象徴主義とは?

象徴主義

読み】:ショウチョウシュギ
【英】:SYMBOLISM
別称】:サンボリスム シンボリズム

サンボリスム1880年代後半フランスでおこった反写実主義的な運動。はじめは、詩人モレアスの「象徴主義宣言」によって明確にされているが、マラルメランボーヴェルレーヌらを中心とした、詩語音楽性を重視し、語音響きによって内的生命や特別の観念象徴させようとする文芸上の運動から始った。美術上の象徴主義は、これらの詩人たちの影影のもとに遅れて現われた、反写実主義的な傾向を指すが、文芸場合ほど明確な主張運動ではなかった。直接的には、批評家オーリエの論評絵画における象徴主義」(1891)で「芸術作品必須条件は、1理念的であること、2象徴的であること。3総合的であること。4主観的であること。5(以上の帰結として)装飾的であること。」と宣言されており、ゴーガン中心としたポン=タヴァン派や、ドニ理論家としたナビ派を指す。後に象徴主義に対す見解は広まり、神秘的主題扱い宗教的・詩的観念表現試み世紀末作品も含まれ、ルドンモロークリムトらが代表的作家とされる

象徴主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/14 05:18 UTC 版)

象徴主義(しょうちょうしゅぎ。フランス語: symbolisme; 「サンボリスム」とも)とは、自然主義高踏派運動への反動として1870年頃のフランスベルギーに起きた文学運動および芸術運動である。象徴主義者を総称して「象徴派」(: symbolistes)と呼ぶ。ロシア象徴主義の開祖となった詩人ワレリー・ブリューソフなどにより、この運動はロシアにまで輸出された。イギリスにおけるラファエル前派も参照。




[ヘルプ]
  1. ^ 古代ギリシアでは、symbolonは同盟都市の2人の外交官が互いを認識するために2つに割って1つずつを持たせた陶器片のことであった。
  2. ^ ウィキソース所収
  3. ^ ウィキソース原文
  4. ^ ただし中期以降のドビュッシーは、d'après Wagner(ワーグナーに拠る)ではなく après de Wagner(ワーグナー以後の)音楽を志向するようになり、アンチワグネリアンを標榜した(クロード・ドビュッシー#作品と表現)。


「象徴主義」の続きの解説一覧





象徴主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「象徴主義」の関連用語

象徴主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホイール

第4世代移動通信システム

ハシビロガモ

海南猪

コーニング

京うちわ

チャーム

バーデン・バーデン





象徴主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの象徴主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS