木星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 木星の意味・解説 

もく せい [0] 【木星】 〔Jupiter〕

太陽系第五惑星太陽系惑星最大のもの。太陽からの平均距離は地球のそれの5.203倍。公転周期11.86年。自転周期0.414日。赤道半径71492キロメートル質量地球の317.83倍。周囲に環を持っている極大時の明るさはマイナス2.8等。衛星63発見されている(2006年現在)。うち特に大きい4個はガリレイ発見したので,ガリレイ衛星という。大気には水素含有量が多い。歳星太歳夜中明星

木星

大きいながらもすばやく自転する惑星、木星について

太陽系中でもっとも大きな惑星(わくせい)が木星です。直径地球の約11倍、体積は約1,300倍もあります。しかし、重さ地球の約318倍しかなく、大きいけれど、軽い惑星であることがわかります。木星は火星よりもさらに地球外側をまわり、地球から太陽までの距離の5倍ほどの大きな半径をもつ軌道(きどう)の上をまわっています。太陽のまわりひとまわりする公転は約12年ですが、大きなわりに約10時間という速さ自転します。木星は水素ヘリウムからできているため、地球のようにかたい地面はありません。

太陽系最大の惑星・木星。大気のようすが縞(しま)もようとなって見えます。
太陽系最大惑星・木星。大気のようすが縞(しま)もようとなって見えます。

水素やヘリウムのガスからできている地面のない木星

木星は、地球金星火星などの岩や金属からできている惑星はちがい水素ヘリウムガスからできています。地球のような硬い地面がないので、大気との境ははっきりしませんが、いちばん外側厚さ1,000kmほどの大気の層、そこから2km下にいくと液体水素の層があり、その下には圧力が3気圧もある液体金属水素の層が続いています。中心にある温度が3以上もあり、金属岩石などで構成されています。

巨大なガスのかたまりの木星
巨大ガスかたまりの木星

木星の赤い斑点は台風のようなもの

地球からも見える木星の縞(しま)もようと赤い斑点。この赤い斑点は「大赤斑(だいせきはん)」と呼ばれ、木星のもようのなかでもとくに有名です。これは17世紀フランス天文学者カッシーニよって発見されてから、300年以上も存在しているものです。大きさ地球3つ分もあり、木星をとりまくによってつくられ、地球台風ハリケーンに似た現象だといわれています。これは1977年打ち上げられたボイジャー観測わかったものです。大赤斑時速100kmで左まきにうずまいています。

約300年も前から確認されている大赤斑のクローズアップ
300年も前から確認されている大赤斑クローズアップ

活火山をもつ地球以外の星が木星の衛星イオ

今から約390年前の1610年ガリレオ・ガリレイによって木星に4つの衛星発見されました。それらは木星に近い順にイオエウロパガニメデカリストと名づけられ、この4つをガリレオ衛星といいます。なかでもいちばん木星に近いイオは月と同じくらいの大きさで、硫黄(いおう)と二酸化炭素でできていて、地球以外の天体初め活火山発見されました。また、エウロパ地表をおおう氷の下には、液体の海があることを示す証拠発見されています。

木星と4大衛星(合成)。手前から、ガニメデ、カリスト、エウロパ、イオ。
木星と4大衛星(合成)。手前から、ガニメデカリストエウロパイオ

エウロパに接近し、氷のうねをとらえたガリレオ

1998年3月2日NASAブラウン大学研究チームは、ガリレオ1997年12月木星の衛星エウロパに最接近した際に撮影した画像公表しました。それには、隆起した氷のうねが縦横に走る様子などがくっきりととらえられていました。エウロパ表面氷点下160低温ですが、地表を覆う氷の下には海があり、生命をはぐくんでいる可能性があるとされています。このとき発表された一連の画像は、こうした仮説裏付ける有力な証拠になるといわれました。ガリレオがとらえたエウロパ赤道付近は、2列1組となった氷のうねが複雑に交錯しており、うねの幅は大きいもので1km前後あります。このほか、氷どうしがぶつかったり、氷のうねが切断されたりしている地域もありました。

ガリレオがとらえた木星の衛星エウロパの地表
ガリレオがとらえた木星の衛星エウロパ地表

エウロパにあった含水塩と海水は生命の存在を推測させる

NASAジェット推進研究所などの研究チームは、ガリレオ観測により、エウロパを含んだ塩類(含水塩、炭酸カルシウム硫酸マグネシウム)が存在することを、科学誌サイエンス」(1998年5月発売)に発表しました。この含水塩の発見で、氷の下液体海水存在する可能性が高まりました。研究チームは「地球と同じように、エウロパ海底では火山熱水活動で、生命に必要な塩類放出されているかもしれない」と推測しています。NASAは、1999年まで観測続けガリレオ続きエウロパ周回する探査機打ち上げる計画立てています。これは2008年打上げ2010年に木星に到達し、さらに2011年からはエウロパを主に探査するという計画です。

21年ぶりに見つかった木星の17番目の月

木星は、太陽系の中で最も大きな惑星で、多く衛星をもっています。最初に見つかったのは、1610年ガリレオ発見したイオエウロパガニメデカリストという4つの大きな衛星です。1977年打ち上げられたボイジャー1号が、これらの撮影成功しました。また、同じ年に打ち上げられたボイジャー2号によって、衛星16個あることがわかりました
2000年7月アリゾナ大学スミソニアン宇宙物理センターチームが木星の17番目の月を発見したと発表しました。同グループ前年10月11月に行った観測で、この天体小惑星だと考えたのですが、のちに、天体軌道小惑星としては例外的なことがわかり、コンピューターによる軌道計算衛星だという可能性確認しました。木星の新し衛星見つかったのは、1979年以来21年ぶりです。

木星と、ガリレオ・ガリレイが発見したイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つ大きな衛星(イメージ)
木星と、ガリレオ・ガリレイ発見したイオエウロパガニメデカリストの4つ大きな衛星(イメージ)

直径わずか4.8km、太陽系の衛星の中では最小

新しくみつかった17番目の衛星は、木星から2,400km離れ位置を、約2年軌道周期で回っています。新衛星直径は4.8kmしかなく、太陽系惑星周回する衛星としては一番小さいものだと考えられています。これまで発見されているアケンナ、カルメパシファエ、シノーベの4つの衛星からなる最も外側グループに属しますが、これらの衛星は、他の12衛星とは逆の方向に木星を回っています。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/12 04:55 UTC 版)

木星(もくせい)は太陽系にある惑星の1つで、内側から5番目の公転軌道を周回している第5惑星である[2]。太陽系の中で大きさ、質量ともに最大の惑星である[7]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 使用例:“IAUC 2844: Jupiter; 1975h”. International Astronomical Union. (1975年10月1日). http://cbat.eps.harvard.edu/iauc/02800/02844.html 2010年10月24日閲覧。 Query Results from the Astronomy Database”. Smithsonian/NASA. 2007年7月29日閲覧。

出典

  1. ^ 天文年鑑2008年版より
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 金光理. “木星に関する事実”. 福岡教育大学教育学部. 2011年5月5日閲覧。
  3. ^ Seidelmann, P. Kenneth; Archinal, B. A.; A’Hearn, M. F.; et al. (2007). “Report of the IAU/IAGWorking Group on cartographic coordinates and rotational elements: 2006” (英語). Celestial Mechanics and Dynamical Astronomy 90 (3): 155–180. doi:10.1007/s10569-007-9072-y. http://adsabs.harvard.edu/doi/10.1007/s10569-007-9072-y 2011年5月5日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f Refers to the level of 1 bar atmospheric pressure
  5. ^ a b c d e f g h i j Williams, Dr. David R. (2004年11月16日). “Jupiter Fact Sheet”. NASA. 2011年5月1日閲覧。
  6. ^ Seidelmann, P. K.; Abalakin, V. K.; Bursa, M.; Davies, M. E.; de Burgh, C.; Lieske, J. H.; Oberst, J.; Simon, J. L.; Standish, E. M.; Stooke, P.; Thomas, P. C. (2001年). “Report of the IAU/IAG Working Group on Cartographic Coordinates and Rotational Elements of the Planets and Satellites: 2000” (英語). HNSKY Planetarium Program. 2011年5月5日閲覧。
  7. ^ a b c ニュートン (別2009)、pp. 24–25、惑星の密度と種類
  8. ^ ニュートン (別2009)、pp. 18–19、太陽系の構成員
  9. ^ Stuart Ross Taylor (2001). Solar system evolution: a new perspective : an inquiry into the chemical composition, origin, and evolution of the solar system (2nd, illus., revised ed.). Cambridge University Press. p. 208. ISBN 0-521-64130-6. 
  10. ^ ニュートン (別2009)、pp.26-27、惑星の密度と種類
  11. ^ Michtchenko, T. A.; Ferraz-Mello, S. (February 2001). “Modeling the 5 : 2 Mean-Motion Resonance in the Jupiter–Saturn Planetary System”. Icarus 149 (2): 77–115. doi:10.1006/icar.2000.6539. 
  12. ^ Interplanetary Seasons” (英語). Science@NASA. 2011年5月5日閲覧。
  13. ^ a b Lang, Kenneth R. (2003年). “Jupiter: a giant primitive planet” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  14. ^ 木星の概要”. 独立行政法人科学技術振興機構. 2011年5月5日閲覧。
  15. ^ Ridpath, Ian (1998). Norton's Star Atlas (19th ed.). Prentice Hall. ISBN 0-582-35655-5. 
  16. ^ 福江純. “天体の流体力学 14 回転星の大気構造 (PDF)”. 大阪教育大学. 2011年4月29日閲覧。
  17. ^ Herbst, T. M.; Rix, H.-W. (1999). Guenther, Eike; Stecklum, Bringfried; Klose, Sylvio. ed. Star Formation and Extrasolar Planet Studies with Near-Infrared Interferometry on the LBT. San Francisco, Calif.: Astronomical Society of the Pacific. pp. 341–350. Bibcode 1999ASPC..188..341H. ISBN 1-58381-014-5. 
  18. ^ a b c d e f Burgess, Eric (1982). By Jupiter: Odysseys to a Giant. New York: Columbia University Press. ISBN 0-231-05176-X. 
  19. ^ Shu, Frank H. (1982). The physical universe: an introduction to astronomy. Series of books in astronomy (12th ed.). University Science Books. p. 426. ISBN 0-935702-05-9. 
  20. ^ Davis, Andrew M.; Turekian, Karl K. (2005). Meteorites, comets, and planets. Treatise on geochemistry,. 1. Elsevier. p. 624. ISBN 0-08-044720-1. 
  21. ^ Jean Schneider (2011年). “The Extrasolar Planets Encyclopedia: Interactive Catalogue” (英語). Paris Observatory. 2011年5月5日閲覧。
  22. ^ a b Seager, S.; Kuchner, M.; Hier-Majumder, C. A.; Militzer, B. (2007). “Mass-Radius Relationships for Solid Exoplanets”. The Astrophysical Journal 669 (2): 1279–1297. arXiv:0707.2895. doi:10.1086/521346. 
  23. ^ Guillot, Tristan (1999). “Interiors of Giant Planets Inside and Outside the Solar System”. Science 286 (5437): 72–77. doi:10.1126/science.286.5437.72. PMID 10506563. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/286/5437/72 2007年8月28日閲覧。. 
  24. ^ a b 木星は太陽になりそこねたって本当ですか?”. 国立科学博物館. 2011年4月24日閲覧。
  25. ^ Burrows, A.; Hubbard, W. B.; Saumon, D.; Lunine, J. I. (1993). “An expanded set of brown dwarf and very low mass star models”. Astrophysical Journal 406 (1): 158–71. Bibcode 1993ApJ...406..158B. doi:10.1086/172427. 
  26. ^ Queloz, Didier (2002年11月19日). “VLT Interferometer Measures the Size of Proxima Centauri and Other Nearby Stars” (英語). European Southern Observatory. http://www.eso.org/outreach/press-rel/pr-2002/pr-22-02.html 2011年5月5日閲覧。 
  27. ^ 『宇宙がまるごと分かる本』 宇宙科学研究倶楽部
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m Elkins-Tanton, Linda T. (2006). Jupiter and Saturn. New York: Chelsea House. ISBN 0-8160-5196-8. 
  29. ^ a b c d Guillot, T.; Stevenson, D. J.; Hubbard, W. B.; Saumon, D. (2004). “Chapter 3: The Interior of Jupiter”. In Bagenal, F.; Dowling, T. E.; McKinnon, W. B. Jupiter: The Planet, Satellites and Magnetosphere. Cambridge University Press. ISBN 0-521-81808-7. http://web.gps.caltech.edu/faculty/stevenson/pdfs/guillot_etal'04.pdf. 
  30. ^ Bodenheimer, P. (1974). “Calculations of the early evolution of Jupiter”. Icarus. 23 pages=319–25 (3): 319. Bibcode 1974Icar...23..319B. doi:10.1016/0019-1035(74)90050-5. 
  31. ^ Guillot, T.; Gautier, D.; Hubbard, W. B. (1997). “New Constraints on the Composition of Jupiter from Galileo Measurements and Interior Models”. Icarus 130 (2): 534–539. Bibcode 1997astro.ph..7210G. doi:10.1006/icar.1997.5812. 
  32. ^ 松井 (1996)、第五章 巨大ガス惑星の世界へ、pp. 114–117、主としてガスから成る巨大ガス惑星
  33. ^ Various (2006). McFadden, Lucy-Ann; Weissman, Paul; Johnson, Torrence. ed. Encyclopedia of the Solar System (2nd ed.). Academic Press. p. 412. ISBN 0-12-088589-1. 
  34. ^ a b c 木星に地面はないのですか”. 国立科学博物館. 2011年5月5日閲覧。
  35. ^ Züttel, Andreas (September 2003). “Materials for hydrogen storage”. Materials Today 6 (9): 24–33. doi:10.1016/S1369-7021(03)00922-2. 
  36. ^ Guillot, T. (1999). “A comparison of the interiors of Jupiter and Saturn”. Planetary and Space Science 47 (10–11): 1183–200. Bibcode 1999astro.ph..7402G. doi:10.1016/S0032-0633(99)00043-4. 
  37. ^ Horia, Yasunori; Sanoa, Takayoshi; Ikomaa, Masahiro; Idaa, Shigeru (2007). “On uncertainty of Jupiter's core mass due to observational errors”. Proceedings of the International Astronomical Union (Cambridge University Press) 3 (S249): 163–166. doi:10.1017/S1743921308016554. 
  38. ^ a b c 松井 (1996)、第六章 新たな謎を生んだ星‐木星、pp. 129–132、木星大気の運動
  39. ^ Alvin Seiff. Dynamics of Jupiter's atmosphere. Nature. 2000; 403: 603-605.
  40. ^ Gautier, D.; Conrath, B.; Flasar, M.; Hanel, R.; Kunde, V.; Chedin, A.; Scott N. (1981). “The helium abundance of Jupiter from Voyager”. Journal of Geophysical Research 86 (A10): 8713–8720. Bibcode 1981JGR....86.8713G. doi:10.1029/JA086iA10p08713. 
  41. ^ Kunde, V. G. et al. (September 10, 2004). “Jupiter's Atmospheric Composition from the Cassini Thermal Infrared Spectroscopy Experiment”. Science 305 (5690): 1582–86. Bibcode 2004Sci...305.1582K. doi:10.1126/science.1100240. PMID 15319491. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/305/5690/1582 2007年4月4日閲覧。. 
  42. ^ Kim, S. J.; Caldwell, J.; Rivolo, A. R.; Wagner, R. (1985). “Infrared Polar Brightening on Jupiter III. Spectrometry from the Voyager 1 IRIS Experiment”. Icarus 64 (2): 233–48. Bibcode 1985Icar...64..233K. doi:10.1016/0019-1035(85)90201-5. 
  43. ^ Niemann, H. B.; Atreya, S. K.; Carignan, G. R.; Donahue, T. M.; Haberman, J. A.; Harpold, D. N.; Hartle, R. E.; Hunten, D. M.; Kasprzak, W. T.; Mahaffy, P. R.; Owen, T. C.; Spencer, N. W.; Way, S. H. (1996). “The Galileo Probe Mass Spectrometer: Composition of Jupiter's Atmosphere”. Science 272 (5263): 846–849. Bibcode 1996Sci...272..846N. doi:10.1126/science.272.5263.846. PMID 8629016. 
  44. ^ Mahaffy, Paul. “Highlights of the Galileo Probe Mass Spectrometer Investigation”. NASA Goddard Space Flight Center, Atmospheric Experiments Laboratory. 2007年6月6日閲覧。
  45. ^ Lodders, Katharina (2004). “Jupiter Formed with More Tar than Ice”. The Astrophysical Journal 611 (1): 587–597. doi:10.1086/421970. http://www.journals.uchicago.edu/doi/full/10.1086/421970 2007年7月3日閲覧。. 
  46. ^ a b Seiff, A.; Kirk, D.B.; Knight, T.C.D. et al. (1998). “Thermal structure of Jupiter's atmosphere near the edge of a 5-μm hot spot in the north equatorial belt”. Journal of Geophysical Research 103 (E10): 22857–22889. Bibcode 1998JGR...10322857S. doi:10.1029/98JE01766. 
  47. ^ *Miller, S.; Aylword, A.; Milliword, G. (2005). “Giant Planet Ionospheres and Thermospheres: the Importance of Ion-Neutral Coupling”. Space Science Reviews 116 (1-2): 319–343. Bibcode 2005SSRv..116..319M. doi:10.1007/s11214-005-1960-4. 
  48. ^ a b c d e ニュートン (別2009)、pp. 74–75、木星1
  49. ^ Ingersoll, A. P.; Dowling, T. E.; Gierasch, P. J.; Orton, G. S.; Read, P. L.; Sanchez-Lavega, A.; Showman, A. P.; Simon-Miller, A. A.; Vasavada, A. R. “Dynamics of Jupiter’s Atmosphere (PDF)” (英語). Lunar & Planetary Institute. 2011年5月5日閲覧。
  50. ^ Kerr, Richard A. (2000). “Deep, Moist Heat Drives Jovian Weather”. Science 287 (5455): 946–947. doi:10.1126/science.287.5455.946b. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/287/5455/946b 2007年2月24日閲覧。. 
  51. ^ Watanabe, Susan: “Surprising Jupiter: Busy Galileo spacecraft showed jovian system is full of surprises” (英語). NASA (2006年2月25日). 2011年5月5日閲覧。
  52. ^ Strycker, P. D.; Chanover, N.; Sussman, M.; Simon-Miller, A. (2006). “A Spectroscopic Search for Jupiter's Chromophores”. DPS meeting #38, #11.15. American Astronomical Society 
  53. ^ a b c Gierasch, Peter J.; Nicholson, Philip D. (2004年). “Jupiter” (英語). World Book @ NASA. 2011年5月5日閲覧。
  54. ^ a b 松井 (1996)、第六章 新たな謎を生んだ星‐木星、pp.132-133、大赤斑のなぞ
  55. ^ Covington, Michael A. (2002). Celestial Objects for Modern Telescopes. Cambridge University Press. p. 53. ISBN 0-521-52419-9. 
  56. ^ Denning, W. F. (1899). “Jupiter, early history of the great red spot on”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 59: 574–584. Bibcode 1899MNRAS..59..574D. 
  57. ^ Kyrala, A. (1982). “An explanation of the persistence of the Great Red Spot of Jupiter”. Moon and the Planets 26 (1): 105–7. Bibcode 1982M&P....26..105K. doi:10.1007/BF00941374. 
  58. ^ Sommeria, Jöel; Steven D. Meyers & Harry L. Swinney (February 25, 1988). “Laboratory simulation of Jupiter's Great Red Spot”. Nature 331 (6158): 689–693. Bibcode 1988Natur.331..689S. doi:10.1038/331689a0. 
  59. ^ Jupiter Data Sheet” (英語). Space.com. 2011年5月5日閲覧。
  60. ^ Phillips, Tony (2006年3月3日). “Jupiter's New Red Spot”. NASA. 2007年2月2日閲覧。
  61. ^ Cardall, C. Y.; Daunt, S. J. “The Great Red Spot” (英語). University of Tennessee. 2011年5月5日閲覧。
  62. ^ Jupiter's New Red Spot” (英語) (2006年). 2011年5月5日閲覧。
  63. ^ Steigerwald, Bill (2006年10月14日). “Jupiter's Little Red Spot Growing Stronger” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  64. ^ Goudarzi, Sara (2006年5月4日). “New storm on Jupiter hints at climate changes” (英語). USA Today. 2011年5月5日閲覧。
  65. ^ a b c David P. Stern、佐納康治・能勢正仁・二穴喜文・永田大祐・家森俊彦. “惑星磁気学”. 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター. 2011年5月5日閲覧。
  66. ^ 中村正人. “太陽系の天体を取り巻く磁気圏”. 東京大学地球惑星科学専攻宇宙惑星科学講座. 2011年5月3日閲覧。
  67. ^ Brainerd, Jim (2004年11月22日). “Jupiter's Magnetosphere” (英語). The Astrophysics Spectator. http://www.astrophysicsspectator.com/topics/planets/JupiterMagnetosphere.html 2011年5月5日閲覧。 
  68. ^ Radio Storms on Jupiter” (英語). NASA (2004年2月20日). 2011年5月5日閲覧。
  69. ^ 土佐誠. “天体の磁場‐磁場の起源:ダイナモ理論”. 月惑星研究会. 2011年5月3日閲覧。
  70. ^ a b 佐藤毅彦. “オーロラ観測で探る木星の磁気圏 (PDF)”. 国立情報学研究所 学協会情報発信サービス. 2011年5月3日閲覧。
  71. ^ The Discovery of Jupiter's Radio Emissions” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  72. ^ Weintraub, Rachel A. (2005年9月26日). “How One Night in a Field Changed Astronomy” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  73. ^ Garcia, Leonard N. “The Jovian Decametric Radio Emission” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  74. ^ Klein, M. J.; Gulkis, S.; Bolton, S. J. (1996年). “Jupiter's Synchrotron Radiation: Observed Variations Before, During and After the Impacts of Comet SL9” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  75. ^ 土佐誠 (2010年1月26日). “木星のまわりに大きく広がる硬X線放射を発見 (PDF)”. 首都大学東京. 2011年5月7日閲覧。
  76. ^ a b スコット・S・シェパード. “Jupiter's Known Satellites”. 2014年8月20日閲覧。
  77. ^ ニュートン (別2009)、pp.76-77、木星2
  78. ^ Musotto, S.; Varadi, F.; Moore, W. B.; Schubert, G. (2002). “Numerical simulations of the orbits of the Galilean satellites”. Icarus 159 (2): 500–504. doi:10.1006/icar.2002.6939. http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=13969974. 
  79. ^ a b c いずれは消えていく? 木星の輪”. 独立行政法人科学技術振興機構. 2011年5月5日閲覧。
  80. ^ Showalter, M.A.; Burns, J.A.; Cuzzi, J. N.; Pollack, J. B. (1987). “Jupiter's ring system: New results on structure and particle properties”. Icarus 69 (3): 458–98. Bibcode 1987Icar...69..458S. doi:10.1016/0019-1035(87)90018-2. 
  81. ^ a b Burns, J. A.; Showalter, M.R.; Hamilton, D.P.; et al. (1999). “The Formation of Jupiter's Faint Rings”. Science 284 (5417): 1146–50. Bibcode 1999Sci...284.1146B. doi:10.1126/science.284.5417.1146. PMID 10325220. 
  82. ^ Fieseler, P.D. (2004). “The Galileo Star Scanner Observations at Amalthea”. Icarus 169 (2): 390–401. Bibcode 2004Icar..169..390F. doi:10.1016/j.icarus.2004.01.012. 
  83. ^ Kerr, Richard A. (2004). “Did Jupiter and Saturn Team Up to Pummel the Inner Solar System?”. Science 306 (5702): 1676. doi:10.1126/science.306.5702.1676a. PMID 15576586. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/306/5702/1676a?etoc 2007年8月28日閲覧。. 
  84. ^ List Of Jupiter Trojans” (英語). IAU Minor Planet Center. 2011年5月5日閲覧。
  85. ^ Quinn, T.; Tremaine, S.; Duncan, M. (1990). “Planetary perturbations and the origins of short-period comets”. Astrophysical Journal, Part 1 355: 667–679. Bibcode 1990ApJ...355..667Q. doi:10.1086/168800. 
  86. ^ 木星、彗星を捕獲して衛星にしていた”. ナショナルジオグラフィック. ナショナルジオグラフィック協会 (2009年9月15日). 2009年9月15日閲覧。
  87. ^ Dennis Overbye (2009年7月24日). “Hubble Takes Snapshot of Jupiter’s ‘Black Eye’” (英語). New York Times. http://www.nytimes.com/2009/07/25/science/space/25hubble.html?ref=science 2011年5月5日閲覧。 
  88. ^ Lovett, Richard A. (December 15,2006). “Stardust's Comet Clues Reveal Early Solar System” (英語). National Geographic News. http://news.nationalgeographic.com/news/2006/12/061215-comet-stardust.html 2011年5月5日閲覧。 
  89. ^ Nakamura, T.; Kurahashi, H. (1998). “Collisional Probability of Periodic Comets with the Terrestrial Planets: An Invalid Case of Analytic Formulation” (英語). Astronomical Journal 115 (2): 848–854. Bibcode 1998AJ....115..848N. doi:10.1086/300206. http://www.iop.org/EJ/article/1538-3881/115/2/848/970144.html 2011年5月5日閲覧。. 
  90. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p69
  91. ^ Horner, J.; Jones, B. W. (2008). “Jupiter - friend or foe? I: the asteroids”. International Journal of Astrobiology 7 (3–4): 251–261. arXiv:0806.2795. doi:10.1017/S1473550408004187. 
  92. ^ Overbyte, Dennis (2009年7月25日). “Jupiter: Our Comic Protector?” (英語). Thew New York Times. http://www.nytimes.com/2009/07/26/weekinreview/26overbye.html?hpw 2011年5月5日閲覧。 
  93. ^ Tabe, Isshi; Watanabe, Jun-ichi; Jimbo, Michiwo (February 1997). “Discovery of a Possible Impact SPOT on Jupiter Recorded in 1690”. Publications of the Astronomical Society of Japan 49: L1–L5. Bibcode 1997PASJ...49L...1T. 
  94. ^ Baalke, Ron. “Comet Shoemaker-Levy Collision with Jupiter”. NASA. 2007年1月2日閲覧。
  95. ^ Britt, Robert R. (2004年8月23日). “Remnants of 1994 Comet Impact Leave Puzzle at Jupiter” (英語). space.com. http://www.space.com/scienceastronomy/mystery_monday_040823.html 2011年5月5日閲覧。 
  96. ^ Staff (2009年7月21日). “Amateur astronomer discovers Jupiter collision” (英語). ABC News online. http://www.abc.net.au/news/stories/2009/07/21/2632368.htm 2011年5月5日閲覧。 
  97. ^ Salway, Mike (2009年7月19日). “Breaking News: Possible Impact on Jupiter, Captured by Anthony Wesley” (英語). IceInSpace. 2011年5月5日閲覧。
  98. ^ Grossman, Lisa (2009年7月20日). “Jupiter sports new 'bruise' from impact”. New Scientist. http://www.newscientist.com/article/dn17491-jupiter-sports-new-bruise-from-impact.html 
  99. ^ 木星に天体が衝突、天文ファンが捉えた動画”. WIRED.jp. WIRED.jp (2010年6月7日). 2010年6月7日閲覧。
  100. ^ Bakich, Michael (2010年6月4日). “Another impact on Jupiter” (英語). Astronomy Magazine online. 2011年5月5日閲覧。
  101. ^ Optical flash on Jupiter”. 渡部潤一 (2010年8月21日). 2011年5月5日閲覧。
  102. ^ Third Jupiter Fireball Spotted—Sky-Watching Army Needed?” (英語). National Geographic. 2011年5月5日閲覧。
  103. ^ Staff (2005年6月16日). “Stargazers prepare for daylight view of Jupiter” (英語). ABC News Online. http://www.abc.net.au/news/newsitems/200506/s1393223.htm 2011年5月5日閲覧。 
  104. ^ Rogers, J. H. (1998). “Origins of the ancient constellations: I. The Mesopotamian traditions”. Journal of the British Astronomical Association, 108: 9–28. Bibcode 1998JBAA..108....9R. 
  105. ^ Harper, Douglas (2001年11月). “Jupiter” (英語). Online Etymology Dictionary. 2011年5月5日閲覧。
  106. ^ 【Jovial】”. weblio英和辞典. 2011年5月5日閲覧。
  107. ^ Jovial” (英語). Dictionary.com. 2011年5月5日閲覧。
  108. ^ 十二支と十干”. 海上保安庁海洋情報部. 2011年5月5日閲覧。
  109. ^ 柴田晋平. “木星を見つけよう”. 山形大学理学部物理学科. 2011年5月5日閲覧。
  110. ^ 藤井隆晴. “呪符木簡「天形星」から見る備後地方の疫病対策 (PDF)”. 福山大学. 2011年5月5日閲覧。
  111. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』ISBN 4-89203-153-4
  112. ^ A. Sachs (May 2, 1974). “Babylonian Observational Astronomy”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London (Royal Society of London) 276 (1257): 43–50 (see p. 44). JSTOR 74273 
  113. ^ Xi, Z. Z. (1981). “The Discovery of Jupiter's Satellite Made by Gan-De 2000 Years Before Galileo”. Acta Astrophysica Sinica 1 (2): 87. Bibcode 1981AcApS...1...87X. 
  114. ^ Dong, Paul (2002). China's Major Mysteries: Paranormal Phenomena and the Unexplained in the People's Republic. China Books. ISBN 0-8351-2676-5. 
  115. ^ Olaf Pedersen (1974). A Survey of the Almagest. Odense University Press. pp. 423, 428. 
  116. ^ tr. with notes by Walter Eugene Clark (1930). The Aryabhatiya of Aryabhata. University of Chicago Press. p. 9, Stanza 1. http://www.archive.org/download/The_Aryabhatiya_of_Aryabhata_Clark_1930/The_Aryabhatiya_of_Aryabhata_Clark_1930.pdf. 
  117. ^ Westfall, Richard S. “Galilei, Galileo” (英語). The Galileo Project. 2011年5月5日閲覧。
  118. ^ a b O'Connor, J. J.; Robertson, E. F. (2003年4月). “Giovanni Domenico Cassini”. University of St. Andrews. 2007年2月14日閲覧。
  119. ^ Murdin, Paul (2000). Encyclopedia of Astronomy and Astrophysics. Bristol: Institute of Physics Publishing. ISBN 0-12-226690-0. 
  120. ^ SP-349/396 Pioneer Odyssey—Jupiter, Giant of the Solar System” (英語). NASA (1974年8月). 2011年5月5日閲覧。
  121. ^ Roemer's Hypothesis” (英語). MathPages. 2011年5月5日閲覧。
  122. ^ Tenn, Joe (2006年3月10日). “Edward Emerson Barnard” (英語). Sonoma State University. 2011年5月5日閲覧。
  123. ^ Amalthea Fact Sheet” (英語). NASA JPL (2001年10月1日). 2011年5月5日閲覧。
  124. ^ Dunham Jr., Theodore (1933). “Note on the Spectra of Jupiter and Saturn”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 45: 42–44. Bibcode 1933PASP...45...42D. doi:10.1086/124297. 
  125. ^ Youssef, A.; Marcus, P. S. (2003). “The dynamics of jovian white ovals from formation to merger”. Icarus 162 (1): 74–93. Bibcode 2003Icar..162...74Y. doi:10.1016/S0019-1035(02)00060-X. 
  126. ^ Pioneer 10 Mission Profile” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  127. ^ Glenn Research Center” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  128. ^ p. 150, Spacecraft systems engineering, Peter W. Fortescue, John Stark, and Graham Swinerd, 3rd ed., John Wiley and Sons, 2003, ISBN 0-470-85102-3.
  129. ^ Hirata, Chris. “Delta-V in the Solar System”. California Institute of Technology. 2006年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月28日閲覧。
  130. ^ Wong, Al (1998年5月28日). “Galileo FAQ - Navigation” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  131. ^ a b c Chan, K.; Paredes, E. S.; Ryne, M. S. (2004年). “Ulysses Attitude and Orbit Operations: 13+ Years of International Cooperation (PDF)” (英語). American Institute of Aeronautics and Astronautics. 2011年5月5日閲覧。
  132. ^ Lasher, Lawrence (2006年8月1日). “Pioneer Project Home Page”. NASA Space Projects Division. 2006年11月28日閲覧。
  133. ^ Jupiter”. NASA Jet Propulsion Laboratory (2003年1月14日). 2006年11月28日閲覧。
  134. ^ Hansen, C. J.; Bolton, S. J.; Matson, D. L.; Spilker, L. J.; Lebreton, J.-P. (2004). “The Cassini-Huygens flyby of Jupiter”. Icarus 172 (1): 1–8. Bibcode 2004Icar..172....1H. doi:10.1016/j.icarus.2004.06.018. 
  135. ^ Mission Update: At Closest Approach, a Fresh View of Jupiter” (英語). 2011年5月5日閲覧。
  136. ^ Pluto-Bound New Horizons Provides New Look at Jupiter System” (英語). 2011年5月5日閲覧。
  137. ^ New Horizons targets Jupiter kick” (英語). BBC News Online (2007年1月19日). 2011年5月5日閲覧。
  138. ^ Alexander, Amir (2006年9月27日). “New Horizons Snaps First Picture of Jupiter” (英語). The Planetary Society. 2011年5月5日閲覧。
  139. ^ a b McConnell, Shannon (2003年4月14日). “Galileo: Journey to Jupiter” (英語). NASA Jet Propulsion Laboratory. 2011年5月5日閲覧。
  140. ^ Galileo Probe Mission Events Timeline” (英語). Petr Horálek (1995年11月30日). 2011年5月5日閲覧。
  141. ^ Goodeill, Anthony (2008年3月31日). “New Frontiers – Missions - Juno” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  142. ^ ジュノー - 月探査情報ステーション
  143. ^ Berger, Brian (2005年2月7日). “White House scales back space plans” (英語). MSNBC. http://www.msnbc.msn.com/id/6928404/ 2011年5月5日閲覧。 
  144. ^ Atzei, Alessandro (2007年4月27日). “Jovian Minisat Explorer” (英語). ESA. 2011年5月5日閲覧。
  145. ^ Talevi, Monica; Brown, Dwayne (2009年2月18日). “NASA and ESA Prioritize Outer Planet Missions” (英語). 2011年5月5日閲覧。
  146. ^ Rincon, Paul (2009年2月18日). “Jupiter in space agencies' sights” (英語). BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/7897585.stm 2011年5月5日閲覧。 
  147. ^ Volonte, Sergio (2007年7月10日). “Cosmic Vision 2015-2025 Proposals” (英語). ESA. http://sci.esa.int/science-e/www/object/index.cfm?fobjectid=41177 2011年5月5日閲覧。 
  148. ^ Laplace: A mission to Europa & Jupiter system” (英語). ESA. 2011年5月5日閲覧。
  149. ^ Heppenheimer, T. A. (2007年). “Colonies in Space, Chapter 1: Other Life in Space” (英語). National Space Society. 2011年5月5日閲覧。
  150. ^ Life on Jupiter” (英語). Encyclopedia of Astrobiology, Astronomy & Spaceflight. 2011年5月5日閲覧。
  151. ^ Sagan, C.; Salpeter, E. E. (1976). “Particles, environments, and possible ecologies in the Jovian atmosphere”. The Astrophysical Journal Supplement Series 32: 633–637. doi:10.1086/190414. 
  152. ^ アイザック・アシモフ 「16.もちろん木星だとも」『空想自然科学入門』 早川書房1963年、第一八刷、294-310頁。ISBN 4-15-050021-5
  153. ^ Encounter with the Giant”. NASA (1974年). 2007年2月17日閲覧。



木星

出典:『Wiktionary』 (2011/12/13 04:04 UTC 版)

固有名詞

もくせい

  1. 太陽系太陽番目に近い、太陽系で最も大きな惑星主成分水素などのガスでできている。多く衛星を持つ。

翻訳

関連語






木星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

木星に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「木星」の関連用語

木星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

みどり

スペースシャトル

太陽探査

STS-37

ズヴェズダ

水星

アトランティス号

インド宇宙研究機関





木星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの木星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS