生命とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 生命 > 生命の意味・解説 

せい めい [1] 【生命】

生物を,無生物ではなく生物として存在させる本源。生命を物質の一形態として発生的にとらえる機械論考え方と,これを実体として見る生気論考え方とが伝統的対立する。いのち。
ある分野活動していく上で原動力活動根源となるもの。また,その活動期間。 「政治-」 「選手-」
物事存在支える一番大切なもの。いのち。 「信用銀行の-だ」


生命

英訳・(英)同義/類義語:life

あらゆる生物のにつ本質的な属性

生命

作者布田竜一

収載図書怪奇堂 2
出版社文芸社
刊行年月2004.6


生命

読み方:セイメイ(seimei)

作者 佐多稲子

初出 昭和27年

ジャンル 小説


生命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/23 14:52 UTC 版)

ここでは生命(せいめい、: life: vita ウィータ)について解説する。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 大島(1994)、p.14-29、第1章 生命は星の一部である、(1)宇宙の生命を探る
  2. ^ a b c Defining Life : Astrobiology Magazine - earth science - evolution distribution Origin of life universe - life beyond 同ページのarchive版
  3. ^ a b
  4. ^ McKay, Chris P. (September 14, 2004). “What Is Life—and How Do We Search for It in Other Worlds?”. PLoS Biol. 2 (2(9)): 302. PMID PMC516796 doi:10.1371/journal.pbio.0020302. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC516796/?tool=pubmed 2010年2月2日閲覧。. 
  5. ^ a b 大島(1994)、p.46-50、第2章 宇宙の中の生命、(1)生命の三つの特徴
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』講談社、2011年 pp.80-113
  7. ^ a b c d e 『岩波 生物学事典』【生命】
  8. ^ 『デカルト著作集4』p.286
  9. ^ a b 『ひとは生命をどのように理解してきたか』p.64
  10. ^ 当時、この自然法則というのも、神が創ったものだと考えられていた。(現代でもそう考えている科学者もいるほどである)。
  11. ^ イエス・キリストの言葉に「死人のことは死人に葬らせよ」というものがある。弟子のひとりが「宗教活動に専念する前にせめて父の葬儀に出たい」と言った言葉に対する答えである。非宗教家を宗教用語で揶揄した言葉であり、宗教者としての決意が表れている。
  12. ^ a b c d e f g h 福岡伸一 「第2章」『生物と無生物のあいだ』 講談社、2007年、pp.29-46。
  13. ^ a b c d e f 福岡伸一 「第9-第15章」『生物と無生物のあいだ』 講談社、2007年、pp.152-272。
  14. ^ 『生命とは何か 物理学者のみた生細胞』 岡小天・鎮目恭夫共訳、岩波書店〈岩波新書 第72〉、1951年
  15. ^ "History of life through time". University of California Museum of Paleontology.
  16. ^ 新しい生物学 p.269
  17. ^ a b c 大島(1994)、p.160-171、第5章 地球外生命の可能性、(1)隕石‐太陽系の古文書
  18. ^ a b 大島(1994)、p.60-66、第2章 宇宙のなかの生命、(3)特徴の2自己を複製する
  19. ^ Definition of death.”. 2009年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月30日閲覧。
  20. ^ Defining of death.
  21. ^ Thro, E.: Artificial Life Explorer's Kit, SAMS Publishing.,1993.
  22. ^ 2週間でウイルス合成 米、「人工微生物」実現に展望
  23. ^ Virus built from scratch in two weeks - Nature News



生命

出典:『Wiktionary』 (2012/04/28 16:41 UTC 版)

名詞

せいめい

  1. 生物に備わった力、生物生物であることによって保たれる状態現象生物無生物隔てるもの。
  2. 生物のこと。
    木星衛星で生命が発見された。
  3. 非常大事なものの比喩
  4. ある業種におけるキャリア通常否定的悲観的文脈で用いる。
    今回スキャンダル彼の政治生命は絶たれた。

関連語

翻訳






生命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「生命」の関連用語

生命のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セミホウボウ

クフィル

檜原村都民の森水源林

フェンシング

メリヤス編み

GPS

くまで

LIGHTNING XB12Ss





生命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS