レアメタルとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > レアメタルの意味・解説 

レア メタル [3] 【rare metal】

存在量が少なかったり抽出が困難なため,純粋な金属として得がたい金属。ニッケル・コバルト・クロム・マンガン・チタンなど。希少金属

レアメタル

別名:希少金属
英語:rare metals

非鉄金属の内、特に流通量が少な金属の総称埋蔵量は、種類にもよるが必ずしも少なくはない。

レアメタルに対して精錬が容易で大量存在する金属は「コモンメタル」や「ベースメタル」などと呼ばれる古来より世界各地利用されている、金銀といった金属コモンメタルである。

レアメタル

英語 rare metal

金属元素のうち産出量が少ないもの、または産出量が多くても精錬に高度の技術が必要で生産量少なものをいう。明確な定義はなく、貴金属(白金、金、銀など)、希土類金属(セリウムなど)、高融点金属(ニオブモリブデンタングステンなど)があげられる。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

レアメタル

読み方:レアメタル
【英】:rare metal

レアメタルとは非鉄金属材料のうち、利用できる量が少な希少な金属のこと。地球上の存在量が少なく純物質として取り出すにはコストが高いなどの特徴がある。液晶パネルの透明電材料となるインジウム高性能磁石原料となるディスプロシウムなど、先端産業不可欠材料とされている。
■ 関連技術

レアメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/24 08:18 UTC 版)

レアメタル希少金属(きしょうきんぞく)は非鉄金属のうち、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な金属のこと。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 中村繁夫『レアメタル資源争奪戦』日刊工業新聞社 2007年8月25日初版第4刷発行 ISBN 978-4-526-05813-4
  2. ^ 「終わらないレアアース・ショック」,日経エレクトロニクス,2011年1月24日号,P30]
  3. ^ a b c d e f 田中和明『レアメタルの基本と仕組み』秀和システム 2007年11月17日発行 1版1刷 ISBN 978-4-7980-1809-6
  4. ^ 『海底レアメタル採掘へ 沖縄・小笠原に深海ロボ』 読売新聞 2011年1月7日


「レアメタル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

レアメタルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レアメタル」の関連用語

レアメタルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フューエルセル

アプローチアングル

サファリ

クルーガーV

シルバーストン

レガシィ

ミラージュ

インスツルメントパネル





レアメタルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2017 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレアメタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS