新古典主義とは?

しん こてんしゅぎ [6] 【新古典主義】

古典主義

新古典主義

読み】:シンコテンシュギ
【英】:NEO-CLASSICISME

18世紀後半から19世紀初頭にかけてヨーロッパ中に広まった古典古代(ギリシヤ・ローマ)の復活目指し美学上の運動や、建築彫刻工芸の各ジャンルにわたる美術様式を指す。考古学的正確さへの強い感心と合理的美学支えられた古代モチーフ多用や、完成された表現特徴とする。ヘルクラーネウムやポンペイの発堀、ギリシア小アジアへの調査旅行によって、古代への関心が高まり、ヴィンケルマン著した『ギリシア美術模倣論』などの美学上の影響によって、18世紀後半には支配的傾向となった。代表的画家はラファエル・メングスだが、ラファエロコレッジオティツィアーノ古代美術作品基づいて、グランド・マナー(大様式)と呼ばれる様式を生み出し影響力を広げた。絵画分野で最もすぐれた成果をみせたのはダヴィッドで、それをアングルが引き継いだ。新古典主義は、19世紀アカデミズム芸術基本原理として長く生き続けたが、同時に、遠い古代異国対す憧れ官能的なものへの傾斜により、ロマン主義芸術先駆にもなった。

新古典主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/01 04:23 UTC 版)

新古典主義(英:neoclassicism)は、18世紀中頃から19世紀初頭にかけて、西欧で建築・絵画・彫刻など美術分野で支配的となった芸術思潮を指す。それまでの装飾的・官能的なバロックロココの流行に対する反発を背景に、より確固とした荘重な様式をもとめて古典古代、とりわけギリシァの芸術が模範とされた[1]。18世紀後期にはこの様式を記述する為に用いられたのは「真の様式」であり、如何なる意味でも、偶有的であるとは看做されていなかったが[2]、その一方で、流入する文化に対する反応や異国情緒の現れのような偏執は、「ロココのあの数々の局面の一つ」[3]であったと評される。




  1. ^ デーヴィッド・アーウィン(鈴木杜幾子訳)『新古典主義(岩波 世界の美術)』(岩波書店、2001)
  2. ^ ヒュー・オナー『新古典主義』
  3. ^ ヒュー・オナー『新古典主義』
  4. ^ Arnold Whittall, "Neo-classicism" (The New Grove Dictionary of Music and Musicians, 2nd ed., ed. by Stanley Sadie and John Tyrrell, Macmillan Publishers, 2001).
  5. ^ アペレスは線の表現に秀でており、ゼウクシスは色彩の扱いに優れていたと言われる。
  6. ^ 相違;互いに一致しないこと。
  7. ^ Delaborde, Ingres, sa vie et ses travaux, 1870.
  8. ^ アングル (ヴィヴァン 25人の画家)


「新古典主義」の続きの解説一覧





新古典主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新古典主義」の関連用語

新古典主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

近江国庁跡

アンカー

PC-98VX4/WN

スギナ

ヴェイパー

移植型

横野和紙

第五しょうどしま丸





新古典主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新古典主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS