超えるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 超えるの意味・解説 

こ・える [0] 【越える・超える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 こ・ゆ
障害物境界線の上通り過ぎて,向こう側へ行く。越す。比喩的にも用いる。 《越》 「峠を-・えて町に出る」 「野を-・え,山を-・えて,列車は走る」 「遠く海を-・えた外国まで広まる」 「 - ・え難い壁」
ある日時が過ぎる。 《越》 「 - ・えて一九九〇年の一月」 「年-・ゆるまで音もせず/竹取」
ある基準数値を上まわる。越す。 《超》 「四万人を-・える大観衆」 「能力限界を-・えている」
自分考え方立場からさらに先へ進む。超越する。 《超》 「利害を-・えて業界につくす」 「怨讐を-・えて援助の手さしのべる
他よりすぐれる。まさる。 《超》 「芸能人ニ-・エタリ/ヘボン
位が上になる。 「昨日今日若人どもに多く-・えられて/落窪 4」 〔本来「越す」に対す自動詞


超える

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/17 02:28 UTC 版)

超える』(こえる)はGRAPEVINEの21枚目のシングルである。2007年10月24日ポニーキャニオンより発売された。






「超える」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

超えるに関連した本

「超える」に関係したコラム

  • 株式の空売り比率とは

    株式の空売り比率とは、信用売り残の出来高に対する比率のことで、パーセンテージで表したものです。空売り比率の計算式は次の通りです。空売り比率=信用売り残÷出来高×100空売り比率は、通常は40%から60...

  • FXのエンベロープとは

    FX(外国為替証拠金取引)のエンベロープ(envelope)とは、移動平均線を応用したテクニカル指標の1つです。エンベロープは、移動平均線を中心にして、上値と下値に平行線を描画します。そして、上値を超...

  • FXのパリティとは

    FX(外国為替証拠金取引)のパリティ(parity)とは、通貨ペアの為替レートが1になることです。パリティは、日本語では「等価」といいます。パリティは、通貨ペアの為替レートが1を挟んで推移している場合...

  • FXのボリンジャーバンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のボリンジャーバンド(略称、ボリバン)とは、現在の為替レートが高値圏にあるか安値圏にあるかを判断するためのテクニカル指標です。また、ボリンジャーバンドはトレンドの転換点を見つ...

  • FXやCFDのシャンデモメンタムとは

    FXやCFDのシャンデモメンタムとは、相場の売られ過ぎや買われ過ぎを判断するためのテクニカル指標のことです。シャンデモメンタムは、0を中心に-100から100までの値で推移します。シャンデモメンタムで...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でケルトナーチャネルズを使うには

    ケルトナーチャネルズ(Keltner channels)とは、為替レートの過熱度を表すボラティリティを元に考案されたテクニカル指標です。ケルトナーチャネルズでは、3本のラインによって構成されていて、上...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「超える」の関連用語

超えるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

色相環

拝宮和紙

ビターチョコレート

リレ・キッス

えびの高原の野生鹿

酒米

ラングラー アンリミテッド

ギルバート





超えるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超える (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS