適応とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 適応 > 適応の意味・解説 

てき おう [0] 【適応】

( 名 ) スル
ある状況に合うこと。また,環境に合うように行動のし方や考え方変えること。 「状況に-する」
〘生〙 生存のために環境に応じて生物体の生理的形態的な特質変化すること。


適応

生物物質形態が、その環境適合していること、またはそう判断できることをいう。美容外科においては個々患者その手術に適しているかを指し、たとえば「奥目には二重まぶたの手術は適応しない」などと使う。手術法の選択医師考え方によって適応状態は違ってくる。

適応

Indication

【概要】 反対語は「禁忌」。製造承認後に市販されるためには、薬価基準収載され保険医薬品として認められる必要がある。この保険認められた効能が「適応症」である。「適応」は、添付文書上、「効能・効果」として記載されている。これは、承認申請において臨床試験特定の疾患対象として実施された治験のデータ基づいている。 

【詳しく】 保険レセプト請求に際しては、患者病名処方薬保険認められた適応症用法用量一致なければならない。これに反し場合には減額査定される。現実にはMAC症におけるリファンピシン使用審査上で黙認されている。MAC症の適応がある薬剤少ないからである。

《参照》 添付文書禁忌


適応

adaptation

【概要】 反対語は「不適応」。人と、その人取り巻く人や物、社会などの環境とが、その人にとって有用なものとして機能している状態を示す。障害有無や、問題有無ではなく障害問題がある状態でも、その人が、周囲の人や物、環境などと有機的関わり持っていることを示す言葉

《参照》 不適応医療ソーシャルワーカー


適応


適応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/07 22:16 UTC 版)

適応 (てきおう、: Adaptation)とは、何らかの状況にふさわしいことや合致していることを指す言葉で分野ごとに異なった用法で用いられている。




  1. ^ a b c d e 生物学辞典 第四版 p.958 【適応】
  2. ^ a b c d e 広辞苑 第五版 p.1824【適応】
  3. ^ S. J. Gould and R. C. Lewontin The Spandrels of San Marco and the Panglossian Paradigm: A Critique of the Adaptationist Programme
  4. ^ http://www.edge.org/documents/ThirdCulture/i-Ch.2.html
  5. ^ Maynard Smith,John Genes,Memes,&Minds
  6. ^ http://www.edge.org/documents/ThirdCulture/l-Ch.5.html
  7. ^ 例えばマーク・ハウザーの著書『Moral mind』の副題「自然は我々の善悪の感覚をどのようにデザインしたか?」


「適応」の続きの解説一覧

適応

出典:『Wiktionary』 (2008/02/13 06:48 UTC 版)

名詞

てきおう

  1. ある環境条件に合うこと。

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
適応-する

翻訳






適応と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

適応に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「適応」の関連用語

適応のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊師浜海水浴場

はまなす

フィットタイプ

パヴェ

ジョレン

神子元島灯台

重量物船

デ・ハビランド式DHC-8-103型





適応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2017 Takasu Clinic all right reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの適応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの適応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS