキサマイシン、オリエントマイシン、D-4-アミノ-3-イソオキサゾロン、D-4-アミノ-3-オキソ-1,2-オキサゾリジン、Oxamycin、SeromycinCycloserine、Orientmycin、D-4-Amino-3-isoxazolone、(R)-4-Aminoisoxazolidin-3-one、D-4-Amino-3-oxo-1,2-oxazolidine、Wasserina、Tisomycin、Ro-1-9213、PA-94、Novoserin、NJ-21、K-300、E-733-A、I-1431、D-Cycloserine、Cyclo-D-serine、(+)-Cycloserine、チソミシン、ワセリナ、ノボセリン、Farmiserina、ファルミセリナ、(4R)-4α-Aminoisoxazolidin-3-one、Orientomycin、(R)-(+)-Cycloserine、D-シクロセリン、サイクロセリン、CS【シクロセリン】、(+)-シクロセリン、[R,(+)]-4-Aminoisoxazolidine-3-one、(4R)-4α-Aminoisoxazolidine-3-one、(R)-4-Aminoisoxazolidine-3-one、CS【Cycloserine
体系名:[R,(+)]-4-アミノイソオキサゾリジン-3-オン、(4R)-4α-アミノイソオキサゾリジン-3-オン(R)-4-アミノイソオキサゾリジン-3-オン


セシウム


チオキソカルベン

分子式CS
慣用名Thioxocarbene
体系名:チオキソカルベン


一硫化炭素


物質
セシウム
英語名
Caesium
元素記号
Cs
原子番号
55
分子量
132.90543
発見
1860年
原子半径(Å)
2.62
融点(℃)
28.5
沸点(℃)
703.3
密度(g/cm3
1.87
比熱(cal/g ℃)
0.052
イオン化エネルギー(eV)
3.894
電子親和力(eV)
0.4715


条件刺激

【英】Conditioned Stimulus [CS]
読み方じょうけんしげき

中性刺激誘発刺激無条件刺激]と対提示されることによって、条件づけ強度増大もたらす場合そのような刺激を条件刺激という。

.cs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/10 07:03 UTC 版)

.cs
チェコスロバキアの国旗

セルビア・モンテネグロの国旗
施行 およそ1990年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用不可
管理団体 なし
後援組織 なし
利用地域 チェコスロバキア(削除されるまで)に関連のあった団体か、セルビア・モンテネグロに関係のあった団体(計画のみ)
使用状況 .cz.skのいずれかに切り替えるまで、チェコスロバキアで多く使用されていた。セルビア・モンテネグロでは使用されなかった。
登録の制限 登録するための場所は存在しない。
階層構造 存在しない
方針 なし
ウェブサイト なし
テンプレートを表示

.csチェコスロバキア1989年までチェコスロバキア社会主義共和国、以降はチェコスロバキア連邦共和国)に割り当てられていた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。

しかし、1993年にチェコスロバキアのチェコ共和国スロバキア共和国への分割により、2つの新しい国に、それぞれ、.cz.skの新しいccTLDが割り当てられた。.csの使用は減少し、1995年1月頃にccTLDが削除された。

.csは、削除されることになっても、非常に多く利用されていたトップレベルドメインであった。RIPE Network Coordination Centreからの統計では、.czと.skへの置き換えが多数行なわれた後の1994年6月においても、.csドメインが残っていることを示していた。.csは2,300を越えるホストが存在し、他の削除されたTLD(例えば、.nato.zr等)と比較して、2倍以上の数であった。

また、CSは、セルビアモンテネグロに分割する以前のセルビア・モンテネグロセルビア語Srbija i Crna Gora)のISO 3166-1におけるコードである。しかし実際には、セルビア・モンテネグロの時代にもユーゴスラビア連邦共和国時代のccTLDである.yuをそのまま使用し続けたため、セルビア・モンテネグロで.csが利用されることはなかった。分割後のISO 3166-1のコードは、セルビアはRS、モンテネグロはMEとなり、それぞれ.rs.meへの移行が行われている。

関連項目

  • チェコスロバキア関係
  • セルビア・モンテネグロ関係

外部リンク


C/S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/27 23:28 UTC 版)

C/S


CS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/15 12:43 UTC 版)

CS, Cs, cs

CS

Cs

cs

CS/cs






.csと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

.csに関連した本

.csに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「.cs」の関連用語

.csのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




.csのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2014 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2014 franchising.jp All rights reserved
ビデオリサーチビデオリサーチ
Copyright (C) 1997-2014 Video Research Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2014 Japan Video Software Association
社団法人中央酪農会議社団法人中央酪農会議
(C)Copyright2014 Japan Dairy Council
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2014 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2014 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
JAXAJAXA
Copyright 2014 Japan Aerospace Exploration Agency
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2014 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2014 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cs (改訂履歴)、C/S (改訂履歴)、CS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS