銅とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 環境用語 > の意味・解説 

あか [1] 【銅

〔「あかがね」の略〕
(どう)。 「 -の鍋(なべ)

あか がね [0] 【銅

赤金の意〕
(どう)。あか。

どう [1] 【銅】 〔copper; ラテン cuprum〕

11 族(銅族)に属す遷移元素の一。元素記号 Cu 原子番号29原子量63.55。天然には黄銅鉱孔雀石輝銅鉱赤銅鉱などとして産出光沢ある赤色金属展性延性に富む。炎色反応青緑色呈する比重8.95。湿った空気中ではさびて緑青(ろくしよう)生ずる。熱・電気伝導度は銀に次ぐ。古くから用いられ,そのまま,あるいは青銅黄銅などの合金にして用いる。また,生体,特に植物にとって重要な働きをする。あかがね

【どう】[漢字]

【 同 】 [音] ドウ
おなじ。 「 同異同一同期同級同郷同業同権同校同時同日同社同種同性同前同然同窓同年同胞同類異同同世代同年齢 」
なかま。 「 同士同輩同僚一同
あつまる。行動ともにする。 「 同感同慶同行同乗同情同棲どうせい同伴会同共同協同混同
【 洞 】 [音] ドウ
ほこら。ほらあな。 「 洞窟どうくつ洞穴洞門空洞鍾乳洞
奥ぶかい。 「 洞房
見とおす。 「 洞観洞見洞察
【 胴 】 [音] ドウ
からだの,中心をなす部分。 「 胴衣胴体
【 動 】 [音] ドウ
うごく。 「 動向動産動静動物動脈動揺移動運動活動激動自動蠢動(しゆんどう)震動反動微動不動浮動鳴動揺動流動地動説
うごかす。 「 動員動議動力他動
ふるまう。 「 動機動作挙動言動行動一挙一動
みだれる。 「 動転動乱騒動変動暴動
【 堂 】 だう [音] ドウ
大きく立派な建物。 「 堂宇殿堂
多く人々の集まる建物神仏をまつる建物。 「 堂塔講堂食堂聖堂廟堂(びようどう議事堂公会堂
すまい。 「 堂舎草堂
他人の母に対す敬称。 「 母堂
いかめしく立派である。 「 堂堂
【 童 】 [音] ドウ
こども。わらべ。 「 童画童顔童子童女童心童貞童蒙どうもう童幼童謡童話悪童学童児童小童神童村童牧童
【 道 】 だう [音] ドウトウ
みち。とおりみち。 「 道中道程道路街道間道軌道国道私道車道水道隧道すいどうずいどう) ・赤道鉄道歩道
人として守りおさめるべきみち。 「 道義道心道徳道理王道邪道常道
宗教的なおしえ。 「 伝道仏道
老子のおしえ。また,道教。 「 道学道教道術
学問技芸。その,やり方。 「 道場道楽芸道柔道茶道武道
言う。 「 道破唱道報道言語(ごんご)道断
行政区画の一。 「 山陽道東海道
地方公共団体の一。北海道。 「 道庁道民
【 働 】 [音] ドウ
国字仕事をする。はたらく。 「 稼働実働自働労働
【 僮[音] ドウ
めしつかい。しもべ。 「 僮僕家僮侍僮
【 銅 】 [音] ドウ
金属元素の一。あかがね。 「 銅貨銅器銅山銅線銅像銅鐸どうたく銅版赤銅(しやくどう青銅精銅黄銅鉱
【 導 】 だう [音] ドウ
みちびく。おしえる。 「 導引導師導入引導教導嚮導(きようどう訓導指導先導補導誘導
火・熱電気などを伝える。 「 導体導火線半導体良導体
【 撞[音] ドウ ・シュ
つく。つきあてる。 「 撞球撞着撞木(しゆもく) 」 〔「シュ」の音は慣用
【 撓だう [音] ドウトウ
たわむ。たわめる。 「 屈撓(くつとう)不撓(ふとう) 」 〔「トウ」の音は慣用
【 瞠だう [音] ドウ
目をみはる。 「 瞠視瞠若瞠目
【 獰だう [音] ドウ
わるくてつよい。にくにくしい。 「 獰悪獰猛
【 瞳 】 [音] ドウ
ひとみ。 「 瞳孔瞳子


銅(Cu)

自身にはほとんど毒性がないか,あるいは極めて少ないといわれています。しかし,銅粉末生ず作業を行う時の最高許容濃度は1ppmとされ,極めて高濃度の銅粉により気道刺激がおこり,発汗歯茎着色のおこることが報告されているが,慢性中毒になるかどうか疑問とされています。また,化合物についてはあまり問題はこっていません。 
汚染源としては,自然界岩石からの溶出鉱山排水工場排水メッキ工場金属加工工場化学工場非鉄金属製錬所等),農薬ボルドー等)などがあります。 
水道水基準…1.0mg/L以下,排水基準…3mg/L以下 
農用地土壌汚染対策地域指定要件…125mg/L以下。

copper
銅99.90%以上の金属
参考 代表的なものに無酸素銅タフピッチ銅りん脱酸銅などがある。

銅(Cu)

銅(Copper)は遷移元素1つで、元素記号 Cu で表され、。原子番号29原子量は約63.54比重は8.96(g/cc)である。光沢ある赤色金属で、銅族に属する。展性延性良く、また熱・電気伝導度は銀に次ぐ。
ステンレス鋼添加されると、大気中,海水中での耐食性改善する。ニッケルとともに添加すると効果倍増する。

カッパー

分子式Cu
その他の名称:M 1M 3Cu M3M 3SCopper、C.I.77400、C.I.Pigment Metal 2、Allbri Natural Copperカッパー、アリブリナチュラルコッパー、コッパーC.I.ピグメントメタル2、Cu
体系名:


物質
英語名
Copper
元素記号
Cu
原子番号
29
分子量
63.546
原子半径(Å)
1.28
融点(℃)
1084.5
沸点(℃)
2580
密度(g/cm3
8.93
比熱(cal/g ℃)
0.092
イオン化エネルギー(eV)
7.726
電子親和力(eV)
1.226

銅族元素のひとつ。天然自然の銅は存在するが少ないもので、多く化合物の形で産出される。しかし銅の精錬比較的簡単であり、最も古い時期から金属材料として利用されてきた。建築材料から電線合金材料など、ひろく用いられている。ちなみにCopper」の名は、銅がキプロス島からローマへもたらされたことに由来する。

銅(Copper)

銅
Caledonia mine,Ontonagan Co.,Michigan,USA
Cu 標本の幅約9cm

銅(Cu)

銅は銀についで電気通しやすい金属です。自然界広く分布しており、地殻中に約55mg/kg、海水中に0.6μg/リットル含まれています。主な用途としては、電線合金貨幣農薬医薬品製造原料等があります生体必須元素1つですが、大量摂取すると慢性中毒起こします。銅の汚染源としては、鉱山排水金属関係工場からの排水大気粉塵からの溶出などがあります鉱山からの銅流出による水質汚染としては、足尾銅山による渡良瀬川流域水稲被害大きなものです。

読み方:どう
【英】:copper, Cu

馬に必要な栄養素のひとつで、血液中のヘモグロビン軟骨、骨、エラスチン弾性組織構成するタンパク質)、被毛色素形成利用不可欠物質である。発育時期の馬で銅が欠乏すると,骨軟骨症(オステオコンドロ−シス)などの骨疾患発症する。一般に植物体で銅は多く含まれ、穀実には少ない。また油粕糖蜜酵母多く含まれる。銅の要求量は,飼料中15ppmであるが,発育時期の馬では30ppm程度必要とされる。 

からだの中で鉄分から赤血球にあるヘモグロビンをつくったり鉄分吸収しやすくする働きをするミネラル。またからだがビタミンCを使うときに必要なミネラルでその他血管壁や骨を強くするためにも一役かっています。カキ牡蛎)、レバーナッツ類、納豆プルーンなどに含まれています。

読み方:あか

  1. あかがね窃盗の略なり、銅及電線其他の金属窃盗する者を云ふ。
  2. 〔犯〕あかがね窃盗の略。銅及び電線その他の金属窃盗するものをいう

分類 犯罪窃盗犯

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
あかがね
どう
どうさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/21 04:43 UTC 版)

(どう)は原子番号29の元素元素記号Cu周期表ではと同じく11族に属する遷移金属である。英語copperラテン語cuprumと言う。




[ヘルプ]
  1. ^ 桜井弘「元素111の新知識」(講談社ブルーバックス)160ページ
  2. ^ weblio - 銀座長州屋・刀剣用語解説集 「素銅(すあか)」 「山銅(やまがね)」には様々な不純物が異なった割合で含まれているため、煮色仕上げで茶系・青黒系・温黒系など様々な発色が可能な為、「素赤(すあか)」が得られるようになってからも工芸材料として使われ続けた。
  3. ^ 康煕字典 - 金 : 金者五色,黃金、白銀、赤銅、靑鉛、黑鐵。
  4. ^ a b c George L. Trigg; Edmund H. Immergut (1 November 1992). Encyclopedia of applied physics. 4: Combustion to Diamagnetism. VCH Publishers. pp. 267–272. ISBN 978-3-527-28126-8. 
  5. ^ Smith, William F. and Hashemi, Javad (2003). Foundations of Materials Science and Engineering. McGraw-Hill Professional. p. 223. ISBN 0-07-292194-3. 
  6. ^ 各種物質の性質 金属(固体)”. サンワ・エンタープライズ. 2012年4月7日閲覧。
  7. ^ Hammond, C. R. (2004). The Elements, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition. CRC press. ISBN 0-8493-0485-7. 
  8. ^ Resistance Welding Manufacturing Alliance (2003). Resistance Welding Manual (4th ed.). Resistance Welding Manufacturing Alliance. pp. 18–12. ISBN 0-9624382-0-0. 
  9. ^ Galvanic Corrosion”. Corrosion Doctors. 2011年4月29日閲覧。
  10. ^ Chambers, William; Chambers, Robert (1884). Chambers's Information for the People. L (5th ed.). W. & R. Chambers. p. 312. ISBN 0-665-46912-8. http://books.google.com/?id=eGIMAAAAYAAJ. 
  11. ^ a b c Holleman, A. F.; Wiberg, N. (2001). Inorganic Chemistry. San Diego: Academic Press. ISBN 978-0-12-352651-9. 
  12. ^ Copper.org: Education: Statue of Liberty: Reclothing the First Lady of Metals – Repair Concerns”. Copper.org. 2011年4月11日閲覧。
  13. ^ a b F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  14. ^ Rickett, B. I.; Payer, J. H. (1995). “Composition of Copper Tarnish Products Formed in Moist Air with Trace Levels of Pollutant Gas: Hydrogen Sulfide and Sulfur Dioxide/Hydrogen Sulfide”. Journal of the Electrochemical Society 142 (11): 3723–3728. doi:10.1149/1.2048404. 
  15. ^ Richardson, Wayne (1997). Handbook of copper compounds and applications. New York: Marcel Dekker. ISBN 978-0-585-36449-0. OCLC 47009854. 
  16. ^ 西川精一 『新版金属工学入門』 アグネ技術センター、2001年
  17. ^ a b Audi, G (2003). “Nubase2003 Evaluation of Nuclear and Decay Properties”. Nuclear Physics A (Atomic Mass Data Center) 729: 3. Bibcode 2003NuPhA.729....3A. doi:10.1016/j.nuclphysa.2003.11.001. 
  18. ^ Interactive Chart of Nuclides”. National Nuclear Data Center. 2011年4月8日閲覧。
  19. ^ Okazawa, Hidehiko et al. (1994). “Clinical Application and Quantitative Evaluation of Generator-Produced Copper-62-PTSM as a Brain Perfusion Tracer for PET” (PDF). Journal of Nuclear Medicine 35 (12): 1910–1915. PMID 7989968. http://jnm.snmjournals.org/cgi/reprint/35/12/1910.pdf. 
  20. ^ a b Wiley-Vch, (2007-04-02). “Nonsystematic (Contact) Fungicides”. Ullmann's Agrochemicals. p. 623. ISBN 978-3-527-31604-5. http://books.google.com/books?id=cItuoO9zSjkC&pg=PA623. 
  21. ^ Ralph L. Shriner, Christine K. F. Hermann, Terence C. Morrill, David Y. Curtin, Reynold C. Fuson "The Systematic Identification of Organic Compounds" 8th edition, J. Wiley, Hoboken. ISBN 0-471-21503-1
  22. ^ Kay Saalwächter, Walther Burchard, Peter Klüfers, G. Kettenbach, and Peter Mayer, Dieter Klemm, Saran Dugarmaa "Cellulose Solutions in Water Containing Metal Complexes" Macromolecules 2000, 33, 4094–4107. doi:10.1021/ma991893m
  23. ^ "Modern Organocopper Chemistry" Norbert Krause, Ed., Wiley-VCH, Weinheim, 2002. ISBN 978-3-527-29773-3.
  24. ^ Berná, José; Goldup, Stephen; Lee, Ai-Lan; Leigh, David; Symes, Mark; Teobaldi, Gilberto; Zerbetto, Fransesco (May 26, 2008). “Cadiot–Chodkiewicz Active Template Synthesis of Rotaxanes and Switchable Molecular Shuttles with Weak Intercomponent Interactions”. Angewandte Chemie 120 (23): 4464–4468. doi:10.1002/ange.200800891. 
  25. ^ Rafael Chinchilla and Carmen Nájera (2007). “The Sonogashira Reaction: A Booming Methodology in Synthetic Organic Chemistry”. Chemical Reviews英語版 107 (3): 874–922. doi:10.1021/cr050992x. PMID 17305399. 
  26. ^ “An Addition of an Ethylcopper Complex to 1-Octyne: (E)-5-Ethyl-1,4-Undecadiene” (PDF). Organic Syntheses 64: 1. (1986). http://www.orgsyn.org/orgsyn/pdfs/CV7P0236.pdf. 
  27. ^ Sadako Imai et al. (1998). “63Cu NMR Study of Copper(I) Carbonyl Complexes with Various Hydrotris(pyrazolyl)borates: Correlation between 63Cu Chemical Shifts and CO Stretching Vibrations”. Inorg. Chem. 37 (12): 3066–3070. doi:10.1021/ic970138r. 
  28. ^ Lewis, E. A.; Tolman, W. B. (2004). “Reactivity of Dioxygen-Copper Systems”. Chemical Reviews 104 (2): 1047–1076. doi:10.1021/cr020633r. PMID 14871149. 
  29. ^ McDonald, M. R.; Fredericks, F. C.; Margerum, D. W. (1997). “Characterization of Copper(III)-Tetrapeptide Complexes with Histidine as the Third Residue”. Inorganic Chemistry 36 (14): 3119–3124. doi:10.1021/ic9608713. PMID 11669966. 
  30. ^ a b 萩中淳 『分析科学』 化学同人〈ベーシック薬学教科書シリーズ〉、2007年、112-114頁。ISBN 4759812520
  31. ^ シャルロー (1974) 381頁。
  32. ^ シャルロー (1974) 375頁。
  33. ^ a b Environmental Health Criteria (1998) 2.3.2.1 Gravimetric and colorimetric methods
  34. ^ 加藤 (1932) 188-191頁。
  35. ^ 加藤 (1932) 188-189頁。
  36. ^ 加藤 (1932) 190-191頁。
  37. ^ 加藤 (1932) 195-198頁。
  38. ^ 日本工業規格 JIS H 1051:2005 付属書2 JISと対応する国際規格との対比
  39. ^ 加藤 (1932) 198-199頁。
  40. ^ 比色分析(分光光度分析)”. 東海大学工学部応用化学科. p. 4. 2012年7月18日閲覧。
  41. ^ 加藤 (1932) 191-194頁。
  42. ^ 加藤 (1932) 190、195頁。
  43. ^ 国立環境研究所 (2001) 93、95頁。
  44. ^ 国立環境研究所 (2001) 73、93頁。
  45. ^ 国立環境研究所 (2001) 93頁。
  46. ^ a b 国際環境クライテリア (2002) 1頁。
  47. ^ 国立環境研究所 (2001) 94頁。
  48. ^ a b CSA – Discovery Guides, A Brief History of Copper”. Csa.com. 2008年9月12日閲覧。
  49. ^ 桜井弘「元素111の新知識」(講談社ブルーバックス)159ページ
  50. ^ Rayner W. Hesse (2007). Jewelrymaking through History: an Encyclopedia. Greenwood Publishing Group. p. 56. ISBN 0-313-33507-9. 
  51. ^ Copper”. Elements.vanderkrogt.net. 2008年9月12日閲覧。
  52. ^ Renfrew, Colin (1990). Before civilization: the radiocarbon revolution and prehistoric Europe. Penguin. ISBN 978-0-14-013642-5. http://books.google.com/books?id=jJhHPgAACAAJ 2011年12月21日閲覧。. 
  53. ^ Cowen, R.. “Essays on Geology, History, and People, Chapter 3: "Fire and Metals: Copper”. http://www.geology.ucdavis.edu/~cowen/~GEL115/115CH3.html 2009年7月7日閲覧。 
  54. ^ Timberlake, S. and Prag A.J.N.W. (2005). The Archaeology of Alderley Edge: Survey, excavation and experiment in an ancient mining landscape. Oxford: John and Erica Hedges Ltd.. p. 396. 
  55. ^ a b CSA – Discovery Guides, A Brief History of Copper”. CSA Discovery Guides. 2011年4月29日閲覧。
  56. ^ Pleger, Thomas C. "A Brief Introduction to the Old Copper Complex of the Western Great Lakes: 4000–1000 BC", Proceedings of the Twenty-seventh Annual Meeting of the Forest History Association of Wisconsin, Oconto, Wisconsin, October 5, 2002, pp. 10–18.
  57. ^ Emerson, Thomas E. and McElrath, Dale L. Archaic Societies: Diversity and Complexity Across the Midcontinent, SUNY Press, 2009 ISBN 1-4384-2701-8.
  58. ^ a b McNeil, Ian (2002). Encyclopaedia of the History of Technology. London ; New York: Routledge. pp. 13, 48–66. ISBN 0-203-19211-7. 
  59. ^ Rickard, T. A. (1932). “The Nomenclature of Copper and its Alloys”. The Journal of the Royal Anthropological Institute of Great Britain and Ireland (The Journal of the Royal Anthropological Institute of Great Britain and Ireland, Vol. 62) 62: 281. doi:10.2307/2843960. JSTOR 2843960. 
  60. ^ Martin, Susan R. (1995). “The State of Our Knowledge About Ancient Copper Mining in Michigan”. The Michigan Archaeologist 41 (2–3): 119. http://www.ramtops.co.uk/copper.html. 
  61. ^ Hong, S.; Candelone, J.-P.; Patterson, C. C.; Boutron, C. F. (1996). “History of Ancient Copper Smelting Pollution During Roman and Medieval Times Recorded in Greenland Ice”. Science 272 (5259): 246–249 (247f.). Bibcode 1996Sci...272..246H. doi:10.1126/science.272.5259.246. 
  62. ^ de Callataÿ, François (2005). “The Graeco-Roman Economy in the Super Long-Run: Lead, Copper, and Shipwrecks”. Journal of Roman Archaeology 18: 361–372 (366–369). 
  63. ^ Jacobson, D. M.; Warman, John M.; Barentsen, Helma M.; van Dijk, Marinus; Zuilhof, Han; Sudhölter, Ernst J. R. (2000). “Corinthian Bronze and the Gold of the Alchemists”. Macromolecules 33 (2): 60. Bibcode 2000MaMol..33...60S. doi:10.1021/ma9904870. http://www.goldbulletin.org/downloads/JACOB_2_33.PDF. 
  64. ^ World Mysteries – Strange Artifacts, Baghdad Battery”. World-Mysteries.com. 2011年4月22日閲覧。
  65. ^ Lynch, Martin (2004-04-15). Mining in World History. p. 60. ISBN 978-1-86189-173-0. http://books.google.com/books?id=4yp-x3TzDnEC&pg=PA60. 
  66. ^ Karen A. Mingst (1976). “Cooperation or illusion: an examination of the intergovernmental council of copper exporting countries”. International Organization 30 (2): 263–287. doi:10.1017/S0020818300018270. 
  67. ^ a b 大澤 (2010) 18頁。
  68. ^ a b 酒匂 (2006) 6頁。
  69. ^ 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (2006) 52頁。
  70. ^ 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (2006) 53-54頁。
  71. ^ 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (2006) 57頁。
  72. ^ 酒匂 (2006) 7、11頁。
  73. ^ 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (2006) 67頁。
  74. ^ a b 大場英樹 『環境問題と世界史』 公害対策技術同友会、1979年、179頁。ISBN 4874890032
  75. ^ 酒匂 (2006) 8頁からの引用。
  76. ^ 酒匂 (2006) 7-8頁。
  77. ^ 酒匂 (2006) 9-10頁。
  78. ^ Copper History”. 2008年9月4日閲覧。
  79. ^ Stelter, M.; Bombach, H. (2004). “Process Optimization in Copper Electrorefining”. Advanced Engineering Materials 6 (7): 558. doi:10.1002/adem.200400403. 
  80. ^ Outokumpu Flash Smelting”. Outokumpu. p. 2. 2011年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月6日閲覧。
  81. ^ Karen A. Mingst (1976). “Cooperation or illusion: an examination of the intergovernmental council of copper exporting countries”. International Organization 30 (2): 263–287. doi:10.1017/S0020818300018270. 
  82. ^ Hannis, Lusty (2009) pp. 3-4
  83. ^ Hannis, Lusty (2009) p. 3
  84. ^ Hannis, Lusty (2009) p. 7
  85. ^ a b c d International Copper Study Group (2007), The World Copper Factbook 2007 (en inglés)
  86. ^ a b Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  87. ^ Watling, H. R. (2006). “The bioleaching of sulphide minerals with emphasis on copper sulphides — A review” (PDF). Hydrometallurgy 84 (1, 2): 81–108. doi:10.1016/j.hydromet.2006.05.001. http://infolib.hua.edu.vn/Fulltext/ChuyenDe/ChuyenDe07/CDe53/59.pdf. 
  88. ^ 正橋直哉、千星聡 (2012年2月8日). “ものづくり基礎講座 金属の魅力をみなおそう 第二回 銅 (pdf)”. 東北大学金属材料研究所. p. 3. 2012年6月10日閲覧。
  89. ^ a b Hannis, Lusty (2009) p. 13
  90. ^ a b c d United States Geological Survey (USGS) (2012年1月). “La producción de cobre en el mundo en 2011”. Mineral Commodity Summaries 2012. 2012年6月10日閲覧。
  91. ^ Hannis, Lusty (2009) p. 14
  92. ^ a b 我が国における鉱種別 需給/リサイクル/用途等 資料2.1 銅 (Cu)”. 東北非鉄振興プラン報告書. 東北経済産業局. 2012年4月14日閲覧。
  93. ^ Brown, Lester (2006). Plan B 2.0: Rescuing a Planet Under Stress and a Civilization in Trouble. New York: W.W. Norton. p. 109. ISBN 0-393-32831-7. 
  94. ^ 物質・材料研究機構 材料ラボによるレポート
  95. ^ NYMEX.com: Copper”. 3 de mayo de 2008閲覧。
  96. ^ a b Comercio: mercado del cobre”. コデルコ. 2012年6月10日閲覧。
  97. ^ Schmitz, Christopher (1986). “The Rise of Big Business in the World, Copper Industry 1870–1930”. Economic History Review. 2 39 (3): 392–410. JSTOR 2596347. 
  98. ^ Las causas del alto precio del cobre, traducción de un artículo del Wall Street Journal de marzo de 2006. Web consultada el 4 de mayo de 2008.
  99. ^ Diario Sur, de Málaga (España): “= El alto precio del cobre multiplica los robos de cable” (2006年3月). 4 de mayo de 2008閲覧。
  100. ^ El Ágora, de Chihuahua (México): “Urgente campaña vs robo de cobre” (2008年3月). 4 de mayo de 2008閲覧。
  101. ^ Oakland Tribune, de California (EE.UU.): “Copper robbers hit building site” (2006年7月). 4 de mayo de 2008閲覧。
  102. ^ New Straits Times, de Malaca (Malaysia): “Robbers escape with five tonnes of copper” (2008年5月). 4 de mayo de 2008閲覧。
  103. ^ Copper Trends: Live Metal Spot Prices”. 2012年5月14日閲覧。
  104. ^ Ackerman, R. (02-04-2009). “A Bottom In Sight For Copper”. Forbes. http://www.forbes.com/2009/02/04/copper-frontera-southern-markets-equity-0205_china_51.html 
  105. ^ Leonard, Andrew (2006年3月2日). “Peak copper?”. Salon – How the World Works. 2008年3月23日閲覧。
  106. ^ International Copper Association”. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月22日閲覧。
  107. ^ a b Les atouts du cuivre pour construire un avenir durable, en el sitio de EuroCopper (en francés). Consultada el 20 de abril de 2008.
  108. ^ "Overview of Recycled Copper" ''Copper.org''. Copper.org (2010-08-25). Retrieved on 2011-11-08.
  109. ^ a b European Copper Institute: “Las naciones de la Eurozona están reciclando sus monedas nacionales”. 2008年5月28日閲覧。
  110. ^ Directiva 2002/96/CE del Parlamento Europeo y del Consejo, de 27 de enero de 2003, sobre residuos de aparatos eléctricos y electrónicos (RAEE), Diario Oficial de la Unión Europea L 37 (13/2/2003)
  111. ^ 大澤 (2010) 17頁。
  112. ^ Emsley, John (11 August 2003). Nature's building blocks: an A-Z guide to the elements. Oxford University Press. pp. 121–125. ISBN 978-0-19-850340-8. http://books.google.com/books?id=j-Xu07p3cKwC&pg=PA123 2011年5月2日閲覧。. 
  113. ^ Copper”. American Elements (2008年). 2008年7月12日閲覧。
  114. ^ Accelerator: Waveguides (SLAC VVC)”. SLAC Virtual Visitor Center. 2011年4月29日閲覧。
  115. ^ 電線・ケーブル総合ガイドブック (pdf)”. 日立ケーブル. p. 336. 2012年5月30日閲覧。
  116. ^ IE3 energy-saving motors, Engineer Live, http://www.engineerlive.com/Design-Engineer/Motors_and_Drives/IE3_energy-saving_motors/22687/
  117. ^ Energy‐efficiency policy opportunities for electric motor‐driven systems, International Energy Agency, 2011 Working Paper in the Energy Efficiency Series, by Paul Waide and Conrad U. Brunner, OECD/IEA 2011
  118. ^ Fuchsloch, J. and E.F. Brush, (2007), “Systematic Design Approach for a New Series of Ultra‐NEMA Premium Copper Rotor Motors”, in EEMODS 2007 Conference Proceedings, 10‐15 June,Beijing.
  119. ^ Copper motor rotor project; Copper Development Association; http://www.copper.org/applications/electrical/motor-rotor
  120. ^ NEMA Premium Motors, The Association of Electrical Equipment and Medical Imaging Manufacturers; http://www.nema.org/gov/energy/efficiency/premium/
  121. ^ Berg, Jan. “Why did we paint the library's roof?”. 2007年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月20日閲覧。
  122. ^ ASTM B 152, Standard Specification for Copper Sheet, Strip, Plate, and Rolled Bar.
  123. ^ Physics 1, Jacaranda Science. 3rd Ed.. (2009). 
  124. ^ Davis, Joseph R. (2001). Copper and Copper Alloys. ASM International. pp. 3–6, 266. ISBN 0-87170-726-8. 
  125. ^ Edding, Mario E., Flores, Hector, and Miranda, Claudio, (1995), Experimental Usage of Copper-Nickel Alloy Mesh in Mariculture. Part 1: Feasibility of usage in a temperate zone; Part 2: Demonstration of usage in a cold zone; Final report to the International Copper Association Ltd.
  126. ^ Corrosion Behaviour of Copper Alloys used in Marine Aquaculture. (PDF) . copper.org. Retrieved on 2011-11-08.
  127. ^ Antimicrobial Products that Shield Against Bacteria and Fungi”. Cupron, Inc. (2008年). 2008年7月13日閲覧。
  128. ^ Walker, W. R.; Keats, D. M. (1976). “An investigation of the therapeutic value of the 'copper bracelet'-dermal assimilation of copper in arthritic/rheumatoid conditions”. Agents Actions 6 (4): 454–459. PMID 961545. 
  129. ^ 崎川範行 『宝石のみかた』 保育社、1980年、75-76頁。ISBN 4586505001
  130. ^ Copper annealed”. matweb. 2 de mayo de 2008閲覧。
  131. ^ a b 高行男 『自動車材料入門』 東京電機大学出版局、2009年、104頁。ISBN 4501417803
  132. ^ 冨士 (2009) 112頁。
  133. ^ Gold Jewellery Alloys”. World Gold Council. 2009年6月6日閲覧。
  134. ^ Ciencia de Materiales. Teoría - ensayos- tratamientos (Ediciones Pirámide ed.). (2000). ISBN 84-368-0404-X. 
  135. ^ Metal Alloy UNS Number Search (en inglés), Matweb
  136. ^ a b 冨士 (2009) 114頁。
  137. ^ 打越 (2001) 182頁。
  138. ^ 大澤 (2010) 112頁。
  139. ^ 冨士 (2009) 117頁。
  140. ^ a b c d 打越 (2001) 183頁。
  141. ^ 冨士 (2009) 117頁。
  142. ^ a b c d e 冨士 (2009) 118頁。
  143. ^ 打越 (2001) 184頁。
  144. ^ a b 打越 (2001) 186頁。
  145. ^ a b 田中和明 『図解入門 よくわかる最新金属の基本と仕組み―性質、加工、生産、表面処理の基礎知識 初歩から学ぶ金属の常識』 秀和システム、2006年、168頁。ISBN 4798014869
  146. ^ Ciencia de Materiales Teoría- Ensayos- Tratamientos. Ediciones Pirámide. (2000). ISBN 84-368-0404-X. 
  147. ^ 大澤 (2010) 128頁。
  148. ^ Gandara Mario, Plata alemana, Biblioteca de Joyería Ybarra. [5-4-2008]
  149. ^ 冨士 (2009) 119-120頁。
  150. ^ 大澤 (2010) 129頁。
  151. ^ Gandara Mario Plata alemana Biblioteca de joyería[5-4-2008]
  152. ^ 電気用合金”. 兵神装備 技術データ集. 2012年7月10日閲覧。
  153. ^ a b c スティーブン・リパード, J. M. Berg “Principles of bioinorganic chemistry” University Science Books: Mill Valley, CA; 1994. ISBN 0-935702-73-3.
  154. ^ Decker, H. and Terwilliger, N. (2000). “COPs and Robbers: Putative evolution of copper oxygen-binding proteins”. Journal of Experimental Biology 203 (Pt 12): 1777–1782. PMID 10821735. 
  155. ^ Fun facts”. Horseshoe crab. University of Delaware. 2008年7月13日閲覧。
  156. ^ a b Amount of copper in the normal human body, and other nutritional copper facts”. 2009年4月3日閲覧。
  157. ^ Copper. In: Recommended Dietary Allowances. Washington, D.C.: National Research Council, Food Nutrition Board, NRC/NAS. (1980). pp. 151–154. 
  158. ^ Adelstein, S. J.; Vallee, B. L. (1961). “Copper metabolism in man”. New England Journal of Medicine 265 (18): 892–897. doi:10.1056/NEJM196111022651806. 
  159. ^ M C Linder; Wooten, L; Cerveza, P; Cotton, S; Shulze, R; Lomeli, N (1998-05-01). “Copper transport”. The American Journal of Clinical Nutrition 67 (5): 965S–971S. PMID 9587137. http://www.ajcn.org/content/67/5/965S.abstract. 
  160. ^ Frieden, E; Hsieh, HS (1976). “Ceruloplasmin: The copper transport protein with essential oxidase activity”. Advances in enzymology and related areas of molecular biology 44: 187–236. JSTOR 20170553. PMID 775938. 
  161. ^ S. S. Percival; Harris, ED (1990-01-01). “Copper transport from ceruloplasmin: Characterization of the cellular uptake mechanism”. American Journal of Physiology - Cell Physiology 258 (1): C140–6. PMID 2301561. http://ajpcell.physiology.org/content/258/1/C140. 
  162. ^ Hunt, Charles E. and William W. Carlton (1965). “Cardiovascular Lesions Associated with Experimental Copper Deficiency in the Rabbit”. Journal of Nutrition 87 (4): 385–394. PMID 5841854. 
  163. ^ Li, Yunbo; Trush, Michael; Yager, James (1994). “DNA damage caused by reactive oxygen species originating from a copper-dependent oxidation of the 2-hydroxy catechol of estradiol”. Carcinogenesis 15 (7): 1421–1427. doi:10.1093/carcin/15.7.1421. PMID 8033320. 
  164. ^ Pesticide Information Profile for Copper Sulfate”. Cornell University. 2008年7月10日閲覧。
  165. ^ Ayyat M.S., Marai I.F.M., Alazab A.M. (1995). “Copper-Protein Nutrition of New Zealand White Rabbits under Egyptian Conditions”. World Rabbit Science 3: 113–118. http://riunet.upv.es/handle/10251/10503?locale-attribute=en. 
  166. ^ Bonham, M. et al. (2002). “The immune system as a physiological indicator of marginal copper status?”. British Journal of Nutrition 87 (5): 393–403. doi:10.1079/BJN2002558. PMID 12010579. 
  167. ^ a b Copper Touch Surfaces. Copper Touch Surfaces. Retrieved on 2011-11-08.
  168. ^ 銅を用いた水中の微生物の不活化技術の現状と課題 日本公衆衛生雑誌 Vol.60 (2013) No.9 p.579-585
  169. ^ 銅を用いた水中の微生物の不活化技術の現状と課題 日本公衆衛生雑誌 Vol.60 (2013) No.9 p.579-585
  170. ^ a b EPA registers copper-containing alloy products, May 2008
  171. ^ Biurrun, Amaya; Caballero, Luis; Pelaz, Carmen; León, Elena; Gago, Alberto (1999). “Treatment of a Legionella pneumophila‐Colonized Water Distribution System Using Copper‐Silver Ionization and Continuous Chlorination”. Infection Control and Hospital Epidemiology 20 (6): 426–428. doi:10.1086/501645. JSTOR 30141645. PMID 10395146. 
  172. ^ Chilean subway protected with Antimicrobial Copper – Rail News from. rail.co. Retrieved on 2011-11-08.
  173. ^ Codelco to provide antimicrobial copper for new metro lines (Chile). Construpages.com.ve. Retrieved on 2011-11-08.
  174. ^ PR 811 Chilean Subway Installs Antimicrobial Copper. (PDF). antimicrobialcopper.com. Retrieved on 2011-11-08.



出典:『Wiktionary』 (2011/06/18 11:09 UTC 版)

発音

名詞

  1. ドウあかがね原子番号 29元素記号 Cu金属元素単体常温常圧では赤褐色固体

訳語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「銅」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • CFDの銀取引とは

    銀取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。銀の現物取引はロンドン市場で行われ、1日1回、日本時間の21時(夏時間は20時)に価格が決定されます。一方、銀の先物市場は、ニューヨークや東京、シ...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • MT4でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示する方法を紹介します。CFDには、コモディティや株式、株価指数、債券などの商品があります。まず、それぞれの商品につ...

  • CFD銘柄のヒストリカルボラティリティの比較

    ヒストリカルボラティリティ(HV)とは、ある銘柄の価格変動率のことです。ヒストリカルボラティリティの大きい銘柄は価格の変動が大きいハイリスクハイリターンの銘柄になります。一方、ヒストリカルボラティリテ...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「銅」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

銅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バウムハウエライト

ビールの利用法

コーヒー豆の産地

水苦土石

スウェーデンボルグ石

緑茶茶葉の製造工程

プロトマンガノ鉄直閃石

メルロ





銅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2016 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2016 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2016 Shinichi KATO All rights reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2016 京浜河川事務所 All rights reserved.
JRA競走馬総合研究所JRA競走馬総合研究所
Copyright (C) 2016 JRA競走馬総合研究所 All rights reserved.
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2016 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS