構造主義とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 主義 > 構造主義の意味・解説 

こう ぞうしゅぎ -ざう- [5] 【構造主義】

実存主義流行の後にあらわれ現代思潮ソシュール言語理論影響のもとで諸現象記号体系としてとらえ,規則・関係などの構造分析重視する。言語学人類学のほか,心理学精神医学数学などの諸分野広く多様に展開される。


構造主義

作者村上春樹

収載図書夜のくもざる―村上朝日堂超短篇小説
出版社平凡社
刊行年月1995.6

収載図書夜のくもざる村上朝日堂短篇小説
出版社新潮社
刊行年月1998.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書村上春樹作品19902000 1 短篇集
出版社講談社
刊行年月2002.11


構造主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/02 15:36 UTC 版)

構造主義(こうぞうしゅぎ、: structuralisme)とは、狭義には1960年代に登場して発展していった20世紀現代思想のひとつである。広義には、現代思想から拡張されて、あらゆる現象に対して、その現象に潜在する構造を抽出し、その構造によって現象を理解し、場合によっては制御するための方法論を指す語である。




  1. ^ 岩井克人によれば構造主義とは、歴史には方向性があるとするマルクスへの批判であり、歴史の先取りに価値を見るサルトルへの批判であったという(日本経済新聞2013年10月10日(人間発見)国際基督教大客員教授 岩井克人さん 「資本主義」を考え抜く (3))。
  2. ^ ピアジェは構造主義者を自認しているが、発達心理学を基礎に構造は構成的なものであるとして、レヴィ=ストロースの静的な構造理論を批判している。また、構造主義のむやみな拡張にも反対しており、ミシェル・フーコーも厳しく批判している。
  3. ^ 池田清彦『さよならダーウィニズム』p.144
  4. ^ 絵所秀紀『開発の政治経済学』日本評論社、1997年。







構造主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

構造主義に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「構造主義」の関連用語

構造主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スクロール

ネズミゴチ

桐生川源流林

5000系

その他の樹木畑

ノースリーブ

チョコレート・グラミー

とうもろこし





構造主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの構造主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS