火星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 火星の意味・解説 

か せい くわ- [0] 【火星】 〔Mars〕

太陽系第四惑星地球軌道のすぐ外側軌道をもつ。赤く見えるので,西洋では軍神マルスにたとえられ,日本では「災星わざわいぼし)」「炎星(ほのおぼし)」などといわれる中国名は熒惑けいこく公転周期1.88年。自転周期は約24時間37分。赤道半径3397キロメートル質量地球の0.107倍。二つ衛星をもつ。冬になると大きくなる極冠が知られている。また,クレーターや,過去水の浸食を受けたように見える大峡谷なども発見された。

火星

地球に似た赤い惑星、火星には季節が見られる

火星は地球のすぐ外側をまわる惑星(わくせい)で、地球からは赤く見えます。火星の直径地球約半分体積10分の1ほど、表面重力地球3分の1ほどです。火星は地球とほぼ同じ24時間37分かけて自転しながら687日かけて太陽のまわり公転します。また、火星の自転軸25度ほどかたむいているため、地球と同じように四季変化見られます。表面には薄い大気があり、月の表面に似たクレーターもたくさん見られます。

かつては水が存在していたと考えられる火星
かつては存在していたと考えられる火星

火星の地表にある砂漠や運河、海のようす

火星を観察すると、うすいだいだい色の「砂漠」、かっ色で明るい「海」、北極南極にあたる白いドライアイスの氷「極冠(きょくかん)」、細い黒い部分の「運河」と呼ばれる部分がわかります。「砂漠」は平らな部分、「海」はでこぼこ斜面、「運河」は地面のひだのようになっています。また、極冠」は、北半球では冬に広がり、夏は消えてしまうことから、(しも)ではないか考えられています。また、火星には二酸化炭素からなる大気や、巨大火山もたくさんあります

バイキング2号が軟着陸して送ってきた火星の地表のようす
バイキング2号軟着陸して送ってきた火星の地表のようす

太陽系最大の火山、オリンポス火山。高さ2万5,000m、山ろくの直径600km。
太陽系最大火山オリンポス火山。高さ25,000m、山ろくの直径600km。

火星をまわる2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」

火星には「フォボス」と「ダイモス」と呼ばれる2つの衛星あります。これらは、地球の衛星である月のように大きなものではありません。どちらもだ円形でフォボス直径26km、ダイモス直径16kmしかありません。これらは小惑星が火星にとらえられて、惑星になったものと考えられています。フォボスは約7時間40分、ダイモスは約31時間かけて火星のまわりをまわっています。フォボス表面にはたくさんのクレーターがあることがわかっています。

衛星ダイモス
衛星ダイモス

衛星フォボス
衛星フォボス

地球に似た環境下でも生物は存在していない

火星は太陽系中でも地球に似た環境をもっています。北極南極には氷もあり、昔は海や川があったのでは、と考えられています。また、太陽系最大火山オリンポス山はじめとする火山もたくさんあります。これらはすべて活動を終え、活火山はありません。表面温度は、真夏赤道付近でも昼は0℃、夜は-70極地方では-120です。この温度やうすい大気があり、四季見られることから、火星には生物がいるのではと考えられましたが、1976年バイキング1号着陸して調べたところ、生物はいないことがわかりました

谷川状の地形は現在もつくられている可能性も

火星の表面水の流れで削られたとみられる谷川状の地形多数あることを、火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤー」がとらえました。マーズ・グローバル・サーベイヤー撮影した火星表面の約25,000写真のうち、クレーター内側などの約150地点に、地下水がしみ出し地表面流れとみられるkm規模地形がみつかりました。そのものはとらえられていませんが、地形V字形にえぐられ、支流のような枝分かれもあるなど地球谷川によく似ています。
これらの地形は、風化のようすや、いん石がふりそそいだりした跡がないことなどから、比較最近できたもので、場合によっては現在も起きている可能性があると考えられています。地形特徴から、火星にはかつて大量存在したとみられていますが、現在もがあることを示唆する証拠初めてです。

マーズ・グローバル・サーベイヤー(左)とそのカメラが捉えた火星の表面写真(中)。地下水がしみ出し、地表面を流れたとみらえれる形が映し出されている。
マーズ・グローバル・サーベイヤー(左)とそのカメラ捉えた火星の表面写真(中)。地下水がしみ出し地表面流れたとみらえれる形が映し出されている。

マーズ・オデッセイによる氷の発見

また、2001年打ち上げられた火星探査機2001マーズ・オデッセイ」は驚くべき発見をしました。火星の地下1メートルほどのところに大量の氷を発見したというのです。この氷は、巨大な湖を火星につくることが可能なほどの量であるとのことです。もしこれが事実ならば、火星開発大きく進展することでしょう

火星に生命体の可能性

火星は液体存在しにくい惑星です。火星の北極付近には氷がみつかっていますが、大気圧が低く、すぐに蒸発してしまうため、液体存在しないとされていました。そのため、もし火星にかつて生命体がいたとしても、現在は絶滅しているとみられています。
水の存在確認されれば地球以外の惑星では初めてのことで、火星に原始的生物存在する可能性も高まってきます。今回発見は、今後火星の生命探査実現大きなはずみがつくと思われます。


火星

以下の映画火星関連しています。


火星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/30 06:25 UTC 版)

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: Άρης アレース)は、太陽系太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。




[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台 編集『理科年表』平成24年 机上版、丸善、2011年、ISBN 978-4-621-08439-7、p.78-79
  2. ^ 地球では考えられない!極限的でダイナミックな火星の気候
  3. ^ Mars 'more active than suspected'”. BBC (2005年9月21日). 2008年5月24日閲覧。
  4. ^ Steinn (2005年9月21日). “Climate Science, Mars and Politics”. 2008年5月24日閲覧。
  5. ^ Magnetic Strips Preserve Record of Ancient Mars”. NASA (1999年5月3日). 2008年5月24日閲覧。
  6. ^ Tectonic implications of Mars crustal magnetism”. PNAS (2005年10月10日). 2008年5月24日閲覧。
  7. ^ What are the highest and lowest elevations on the surface on Mars?”. NASA (1997年1月24日). 2008年5月24日閲覧。
  8. ^ 東京大学総合研究博物館. “「火星―ウソカラデタマコト」”. 2011年5月20日閲覧。
  9. ^ Raodate, Joe (2003年8月22日). “NightSky Friday - Mars and Earth: The Top 10 Close Passes Since 3000 B.C.”. Space.com. 2008年5月24日閲覧。
  10. ^ The Conjunction and ConjunctionEvents Functions”. Wolfram Research. 2008年5月24日閲覧。
  11. ^ 'Bounce' and Martian Meteorite of the Same Mold”. NASA (2004年4月14日). 2008年5月24日閲覧。
  12. ^ Ice lake found on the Red Planet”. BBC (2005年7月29日). 2008年5月24日閲覧。
  13. ^ Water ice in crater at Martian north pole”. ESA (2005年7月28日). 2008年5月24日閲覧。
  14. ^ ただし、2009年にNASAの火星無人周回探査機「マーズ・リコナサンス・オービター (MRO)」が赤道と北極の中間付近にある氷の撮影を行った。この氷は、火星が湿潤だった頃のもので、火星への隕石衝突によって地表が削られて露出した
  15. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p58
  16. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』 ISBN 4-89203-153-4







火星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

火星に関連した本

火星に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「火星」の関連用語

火星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




火星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2014 Japan Aerospace Exploration Agency
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS